新着情報

「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第3回」を開催しました

 9月25日(土)本学の遠隔医療センター3階研修室において「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第3回」を開催しました。
 第3回目の今回は、看護学講座の阿部教授による「看護基礎教育における実習指導の意義と実習指導方法、指導者と教員の役割」と、同じく看護学講座の升田教授による「看護過程、評価の意義、カンファレンスの目的」について講義を行いました。
 学びの共有では「実習目標を達成するために、優先度を見極めて学生が実践に移せるサポートをする必要性を感じた」「学生1人ひとりの情報を他のスタッフにも共有」「カンファレンスは学生の頼りになる存在として参加したい」等の意見交換が行われました。実習指導者として実習指導の意義を理解し、看護過程やカンファレンスでの指導力を高める大変有意義な機会となりました。
 今年度の第1回から第3回の基礎コース研修は、学内の看護職は会場、学外の看護職はzoomというハイブリッド方式で開催いたしました。受講者からは「他の病院の方に実際に実習指導をしている方が多く、様々な意見が聞けて良かった」「新鮮で参考になった」という意見・感想がよせられました。研修は学生を育てる仲間が施設を越えて交流する場となりました。
 閉講式では基礎コース修了者に対して看護職キャリア支援センターの升田教育プログラム開発部門長から修了証の交付がなされました。基礎コースを修了した方のうち、7名の参加者が今後実践コースで実際の学生実習に参加する予定です。

指導者研修基礎コース第3回開始。オリエンテーションが行われました。
阿部教授による「看護基礎教育における実習指導の意義と実習指導方法、指導者と教員の役割」について講義が行われました。
升田教授による「看護過程、評価の意義、カンファレンスの目的」について講義が行われました。
グループに分かれ、本日行われた講義に関する学びの共有が行われました。
グループワーク後に全体で発表し、学びの共有が行われました。
zoomによる参加者と会場参加者が画面を通して発表し、学びの共有が行われました。
実践コースについて、概要の説明が行われました。
升田教育プログラム開発部門長から閉講式で基礎コースの修了証が交付されました。

「令和3年度第2回 地域を紡ぐかんかんセミナー」開催のお知らせ(11/19)

地域を紡ぐかんかんセミナー
~はじめよう、つなげよう 新北海道スタイルで創る看護~

 第2回は、ご希望の多かった看取りや終末期の意思決定支援について、ミニレクチャーと事例を通したグループでの意見交換を企画いたしました。第1回では、「顔の見える関係性ができた」「事業所と大学病院の情報交換ができた」など多数のご意見を頂きました。第1回の参加の有無は問いません。ぜひご参加ください。

日 時 :令和3年11月19日(金)17:45~19:00
テーマ :住み慣れた家で最期まで望む暮らしの実現に向けて
・ミニレクチャー「ACPについて(仮)」 講師:がん看護専門看護師 尾崎 靖子
・事例検討 「患者の望む暮らしのために病院・訪問看護でできることは何か」
対 象 :訪問看護事業所で勤務している看護職、大学病院で勤務している看護職
定 員 :16事業所(1事業所2名まで)、学内16名
受講料 :無料
会 場 :旭川医科大学病院 遠隔医療センター
    (学外の方はZoomによるオンライン参加)
申 込 :下記のフォームからお申込ください。
     https://forms.gle/mURYfo1tx9bQLNNHA
締 切 :10月22日(金)

 詳しくは、「開催のご案内」「ポスター」をご覧ください。
 皆さまのご参加をお待ちしております。

※第1回の様子はこちら

「看護職キャリアデザインセミナー」を開催しました

 9月14日、看護職キャリアデザインセミナーを開催しました。講師は昨年の好評を受け、今年もLiezoカウンセリング&コンサルティングの中川貴美子先生にお引き受け頂きました。講演のテーマは、「コロナ禍を経て自己を見つめ直すキャリアデザイン~ピンチをチャンスに!~」でした。

 講演では、COVID-19は私たちにさまざま影響を及ぼし、ストレスを感じやすい職業として看護師、保健師、介護士、医師などが挙がり、特に女性が影響を受けているというお話がありました。中川先生もそのような方々のメンタルヘルスに対応してきた一年半だったそうです。しかし、このコロナ禍の影響は「良くないことばかりではない」と先生は仰いました。「ピンチはチャンス」であると。この状況だからこそ、「働き方」「キャリア」を考える機会に、先々のことを見直すチャンスにしてみてはどうか、という提案をしてくださいました。そして、「悩み」とは全て自分のキャリアデザイン次第で、「悩み」があるから向上心が生まれ、「悩み」は自分を動かす原動力にもなり、「悩み」がこれからの自分を良くする、という考え方もあるとお話してくださいました。また、キャリアというのはゴールではなく、生き方を模索できる、変化させることができる、だから面白く、発展途上にあることが楽しく、何かを目指していることこそが楽しいとも仰っていました。実現可能性は考えず、自分が捨てられないことやもの、自分が大事にしたいことを大事にする。先ずは、行動する。世間一般の価値観は関係なく、自分が考える自分の人生を生きる。その一方で、いかに柔軟に、変化に対応できるか、曖昧な世の中を漂うことの大切さも示唆してくださいました。

 中川先生は講演の冒頭に「講演を聴いて何かを感じる機会、少しでも明日からの活力になればよい」と仰っていました。ご講演を聴かせて頂き、タイトルの通り、自己を見つめ直す機会になりました。そして、どの部分のお話も刺激的で、「今の自分でもよいのかな」という気持ちになれ、コロナ禍でうつむき加減だった顔と心は少し上がったような気がしております。

 また、今回のセミナーには看護学生や看護部看護師、看護学科教員、そして、他施設からの参加もあり、講演時間や講演内容については概ね満足して頂けたようです。自由記載欄には「不安が少し軽減し就職に向け前向きに考えることができた」「頭で考えるだけでなく先ずは行動してみようと思った」「自分の人生は自分で作る、を実践していきたい」というコメントがありました。

 中川貴美子先生、貴重なお話をありがとうございました。

Liezoカウンセリング&コンサルティング代表 中川貴美子先生
会場参加者の様子
司会進行 看護職キャリア支援センターキャリア支援部門 山根由起子部門長
開会挨拶 看護職キャリア支援センター 服部ユカリセンター長
閉会挨拶 看護職キャリア支援センター副センター長 原口眞紀子看護部長 

外国人患者対応能力向上に向けた講演会「当院の医療通訳としての実践」を開催しました

 2021年9月6日、「外国人患者対応能力向上に向けた講演会」を開催しました。本学看護職キャリア支援センター教育プログラム開発部門では、多様な文化や価値観を理解し外国人患者に対応できる看護職の育成を目標の1つに挙げています。そこで今回「当院の医療通訳としての実践」と題し、2019年度より当院で医療通訳として活躍されている台湾出身の医療支援課 林羿汎さんにご講演いただきました。

 本講演会は、会場とZoomによるハイブリット形式で行い、会場16名、Zoom76名、総勢92名の多くの職種の方、医学生、看護学生の方にご参加いただきました。

 ご講演では、医療通訳の業務内容、通訳実績、異文化対応、患者対応で意識していること、看護師経験を踏まえ医療通訳として感じること、部署との連携についてお話しいただきました。

 林さんは2019年度以降計250回以上の通訳実績があり、中国、香港、アメリカ国籍などの方への通訳、文書類の翻訳、医療保険制度の仕組みの説明、大使館への連絡をはじめとした調整と多岐にわたる業務を実践されています。

 異文化対応では、自分にとっての当たり前が、すべての人の当たり前ではないこと、柔軟性と適応力が必要であること、その後4つの内容を具体的に伝えていただきました。1)健康意識では、中医学(中国伝統医学)における健康を一例に挙げ、中国では体の陰陽のバランスがとれることを重視していること、2)日本語をある程度理解できる外国人とのコミュニケーションでは、尊敬語、謙譲語ではなく丁寧語を使うこと、「です」「ます」が伝わりやすいこと、主語を省略する表現は避けること、また日本人の空気を読む風習や曖昧な表現を交えた会話や言葉の省略、擬態語の多様は外国人には理解が難しいことを具体的に説明いただきました。3)宗教では、主な宗教タブーの基本的知識を理解しておくと一人一人に寄り添う対応ができること、4)制度、風習では、日本と他国の病院での付き添いルールの違い、カルテ開示の認識の違いなど、事例を交えてお話しいただきました。

 患者対応で意識していることでは、自分の文化を基準に相手を捉えず先入観を捨てること、また文化が良い悪いかの価値判断をせず、違いとして受け入れ尊重する姿勢が重要であることをお話しいただき、自分たちの文化を知ることがまず必要であることを多くの方が感じていました。

 また、看護師経験を踏まえ現在医療通訳として活動している中で感じていることをお話しいただきました。医療通訳と看護師の共通点は、国籍は関係なく一人の患者として対応することに変わりはないこと、患者のニーズに対応するかゆい所に手が届く、安心感を与える存在であることを伝えていただきました。

 最後に、部署との連携では、お互いが率直に意見交換を交わし情報を共有することが非常に重要であり、そのうえで各専門性を発揮し、安心安全な医療環境を整えることが、患者満足度の向上につながることを説明いただきました。

 ご講演後、参加者から「自分の当たり前は人の当たり前ではないことは日本人同士にも通じると思いました」「画一的な接し方ではなく、文化的背景を考慮して一人一人に歩み寄って対応する姿勢が素晴らしい」「これまで国際的な視点からの医療について触れる機会がなかったためとても興味深かった」「普段の講義では焦点を当てられない分野の講演であり、とてもおもしろく聞くことができた」「語学が好きで、将来は外国人対応ができる医療者を目指しており、とても勉強になりました」「今後外国人対応の機会があれば、主語と述語を意識したい」などの多くのご感想が寄せられました。また続編を期待するご意見も多くいただいております。異文化対応、国際化発展への関心が高いことをうかがい知ることができ、大変有意義な時間となりました。

 林さんには、医療通訳を通した異文化対応の自身の考えを丁寧にご講演いただき、心より感謝いたします。

林さんによる「当院の医療通訳としての実践」のご講演の様子
司会進行 看護職キャリア支援センター教育プログラム開発部門 升田由美子部門長
開催挨拶 看護職キャリア支援センター 服部ユカリセンター長
質疑応答の様子

「看護職キャリアデザインセミナー」開催のお知らせ(9/14)※終了しました。

下記のセミナーを開催しますのでご案内いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

講 師:Liezo カウンセリング&コンサルティング 代表 中川 貴美子
テーマ:コロナ禍を経て自己を見つめなおすキャリアデザイン
 ~ピンチをチャンスに!~

日 時:2021年9月14日(火)17時45分~18時45分 
場 所:臨床第1講義室 
対 象:大学・病院職員、学生
申込期限:2021年9月6日(月)
その他:学内の方は会場参加又はZoom参加となります。学外の方はZoomのみのご参加となります。

<参加申込フォーム>https://forms.gle/qwP7UrMBsMP554cv7

 

PDFファイルをダウンロード

「外国人患者対応能力向上に向けた講演会」開催のお知らせ(9/6)※終了しました。

教職員、学生の皆様
               看護職キャリア支援センター

下記の講演会を開催しますのでご案内いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

講 師:医療支援課 医療通訳 林 い汎(いは羽の下に廾)
テーマ:当院の医療通訳としての実践
日 時:2021年9月6日(月)17時45分~18時35分 
場 所:臨床第3講義室 
対 象:大学・病院職員、学生
申込期限:2021年8月31日(火)
その他:会場参加またはZoom参加が可能です。
************************************
2019年から当院で医療通訳として活動しております台湾出身の
医療支援課 林い汎さんに、外国人対応の業務の実際、
患者対応で意識していること、異文化対応、部署との連携、
看護師経験を踏まえ医療通訳として感じること、トラブル予防策、
などをお話ししていただきます。

<参加申込フォーム>会場参加は受付を終了しました。
https://forms.gle/46gErEwTM9bBPQ2PA

<Zoom専用参加申込フォーム>開催当日まで受け付けます。
https://forms.gle/46gErEwTM9bBPQ2PA

PDFファイルをダウンロード

「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第2回」を開催しました

 8月7日(土)本学の遠隔医療センター3階研修室において「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第2回」を開催しました。

 これは、一昨年12月に調査した「看護職の実習指導に関わる研修企画調査」に基づき、看護学生の看護実践を指導する能力を高めることを目的として、本学看護職キャリア支援センターの教育プログラム開発部門において企画したものです。
 昨年度は新型コロナウイルス感染拡大を受け、残念ながら学外の看護職の方への周知を断念し、感染予防対策を徹底の上、学内で実施しました。今年度は学外の看護職もzoomで参加いただいて開催しています。

 第2回目の今回は、看護学講座の阿部教授による「カリキュラムと実習指導の位置づけ(実習目的・目標から)」と、同じく看護学講座の長谷川教授による「コミュニケーション」について講義を行いました。カリキュラムによる臨地実習の位置づけは、単なる知識ではなく学生を理解する背景になること、そのような学生と対面した時の指導観がコミュニケーションや実習環境に与える影響が学べる講義でした。

 受講者からは「実習先の理念や目標を理解することが必要だと感じた。コミュニケーションをとる上でも学生の立場に立つことが大事だと学んだ。」「看護の素晴らしさを伝えられる指導者になりたいと思った。」等の声がよせられ,実習指導者としての看護学生とのコミュニケーション能力と実習目的・目標に沿った指導力を高める大変有意義な機会となりました。

指導者研修基礎コース第2回開始。オリエンテーションが行われました。
阿部教授による「カリキュラムと実習指導の位置づけ(実習目的・目標から)」講義が行われました。
zoom参加者も質疑応答に参加しています。
井戸川副看護部長より、旭川医科大学病院看護部現新人教育について説明がありました。第1回目の参加者からのご質問への対応です。
長谷川教授による「コミュニケーション」講義が行われました。
「コミュニケーションのイメージ」に関する個人ワークが行われました。
長谷川教授「コミュニケーション」に関するグループワークの発表が行われました。
グループに分かれ、本日行われた講義に関する学びの共有が行われました。
グループワーク後に全体で発表し、学びの共有が行われました。
zoomによる参加者と会場参加者が画面を通して発表し、学びの共有が行われました。

「地域を紡ぐかんかんセミナー 第1回OPENINGセミナー」を開催しました

2021年8月5日(木)17:45~19:00開催

 2021年8月5日(木)本学看護学科棟1階大講義室にて「地域を紡ぐかんかんセミナー」を開催しました。新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう中、工夫して看護を展開している看護職同士がつながる機会として、オンライン開催としました。
 2019年2月に行った「看護職の連携に関するニーズ調査」に基づき、大学病院と地域の訪問看護職がそれぞれの立場からその人らしい生活を支援するための技の共有、連携のつながりを作ることを目的として、本学看護職キャリア支援センター地域看護職支援部門において企画いたしました。
 本セミナーは、年3回の予定で、対象は、訪問看護師、本学大学病院で地域との連携に関わる看護職です。
 第1回はOPENINGセミナーとして、開講式では服部ユカリセンター長から、主に急性期看護を担う大学病院と訪問看護は距離があるかもしれないが、互いの役割を理解し連携を深めることでよりよい支援ができるという期待と、オンライン研修は遠方からも参加可能となるというメリットのお話がありました。
 そして、道北、道東、空知、上川など様々な地域から訪問看護師18名、大学病院10名の計28名にご参加いただきました。
 今回の内容は、報告「訪問看護事業所の連携に関するニーズの実態」、旭川医科大学病院の石上香感染管理認定看護師を講師としミニレクチャー「在宅での感染対策のポイント」、リレートーク「新型コロナ禍での看護を語る」でした。

 ミニレクチャーの内容を一部ご紹介します。
 COVID-19の基礎知識として、発症2日前から感染力がある非常に厄介なウイルスであること、アルコール消毒がよく効く、ワクチンの有効性などをふまえ、感染対策のポイントは①持ち込まない、②持ち出さない、③広めないの3点を常に意識する必要があります。
 マスク、手洗い等の標準予防策は全ての人に必須であり、医療関連感染を防ぐためには、感染経路別予防策の徹底が求められます。個人防護具は、着用時には鎧をつけるように身を護る意識があると思いますが、外す時に自分と周りを汚染しないことがポイントです。
 コロナは目・鼻・口が感染の入口となるため、飛沫防止、ソーシャルディスタンスが有効です。日頃からの体調管理、地域の感染症流行状況を捉え、流行地域との往来自粛が求められます。
 コロナが収束したとしても新たな感染症は出現するというお話からは、常に健康危機管理の視点を持ち、コロナから感染対策の教訓を得ていきたいと感じました。

 リレートークでは、コロナ禍における看護の現状と課題を情報交換することができました。コロナ禍での入院は面会制限があり、在宅での受入れ体制が整わないまま退院になる難しさ、家族から在宅でみていきたいと相談があっても、訪問系の事業所やサービスがストップして受け皿がない中、何とかして地域での支援が行われていること、ICTを活用して稚内と旭川をつなぎ、退院支援をした事例の報告等もありました。また、地域からは、認知症の人の訪問で、マスクをつける必要性を何回説明しても忘れてしまうため、訪問看護師が毎回マスク姿を見せて説明したり、マスクや消毒の必要性を壁に貼るなど可視化の工夫も紹介されました。

 受講者の感想として「基本的な感染対策を再認識し、認知症患者さんの感染対策や他の事業所の感染対策も参考になった」、「ICTを用いた退院前カンファレンス、患者・家族との面談等を進めていきたい」、「病院側の苦労を知ることができ、訪問看護師からも情報提供していきたい」といった声がありました。また、「オンライン研修は参加しやすい」と参加者の90%以上が回答し、「移動がなく効率的」と64%の回答がありました。

 全体を通して、本研修は地域・在宅および病院側のニーズ等を情報交換し、参加者が顔の見える関係性の利点およびICTを利用した連携方法の必要性を認識する機会になったと思われます。
 今後もオンライン研修を効果的に展開し、次回以降は事例検討を取り入れ、さらに実践的な内容としていく予定です。皆様にご参加いただければ幸いです。

セミナー風景

開会挨拶 服部ユカリセンター長
ニーズ調査結果報告 井戸川みどり 地域看護職支援部門長
ミニレクチャー「在宅での感染対策のポイント」 石上 香 感染管理認定看護師
リレートーク
リレートーク
リレートーク
リレートーク
リレートーク
リレートークの共有・まとめ

受講後アンケートの結果

1.参加いただいた振興局別訪問看護事業所数(参加人数)

2.アンケート結果(回収率:86%)

1)参加動機と合っていましたか?

2)満足度

①セミナー全体

②ミニレクチャー

③リレートーク

3)新たな学びや知見を得ることができましたか?

4)業務や看護実践に活用できますか?

5)訪問看護事業所と大学病院の看護がつながるきっかけになると感じましたか?

6)Zoomについて感じたこと(訪問看護事業所のみ回答)

「学生への配慮に関する研修会」実施報告

 学生への配慮に関する研修会は、看護職キャリア支援センター主催、看護教育学FD共催で実施しました。8月3日、「学生のメンタルヘルス~心のSOSを受け止めるために~」と題し、長谷川博亮教授にご講演いただきました。以下簡単に要約します。

  • 学生に必要なことは、自分で自分のSOSに気づくことであり、早めに援助を求めること(援助希求行動)は立派な能力である
  • 大学生は新生活に適応する過程で入学後の課題と入学以前に抱えていた問題に直面するため、学生が内面を表出できるような存在やシステムが必要である
  • 大学生の自殺の現状として医学部男性がリスクファクターとして挙げられている
  • 自殺の影響は広く、深く、長く、多くの人や大学に影響を与える
  • 心理的問題は自殺が唯一の解決と考えていることであり、学生が「死」という解決法を見つける前にSOSを捉えることが必要である
  • 大学生の自殺の原因として学業不振等があり、単に成績の良否だけではなく自信や意欲の低下、あるいは家庭の問題、経済的問題も関わる
  • メンタルヘルスの問題は自殺予防を念頭におき、コミュニティモデルとメディカルモデルの2つの視点で考える
  • 大学生のメンタルヘルスに関わる要因は多岐に渡るが、小さな異変(SOS)の気づきのポイントがあり、声をかけることが重要である
  • 学生の成長を支えるという視点でメンタルヘルス支援が必要であること 

 本研修は、会場とZoom併用のハイブリッド形式で行い、全体でZOOM28名、会場32名の参加がありました。医学科からも多くの方に参加いただき、「学生のメンタルヘルスに自分が大きくかかわっていることを再認識しました」「コロナの状況で難しさもありますが、できること(気にかける、声をかける)から始めたいと思います」等の意見・感想が寄せられ、本テーマについて多くの方が関心を寄せていることが分かりました。

 長谷川博亮教授のご経験と研究、教育実践に基づく貴重な講演をありがとうございました。  

受講後アンケートの結果

会場・Zoom参加別所属

研修会を知ったきっかけ(複数回答有)

満足度

今後の教育活動への活用

学生と看護職セミナー(二輪草セミナー)「自然の中から絵本ができた」実施報告

看護職キャリア支援 職場適応支援 九鬼 智子 

 7月6日に看護職キャリア支援センターと二輪草センターの共催事業として、学生と看護職セミナーを実施しました。自分らしく生きる異色の職業人であるあべ弘士先生を講師に招いて、テーマは「自然の中から絵本ができた」です。キャリア・生きがいとは何かを考え、自分らしく生き生きと働くためのキャリアデザインを考える機会となればと企画しました。
 あべ弘士先生は、1972年から25年間旭山動物園の飼育係として様々な動物を担当され、行動展示の夢を絵として残し旭山動物園復活のカギとなられました。1996年旭山動物園を退職し創作活動に専念、多くの著書を執筆されています。先生のほとんどの絵本は動物が主人公ですが、今回は『宮沢賢治「旭川。」より』をとりあげてお話しくださいました。宮沢賢治が旭川を訪れた時に残した、一編の詩「旭川。」は現在、旭川東高校に詩碑として残されていますが、先生が創作を加え、絵本となりました。
 講演ではまず「旭川。」の詩を読み解説いただきました。その後、絵本をもとに、絵本作成のきっかけとなったエピソード、当時の情景を詳しく調べて忠実に描くために構想13年書き始めて3年という年月を要して完成しており、非常に苦労した思い入れのある面白い作品に仕上がったことなどをお話しいただきました。絵本の優しい朗読を聞き、状況が鮮明に浮かび上がりました。宮沢賢治が見たであろう渡り鳥のオオジシギは絵本の中で「天に思いを届け、天の声を聞いて帰ってくる使者のようだ」と表現されており、重要なキーワードとして描かれていました。実際のオオジシギの飛来と迫力ある求愛行動の映像も見せていただきました。
 講演後は、質問にも答えてくださいました。①絵本に使用されている花や昆虫の意図は、登場人物が宮沢賢治だけでは面白くないので、場面構成、絵としての子役(脇役)を考え描いている。②イラストの創作エピソードについて、動物を描くのは難しいが、死後に解剖を手伝い骨格標本まで作り自然に勉強したことが、イラストを描くもととなっていて、特に動物の目を大事に描いている。③絵本作家になったきっかけは、もともと絵描きになりたく、自然と関わる仕事がしたいと思っていた。旭山動物園で働くことになり、仕事に没頭していたが、ポスター・看板・機関紙を書いているうちにだんだん動物の絵が描けるようになった。絵描きとしては回り道だったが、動物園の25年間は絵描きになるための近道だったと思える。
 講義後、「動物園も絵本も大好きで癒された」「キャリアについても可能性を感じられる良い講演でした」「温かくてほっこりする絵が大好きです」「久しぶりにのんびりと、命、動物、自然に浸ることができ心に余裕ができたような気がします」等のアンケートの感想がありました。先生のテーマは「命・動物・自然」でずっと変わっていないとお聞きし、飼育係、絵本作家と変化しても一つのものを大事に持ち続けている事はキャリア・生きがいにつながる大切なことであると実感しました。コロナの影響で延期されていた講演でしたが、参加された40名の方々はそれぞれにキャリア・生きがい・自分らしく生きることの意味を考える良い機会となったのではないでしょうか。あべ先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。

               

 『宮沢賢治「旭川。」より』(あべ弘士文・画、BL出版)

 

受講後アンケートの結果

参加者の年代別割合

会場・Zoom参加別 所属

講演会を知ったきっかけ(複数回答有)