人事交流

Personnel Exchange

人事交流

PERSONNEL EXCHANGE

1.看護学科教員と看護部看護職の教育人事交流(兼務編)について

看護学科教員及び看護部看護職を相互に研修することで、看護学科教員の看護実践力向上、看護部看護職の教育力向上を目指します。

それぞれが教育的に補完しあい、人材育成を強化していくことを目的に人事交流を行います。

【目的】

(1) 看護学科教員
 最新の臨床看護に触れ、看護実践力、研究や看護教育の質の向上につなげる

(2) 看護部看護職
 看護専門分野の知識を学び直し看護実践力、アセスメント能力、教育力の向上につなげる

【申合せ・運用手順】

【申請書類等】

【看護学科教員の教育人事交流】

医学部看護学科から病院看護部

【看護部看護職の教育人事交流】

病院看護部から医学部看護学科
病院看護部から医学部看護学科

2.臨床看護師の学内特別講師選出について

臨床看護師が学内特別講師として授業や実習に携わることで、豊かな人間性と看護基礎能力を育む、質の高い教育の提供を目指します。

【申合せ・処理フロー・様式】

【看護部看護職による看護学科学生・大学院生に対する授業】

(令和3年度)

看護部学内特別講師数:239名(内訳 学科講義:45名、学科実習等:192名、大学院講義2名) 学内特別講師による授業科目等数:29科目(学科:27科目/大学院:2科目)

3.人事交流の様子

看護学科教員と看護部看護職の教育人事交流

看護部看護職による看護学科学生への授業

ページの先頭に戻る 新着情報