旭川医科大学生涯教育講座「令和4年度 実習指導者研修 基礎コース」開催のお知らせ ※募集終了

 令和2年度より看護職キャリア支援センターでは、令和元年12月に実施した「看護職の実習指導に関わる研修企画」調査を基に、旭川医科大学病院看護職と臨地実習を受け入れている道北・道東、市内近郊の施設の看護職を対象とした「実習指導者研修」を実施しています。
 つきましては、臨地実習を受け入れている施設の看護職の方、ご関心のある方、貴施設職員で今後実習指導者となる方やスキルアップを目指す方にご参加いただきたく、ご案内いたします。
 昨年度の研修受講者からは、実習カリキュラムや指導要綱の理解、学生の学びや支援する関わりなど多くの学びの言葉が聞かれています。また当センターホームページには、過去に開催した本研修の開催報告を掲載しておりますので、ぜひご覧くださいますようお願いいたします。

【開催概要】
1.目的 
 看護学生の看護実践を指導する能力を高める
2.日程とスケジュール(全3回)
 第1回 令和4年7月23日(土)12:45~17:00
 第2回 令和4年8月20日(土)12:50~17:00
 第3回 令和4年9月17日(土)12:50~17:00
3.受講方法
 Zoomによるオンライン講義
 ※グループワークを行いますので、マイクとカメラが使用可能なパソコン、タブレット、スマートフォン等が必要です。
4.対象と募集人数
 臨地実習指導を担当している、または今後予定している看護職の方 25名程度
 ※入金をもって申込完了とします。希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。
5.修了証
 全3回をリアルタイムでオンライン受講された方に後日、郵送いたします。
6.受講料
 5,000円(全3回1セットとなります)
 ※一旦納められた受講料は原則としてお返しできません。
7.申込期間
 令和4年6月24日(金)~7月8日(金)

詳細については下記の「令和4年度 実習指導者研修のご案内」をご覧ください。

受講を希望される方は、上記の「令和4年度 実習指導者研修のご案内」の内容を確認された上で、申込フォームへ入力ください。併せて受講料の払込をお願いいたします。
「申込みフォーム入力」と「受講料の入金」の両方により申込手続きが完了となりますので、申込期間内に両方の手続きをお済ませくださるようお願いいたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第1回」を開催しました

 7月3日(土)本学の遠隔医療センター3階研修室において「令和3年度 実習指導者研修 基礎コース第1回」を開催しました。

 これは、一昨年12月に調査した「看護職の実習指導に関わる研修企画調査」に基づき、看護学生の看護実践を指導する能力を高めることを目的として、本学看護職キャリア支援センターの教育プログラム開発部門において企画したものです。

 本研修は、基礎コース3回と実践コース1回の計4回で構成されており、対象者は、臨床現場で実習指導を担当している、または今後予定している看護職の方となります。第1回目の今回は、看護学講座の升田教授を講師として、「看護の概念」と「看護学生の理解と関わり方」について講義を行いました。

 昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、残念ながら学外の看護職の方への周知を断念し、感染予防対策を徹底の上、学内で実施しました。今年度は、本研修の基礎コース3回のzoomによるオンライン参加に限定し、学外の看護職の方へご案内できました。開講式の中で服部センター長から、講義のまとめの中で升田副センター長から、オンライン研修のメリットとして遠方からも参加可能となるというお話がありました。メリットを活かし、遠方からも含め24名のご参加がありました。

 受講者からは「リモートでの意見交換が上手くいくのか不安でしたが思っていたよりスムーズにいきました。」「zoomでの研修が初めてだったので、ディスカッションが難しかったです。」とオンライン研修の難しさの中でも、「学びの共有の時間があることで自分の気付き以外の考え方と接することが出来た。」などの声がよせられました。実習指導者として臨床現場での教育能力を高める大変有意義な機会となりました。