ホーム » ニュース

ニュース戻る

2月16日(木) AMUSE 第33回 SGR 講演会を「植田 育也先生」をお招きし開催いたします。
2023.01.20

33回 Surgical Grand Round

【小児外科主催】

今回の講演は、埼玉県立小児医療センター小児救命救急センター センター長 植田 育也 先生 による

「皆さんの時代の小児救急医療」についてのご講演をいただきます。

植田先生は米国で小児集中治療と出会い、先駆けてその技術を身に着けたパイオニアでございます。

プロフェッショナル~仕事の流儀~や、フジテレビで放映の「PICU」で安田顕さん演じる植野医師のモデルとなりご活躍されています。

コロナ禍ではありますが感染対策を万全に行い、

臨床第一講義室の現地開催とZOOMを利用してのWEB講演のハイブリッド開催となります。

ご都合の予定をご確認いただきまして、ご都合のつく限り多くのご参加とご視聴をいただきますようお願い申し上げます。

 

日 時 2023年2月16日(木)18:00
 臨床第一講義室 & WEB
(会場+Zoom)
【会場】
臨床講義棟 臨床第一講義室並びにZOOMにてWEB開催
(ハイブリッド開催)

【Zoomで参加】
(スマホはQRコード長押し)

https://us02web.zoom.us/j/81544986212

【ウェビナーID】
815 4498 6212

講演内容 「皆さんの時代の小児緊急医療」

埼玉県立小児医療センター 小児救命救急センター
センター長 植田 育也 先生
主 催 一般社団法人 AMUSE(旭川医科大学外科学講座教育支援機構)
TEL:0166-66-2424

「旭川医科大学外科学講座」のホームページURLが変更になりました。
2023.01.19

【ホームページのURLが変更になりました】

旭川医科大学外科学講座のHP、URLが新しく下記に「変更」になりましたので

お手数をお掛けいたしますが、
ブックマークやリンク先の変更をお願いいたします。

新ホームページURL :
https://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/surgery

 

旧ホームページURL :
https://www.asahikawa-med-surgery.jp/

「移植用腎臓保存装置」が北海道新聞(1月13日)で紹介されました。【移植医工学治療開発講座】
2023.01.18

国内初認証「移植用腎臓保存装置」の開発に携わった移植医工学治療開発講座 松野直徒 特任教授
製造に携わった中央精工が北海道新聞(1月13日)で紹介されました。

 

2月20日(月) 外科学講座「アドバンス実習説明会」を開催いたします。
2023.01.16

~外科学講座 アドバンス実習説明会 開催~
今回は現地開催+ZOOM配信

現地で各科の先生方へ直接質問しよう!
事前登録不要、QRコードでZOOM配信も!

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!

対 象 4年生・5年生
日 時 2023年2月20日(月)18:00 開始
 緑が丘テラス & WEB
(会場+Zoom)
【会場】
緑が丘テラス

【Zoomで参加】
(スマホはQRコード長押し)

【ミーティングID】
889 3265 1676

Zoom参加の注意点 参加者名は「学年」・「学生番号」・「実名フルネーム」でご参加ください。
(※確認できないと特典が受けれない場合がございます)
学生応援特典 参加者にはもれなくデリバリーにも使える「ジェフグルメカード」を進呈いたします。
お問い合わせ先 一般社団法人 AMUSE(旭川医科大学外科学講座教育支援機構)
TEL:0166-66-2424

令和5(2023)年 仕事はじめです!
2023.01.05

令和5(2023)年 仕事はじめです!

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

令和5(2023)年1月4日
肝胆膵・移植/消化管外科

学位取得おめでとうございます。
2022.12.23

本日、学位記授与式があり、大原みずほ先生が学位記を授与されました。

学位を取得のために過ごした時間はこれからの人生に多大な影響を与えることは言うまでも
ありません。

是非、この経験をもとに後輩に対しても指導していっていただければと思います。

 

【大原 みずほ 先生】

「Phosphorylated vimentin as an immunotherapeutic target against metastatic colorectal cancer」
(リン酸化ビメンチンを標的とした大腸癌に対する腫瘍反応性ヘルパーT細胞応答に関する研究)
 
 

【移植医工学治療開発講座】「臓器保存装置」が、12月5日に厚生労働省から薬事承認を受けました。
2022.12.21

松野 直徒先生(移植医工学治療開発講座 特任教授)が「中央精工株式会社」
「泉工医科工業株式会社」と共同で開発に携わってきた「臓器保存装置」が、
12月5日厚生労働省から薬事承認を受けました。

 

このことについて、NHKよりインタビューを受け

12月22日(木) NHK総合「ほっとニュース北海道」内で放送されました。

【NHK NEWS WEB】

ニュースのリンクはこちらになります
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20221222/7000053622.html

学会発表体験記
2022.12.13

第84回日本臨床外科学会総会 体験記
医学科5年 本田 新

旭川医大では、4年次の10月に医学研究特論という授業があり、1ヶ月間、研究の基礎を学ぶ期間があります。昨年は、私を含めた5名の学生が消化管外科講座の研究室に配属され「腹腔鏡折り鶴トレーニング」の研究に従事しました。

今回参加させていただいた第84回日本臨床外科学会総会では、この医学研究特論での研究成果を発表させていただきました。学会に参加するにあたり、消化管外科学分野の武田先生のご指導の下、発表スライドや原稿に大幅な改訂を加え、繰り返し発表の個人練習を行いました。その過程では、何も知らない第三者に研究成果を分かりやすく伝えることの難しさを改めて感じました。また、学会の直前期には消化管外科学分野・肝胆膵移植外科学分野の先生方からも指導を受けながら、発表の最終調整を行っていきました。

本番は、会場の広さに圧倒されながらも、なんとか発表を終えることができました。武田先生からはお褒めの言葉を頂戴しましたが、緊張から話すスピードが少し早まってしまったこと、発表後の質問のひとつに曖昧な返答をしてしまったことが悔やまれます。

武田先生のポスター発表では、研究成果が画像所見などを交えて見やすくまとめられ、発表後の質問に対しても、的確な回答を返しておられ、大変勉強になりました。発表後の質問に的確に対応するためには、あらゆる事態を想定した、入念な事前準備が重要であることも学ばせていただきました。
さらに著名な先生方の講演やセミナーを見学し、ロボット支援下手術の現在、コロナ渦における地域医療の展望などについて深く知ることができました。

学生時代にこのような大きな学会への参加機会を頂戴したことは今後のキャリアの中でも大きな意義を持つことだと思います。改めて、貴重な機会をいただきました消化管外科学分野・肝胆膵移植外科学分野の先生方に厚く御礼申し上げます。

「2022年度合同研究討議会」盛会のうちに終了いたしました。
2022.12.07

合同研究討議会 盛会のうちに終了いたしました。

12/3㈯に開催いたしました「2022年度 合同研究討議会&アカデミックアワード表彰」につきまして盛会のうちに終了いたしましたことをご報告いたします。

ZOOM参加者、現地でのご参加いただいた方は合わせて約80名にもなり、2022年を締めくくるべく内容の充実した素晴らしい討議会となりました。

この場をお借りして関係者、座長及び演者の皆様には多大なるご協力を賜り心より感謝申し上げます。

医学研究特論では心臓外科の研究室が選ばれ,「優秀賞」を受賞されました。
2022.11.16

旭川医科大医学研究特論では優秀者には栄誉を称して表彰が行われており、
この度の医学研究特論では心臓外科の研究室が選ばれ、「優秀賞」を受賞されました。

旭川医科大学の4年生「関根 慶佳さん」と「玉井 幹大さん」の発表は素晴らしいものでした。

指導者である心臓外科研究室小山 恭平先生と関根さんの記念写真です。

玉井さんは怪我のため残念ながら写っておりませんが、心からおめでとうございます!