国立大学法人 旭川医科大学

               国立大学法人旭川医科大学
旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
訪問者別メニュー 受験生の方地域・一般の方企業・研究者の方在学生・卒業生学内向け
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入学案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札・公募
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 薬理学講座
 薬理学講座では、がん、炎症性疾患、生活習慣病が発症し、進展する機構を、体内微小環境(低酸素)、液性因子(ホルモン、サイトカイン、オータコイド)、遺伝子発現制御(エピジェネティクス)に着目しながら、分子・細胞・組織・個体の各階層で解析しています。これらの疾患の病態解明を進め、その治療薬の開発に結びつけることをめざします。  
教授挨拶
教育
研究
スタッフ
独自ページリンク
 
教授挨拶
 

教 授 : 中山 恒(なかやま こう)

 薬理学とは薬の作用機序を明らかにする学問です。薬には、家庭にある常備薬から医療現場で使用する薬まで、さまざまな種類があります。講義では、疾患の治療に用いられる代表的なものを例に、その作用機序をわかりやすく説明します。学生の皆さんには、その薬をなぜ使うのか、いつ使うのか、どのように使うのかなど、薬の5W1Hを、そのメカニズムから理解していただきたいと考えています。

 研究では、いくつかの課題に取り組んでいます。一つ目は、がんにおける低酸素応答の分子メカニズムの解析です。低酸素応答とは、酸素濃度が低下した時に、細胞を保護し、適応させるために引き起こされる細胞応答です。この応答は、がん・虚血性疾患・炎症性疾患など、さまざまな疾患と密接に関わっていることが知られています。がんは低酸素環境で悪性化します。腫瘍内に血管を引き込んだり、細胞死に抵抗性を示したり、浸潤・転移能を高めたりします。さらに、がんのおおもととなるがん幹細胞の維持にも低酸素環境が作用していることが近年報告されています。イメージング、シングルセル解析、代謝解析などの先端技法を駆使して、これらの悪性形質を引き起こす分子機序を明らかにし、がん治療薬の開発に結びつけることが私たちの大きな目標です。二つ目は、病態形成におけるプロスタノイドの役割解明です。プロスタノイドは、4種類のプロスタグランジン(PGD2、PGE2、PGF2α、PGI2)と1種類のトロンボキサン(TXA2)で構成され、8種類の受容体を介して生体内で様々な作用を発揮している生理活性脂質です。アスピリンを代表とする非ステロイド性抗炎症薬NSAIDsは、プロスタノイドの産生抑制がその主作用です。しかし近年、プロスタノイドには、抗炎症作用もあることが明らかになり、数種類のプロスタノイドが病態の悪化にも改善にも働いていることがわかってきました。そこで私たちは、8種類のプロスタノイド受容体欠損マウスを用いて病態モデルを作出し、その解析を通してプロスタノイドが病態形成においてどのような役割をしているのか解明し、様々な疾患の治療薬開発につなげていくことを目指しています。

 私たち研究室では、これらのプロジェクトに参加してくれるメンバー(学部生、大学院生、研究員*)を募集しています。新しい薬の開発につながるような研究を一緒にしませんか?研究に興味がある方、ちょっとのぞいてみたい方、話だけ聞いてみたい方、気軽に当研究室までお越し下さい。メールでのご連絡(knakayama{アットマーク}asahikawa-med.ac.jp, {アットマーク}=@)もお待ちしております。
(*予算等の状況によりますので、まずはご相談ください。)

 このページのトップへ
教育
 

担当講義・実習

学部

医学科

  • 第2学年「医学チュートリアルU」
  • 第2学年「薬理学」
  • 第2学年「基礎医学特論」
  • 第3学年「選択必修コースIII 臨床薬理学コース」
  • 第3学年「選択必修コースIII 糖尿病:内分泌Up・Dateコース」
  • 第3学年「薬理学実習」
  • 第4学年「医学研究特論」

看護学科

  • 第2学年「薬理学」
 

大学院

大学院医学系研究科

  • 大学院共通講義 「先端医学特論」
    
 このページのトップへ
研究
 

主な研究テーマ

  • 低酸素微小環境ががんを悪性化する分子機序
  • がんの異常な代謝の生物学的意義の解明
  • 腫瘍組織三次元培養系を用いたがん不均一性の意義の解明
  • 低酸素応答性のエピジェネティクス機構
  • 病態形成におけるプロスタノイドの役割解明
  •  このページのトップへ
    スタッフ
     
    教授 中山 恒
    准教授 結城 幸一
    助教 今道 力敬
    事務補助員 高島 由紀子
    技術補佐員 大久保 知子
     このページのトップへ
     

    | サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

     

    国立大学法人 旭川医科大学 

     〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
     (法人番号2450005001797)