諸手続き(休学・復学・退学等)

修士課程看護学専攻

諸手続について

休学

 休学をする場合は,休学期間が開始する1か月前までに,休学願に必要事項を記入し学生支援課にご提出ください。
 修士課程在籍中の休学可能な期間は通算2年間までです。

復学

 休学期間中に休学の事由が解消され復学をする場合は,復学する月の前月中旬までに,復学願に必要事項を記入し学生支援課にご提出ください。(休学期間が終了し当初の予定通りに復学する場合は,復学願を提出する必要はありません。)

退学

 退学をする場合は,退学の1か月前までに,退学願に必要事項を記入し学生支援課にご提出ください。

その他の届出

 住所の変更や改姓,その他,届出する事象が発生し次第速やかに,該当する様式にて学生支援課に届出をしてください。

各種様式

Q&A

Q&A

A1.前期分は4月中,後期分は10月中に休学が許可されていれば,休学期間中の授業料はかかりません。それ以降に休学が許可された場合は,半期分の授業料がかかってしまい,返還できませんのでご注意ください。(例えば,7月からの休学を予定している場合も,休学中の授業料を免除されるためには,4月中に許可されるよう願い出る必要があります。)

A2.当初の休学期間終了日の1か月前までに,休学願に必要事項を記入し学生支援課にご提出ください。休学期間の欄は,延長する分を記載してください。(例:3月31日までの予定だった休学を延長したい場合,休学期間の欄には,4月1日からと記載してください。)

ページの先頭へ