3つのポリシー

修士課程看護学専攻

Ⅰディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

旭川医科大学大学院医学系研究科看護学専攻(修士課程)では、教育の目標に沿って編成された年次カリキュラムを履修し、基準となる単位数を修得し、次の資質と能力を身につけたと認められ、かつ論文審査(高度実践コースは、特定の課題研究の成果を含む)及び最終試験に合格した学生に対し学位(修士(看護学))を授与します。

修士論文コース

「倫理観に基づいた看護の社会的使命の遂行」(態度)

生命の尊厳を尊重し、医療倫理を理解し、医療・保健・福祉に貢献する者として社会的使命の遂行に寄与する意欲と態度を有している。

「看護学に関する十分な知識と生涯学習能力」(知識)

看護学に関連する広い知識と専攻する領域の専門的知識を有している。
また、研究・教育・看護実践を遂行するために生涯にわたる学習の必要性を理解し、そのための方法を身につけている。

「根拠に基づいた基礎的・専門的看護実践能力、研究遂行能力」(技能)

看護の課題を探求し、看護の対象(個人・家族・集団・地域)に対してエビデンスに基づいた看護に取り組むことができる。

「問題解決能力、発展的思考能力、研究心」(思考・判断)

看護に関する研究の意義を理解し、論理的、科学的で、かつ倫理原則に基づいた研究を実践できる。

「地域社会・国際社会へ貢献するための能力」(意欲・関心)

看護学の研究に関する基礎的能力を活かして地域社会、国際社会に貢献できる。

高度実践コース

「倫理観に基づいた看護の社会的使命の遂行」(態度)

生命の尊厳を尊重し、医療倫理を理解し、医療チームの一員として看護ケアの質の向上を図る意欲と、卓越した専門的能力を持つ実践者としての態度を身につけている。

「看護学に関する十分な知識と生涯学習能力」(知識)

専門領域を深めるための基盤となる高度看護実践の知識を有している。
また、高度な実践のために生涯にわたる学習が必要であることを理解し、そのための方法を身につけている。

「根拠に基づいた基礎的・専門的看護実践能力、研究遂行能力」(技能)

複雑な病態と健康レベルとのアセスメントを的確に行い、根拠に基づいた分析的・科学的で高度な専門的看護を実践できる。

「問題解決能力、発展的思考能力、研究心」(思考・判断)

専門の特定領域に関する研究の意義を理解し、論理的、科学的で、かつ倫理原則に基づいた研究を実践できる。

「地域社会・国際社会へ貢献するための能力」(意欲・関心)

高度な実践、研究を通じて地域社会、国際社会に貢献できる。

「倫理観に基づいた看護の社会的使命の遂行」(態度)

生命の尊厳を尊重し、医療倫理を理解し、医療チームの一員として看護ケアの質の向上を図る意欲と、卓越した専門的能力を持つ実践者としての態度を身につけている。

「看護学に関する十分な知識と生涯学習能力」(知識)

専門領域を深めるための基盤となる高度看護実践の知識を有している。
また、高度な実践のために生涯にわたる学習が必要であることを理解し、そのための方法を身につけている。

「根拠に基づいた基礎的・専門的看護実践能力、研究遂行能力」(技能)

複雑な病態と健康レベルとのアセスメントを的確に行い、根拠に基づいた分析的・科学的で高度な専門的看護を実践できる。

「問題解決能力、発展的思考能力、研究心」(思考・判断)

専門の特定領域に関する研究の意義を理解し、論理的、科学的で、かつ倫理原則に基づいた研究を実践できる。

「地域社会・国際社会へ貢献するための能力」(意欲・関心)

高度な実践、研究を通じて地域社会、国際社会に貢献できる。

Ⅱカリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 旭川医科大学医学系研究科看護学専攻(修士課程)では、「修士論文コース」と「高度実践コース」の2つのコースを設けています。いずれも、専門領域の教授による指導を基本とします。

 修士論文コースでは、研究に関する基礎的能力を養う共通科目と各領域の学識を深める専門科目を設けています。共通科目と専門科目の特論・演習をとおして看護学に関する専門的な知識、および思考・判断、研究者としての態度、技能を修得します。これらを基盤に特別研究として修士論文を作成し、研究能力を修得するとともに地域社会・国際社会へ貢献する意欲・関心を育みます。このような、体系的な教育をとおして看護学の発展に貢献する研究能力を備え社会に貢献できる人材の育成を目指します。

 高度実践コースでは、がん看護専門看護師及び老人看護専門看護師に必須の高度な専門知識と実践能力を修得できるよう、共通科目と専門科目を設けています。共通科目をとおして高度な看護実践に必要な知識、態度を修得し、その上に、各分野(がん看護学・高齢者看護学)の専攻分野共通科目、専攻分野専門科目をとおして高度な知識、思考・判断、技能を養い、さらに実習・研究をとおして高度な看護実践能力を養うとともに地域社会・国際社会へ貢献する意欲・関心を育みます。このような、体系的な教育をとおして看護学の発展と患者・家族のQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供し社会に貢献できる人材の育成を目指します。

 以上のように、学生の主体的な学びを支えるため、可能な限り一人ひとりの学生が効率的に学修できるよう開講時期や時間を調整するよう努めています。

 学修成果の評価は、共通科目、専門科目及び学位論文についてあらかじめ定められた基準に従って行われます。なお、提出された学位論文は、大学院委員会が設置する論文審査委員会による審査及び最終試験により評価されます。

Ⅲアドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針))

 1.論理的思考力と問題解決思考力を有し、看護の研究を志す人(思考・判断)
 2.専攻する領域の専門的知識と技術を有し、実践力のある人(知識・技能)
 3.専門看護師として、看護実践・研究に指導的役割を担う意欲のある人
 4.地域における保健・医療・福祉の向上に貢献する意欲のある人
 5.研究や問題解決に主体的、学際的に協働して取り組むために必要なコミュニケーション能力を備えている人
 6.保健医療福祉におけるニーズを持つ人に関心を寄せ、倫理的思考と態度を有している人(態度)

ページの先頭へ