1. Kasamo S, Matsumoto S, Kawasaki Y, Inoue H, Tasaki Y. Changes in prescribing trends and initial pharmacotherapy of children with nocturnal enuresis in Japan: a large-scale medical claims database analysis. World J Urol, 2021 Mar 22. doi: 10.1007/s00345-021-03664-y.

 

1. 小野尚志, 新田悠一朗, 川田悠貴, 菅谷香緒里, 小林直貴, 飯田慎也, 山下恭範, 三嶋一登, 福土将秀, 田﨑嘉一. 抗がん剤調製におけるdrug vial optimization 導入と評価. 日本病院薬剤師会雑誌 56(4), 384-388, 2020.

 

2. 山口純子, 廣川力教, 粟屋敏雄, 田﨑嘉一. 疑義照会等簡素化プロトコルの導入と薬局からの疑義照会等を仲介・支援する病院薬剤師業務負担の軽減効果. 日本病院薬剤師会雑誌 56(4), 395-401, 2020.

 

3. 岩山訓典, 眞鍋貴行, 岸部麻里, 本間大, 田﨑嘉一.掌蹠膿疱症に対する抗菌薬治療は奏効までの期間を短縮させ,リンパ球/単球比が掌蹠膿疱症のバイオマーカーになりうる.医療薬学 46(10), 567-575, 2020.

 

4. Yamamoto J, Omura T, Kasamo S, Yamamoto S, Kawata M, Yonezawa A, Taruno Y, Endo H, Aizawa H, Sawamoto N, Matsubara K, Takahashi R, Tasaki Y. Impact of the catechol-O-methyltransferase Val158Met polymorphism on the pharmacokinetics of L-dopa and its metabolite 3-O-methyldopa in combination with entacapone. Journal of Neural Transmission. 2020 Nov 2. doi: 10.1007/s00702-020-02267-y.

 

5. 松本成史, 福土将秀, 田﨑嘉一. 北海道内における腎細胞がんに対するニボルマブ廃棄量の実態調査 ―NEWHOPE STUDY (Nivolumab Extent of Waste in Hokkaido hospital PharmaciEs in Japan)のサブ解析より―. 泌尿器科 12(3), 328-332, 2020.

 

6. Fukudo M, Ishikawa R, Mishima K, Ono T, Matsumoto S, Tasaki Y. Real-World Nivolumab Wastage and Leftover Drug Stability Assessment to Facilitate Drug Vial Optimization for Cost Savings.JCO Oncol Pract. 2020 Oct; 16 (10): e1134- e1142. doi: 10.1200/JOP.19.00813. Epub 2020 Jun 4.

 

7. Fukudo M, Tamaki G, Azumi M, Kakizaki H, Matsumoto S, Tasaki Y. Absorption of the orally active multikinase inhibitor axitinib as a therapeutic index to guide dose titration in metastatic renal cell carcinoma. Invest New Drugs. 2020 Oct 23. doi: 10.1007/s10637-020-01023-z. Online ahead of print.

 

1. 吉田光一, 山本譲, 大滝康一, 都築仁美, 高橋淳士, 寒藤雅俊, 飯田慎也, 笠茂紗千子, 眞鍋貴行, 三嶋一登, 小野尚志, 福土将秀, 粟屋敏雄, 田﨑嘉一. 感染制御チーム薬剤師の介入による白内障手術に用いる予防注射抗菌薬の削減. 医療薬学 45(1), 28-33, 2019.

 

2. Kashiwagi H, Yuhki KI, Imamichi Y, Kojima F, Kumei S, Tasaki Y, Narumiya S, Ushikubi F. Prostaglandin F2α Facilitates Platelet Activation by Acting on Prostaglandin E2 Receptor Subtype EP3 and Thromboxane A2 Receptor TP in Mice. Thromb Haemost 119(8), 1311-1320, 2019.

 

3. Fujiya M, Ueno N, Kashima S, Tanaka K, Sakatani A, Ando K, Moriichi K, Konishi H, Kamiyama N, Tasaki Y, Omura T, Matsubara K, Taruishi M, Okumura T. Long-chain polyphosphate is a potential agent for inducing mucosal healing of the colon in ulcerative colitis. Clin Pharmacol Ther, doi:10. 1002/cpt. 1628, 2019.

 

4. Kashima S, Tanabe H, Tanino M, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Moriichi K, Fukudo M, Tasaki Y, Hosokawa M, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Lymph Node Metastasis From Gastroesophageal Cancer Successfully Treated by Nivolumab: A Case Report of a Young Patient. Front Oncol, doi: 10.3389/fonc.2019.01375, 2019.

 

1. 岩山百華, 阿部泰之, 国沢卓之, 田﨑嘉一. トラマドール塩酸塩によるセロトニン症候群に急性ジスキネジアを合併したがん疼痛患者の1症例. Palliat Care Research 13(1), 109-13, 2018.

 

2. 岩山訓典, 久保靖憲, 小野尚志, 笠茂紗千子, 飯田慎也, 大滝康一, 山田峻史, 安達知輝, 福土将秀, 粟屋敏雄, 田﨑嘉一. テルミサルタン錠との一包化によりアスピリン腸溶錠は成分量および溶出率が低下する配合変化を起こす. 医療薬学 44(7), 333-340, 2018.

 

3. Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K. Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Biochem Biophys Res Commun, S0006-291X(18)31760-1, doi:10.1016/j.bbrc.2018.08.078, 2018.

 

4. 久保靖憲, 小野尚志, 神山直也, 吉田光一, 寒藤雅俊, 小枝正吉, 大滝康一, 小川聡, 三嶋一登, 福土将秀, 粟屋敏雄, 田﨑嘉一. 点眼液の混合製剤による術前業務効率化と廃棄薬の削減. 日本病院薬剤師会雑誌 54(11), 1391-1395, 2018.

 

1. 佐藤泉, 間宮敬子, 加藤育民, 島野敏司, 大滝康一, 粟屋敏雄, 田﨑嘉一, 国沢卓之, 岩崎寛. 北海道の3施設における漢方薬使用の現状と漢方教育. 日本東洋医学雑誌 68(2), 157-164, 2017.

 

1. Asari M, Okuda K, Hoshina C, Omura T,Tasaki Y, Shiono H, Matsubara K, Shimizu K. Multicolor-based discrimination of 21 short tandem repeats and amelogenin using four fluorescent universal primers, Anal Biochem, 494:16-22, 2016.

 

2. Nakau K, Sugimoto M, Oka H, Kajihama A, Maeda J, Yamagishi H, Kamiyama N, Tasaki Y, Kajino H, Azuma H. Pharmacokinetic Analysis of Drugs for Pediatric Pulmonary Hypertension. Pediatr Int, doi:10.1111/ped.12997 Epub ahead of print, 2016.

 

3. Ishii N, Kinouchi R, Inoue M, Yoshida A. Linezolid-induced optic neuropathy with a rare pathological change in the inner retina. Int Ophthalmol 36(6), 761-766, 2016.

 

4. 井上正朝, 内山直樹, 長嶋恵, 櫻庭好祐, 川﨑裕世, 寒藤雅俊, 大井希美, 笠茂紗千子, 大滝康一, 小野尚志,福土将秀, 粟屋敏雄, 松原和夫, 田崎嘉一. 薬剤師による継続的な吸入指導がもたらす喘息外来患者の喘息コントロール改善効果. 医療薬学 42(9), 620-625, 2016.

1. Kunisawa T, Yamagishi A, Suno M, Nakade S, Honda N, Kurosawa A, Sugawara A, Tasaki Y, Iwasaki H. Target-controlled infusion and population pharmacokinetics of landiolol hydrochloride in patients with peripheral arterial disease. Ther Clin Risk Manag 11, 107-114, 2015.

 

2. 松野直徒, 古郡茉利子, 渡邊賢二, 庄中達也, 孟玲童, 今井浩二, 暮地本宙己, 渡部剛, 田崎嘉一, 西川祐司, 小原弘道, 絵野沢伸, 古川博之. 複合的戦略による心停止ドナーからの移植臓器有効利用の研究 -灌流型臓器保存を中心にした機能再生の試み-(シンポジウム). Organ Biology 22(2), 19-25, 2015.

1. 大滝康一, 粟屋敏雄, 飯田慎也, 原千恵子, 山下恭範, 小野尚志, 井上正朝, 木村周古, 田原克寿, 吉田光一, 山本香緒里, 山本久仁子, 小川聡, 福土将秀, 松原和夫, 田﨑嘉一. 薬学的介入記録票解析による病棟薬剤師業務の効果検証. 医療薬学 40(8), 463-470, 2014.

 

2. 國本雄介, 吉野宗宏, 大石裕樹, 原田幸子, 井上正朝, 佐藤麻希, 内山真理子, 齋藤直美, 丸山一郎, 下川千賀子, 畝井浩子, 松本俊治, 増田純一, 千田昌之, 和泉啓司郎, 宮本 篤. HIV 感染症診療における薬剤師介入が医療者側へもたらす効果に関する実態調査―エイズ治療ブロック拠点病院およびACCにおける検討―. 医療薬学 40(8), 471-479, 2014.

 

3. 岩山訓典, 堀内翔太, 粟屋敏雄, 大滝康一, 田崎嘉一, 松原和夫, 早勢伸正. マクロライド系抗菌薬の処方実態に基づく慢性炎症性疾患に対する少量長期療法の有効性に関する再検証-常用量投与との比較-. 薬局薬学 6(2), 157-166, 2014.

1. Asari M, Oka K, Omura T, Maseda C, Tasaki Y, Shiono H, Matsubara K, Matsuda M, Shimizu K. Universal fluorescent labeling of amplification products using locked nucleic acids. Electrophoresis 34(3), 448-55, 2013.

 

2. Omura T, Asari M, Yamamoto J, Oka K, Hoshina C, Maseda C, Awaya T, Tasaki Y, Shiono H, Yonezawa A, Masuda S, Matsubara K, Shimizu K. Sodium tauroursodeoxycholate prevents paraquat-induced cell death by suppressing endoplasmic reticulum stress responses in human lung epithelial A549 cells. Biochem Biophys Res Commun 432, 689-694, 2013.

 

3. 野田敏宏, 新敷祐士, 安西恵子, 川崎啓子, 栗原智仁, 高市和之, 髙野紀子, 中村峰夫, 西野健三, 山田和也, 平井みどり, 田崎嘉一, 松原和夫, 吉山友二, 井関健. 薬剤師によるサプリメント説明における来局患者の期待と説明実態との間の大きなギャップ. 日本プライマリ・ケア連合学会誌 36(2), 93-98, 2013.

 

4. 森田真樹子, 米澤淳, 森美奈子, 田崎嘉一, 長屋健, 千石一雄, 松原和夫. ラモトリギン服用患者の母乳育児の2症例 母乳を介した乳児への移行性. 医療薬学 39(8), 504-509, 2013.

 

5. 神山直也, 小枝正吉, 田原克寿, 小野尚志, 小川聡, 粟屋敏雄, 田崎嘉一. 「院内製剤の調製及び使用に関する指針(Version 1.0)」に基づいた院内製剤運用規定の評価. 北海道病院薬剤師会誌 85, 25-28, 2013.

1. 山本譲, 粟屋敏雄, 小城香緒里, 森田真樹子, 川守田早紀, 神崎郁代, 小川聡, 板垣祐一, 大滝康一, 山本久仁子, 田崎嘉一, 松原和夫. 薬剤師による麻酔科医支援業務-手術室における薬剤施用準備-, 医療薬学 38(1), 34-42, 2012.

 

2. Tasaki Y, Yamamoto J, Omura T, Sakaguchi T, Kimura N, Ohtaki K, Ono T, Suno M, Asari M, Ohkubo T, Noda T, Awaya T, Shimizu K, Matsubara K. Meloxicam ameliorates motor dysfunction and dopaminergic neurodegeneration by maintaining Akt-signaling in a mouse Parkinson’s disease model, Neurosci Lett 521(1), 15-19, 2012.

 

3. Kono T, Satomi M, Suno M, Kimura N, Yamazaki H, Furukawa H, Matsubara K. Oxaliplatin-induced neurotoxicity involves TRPM8 in the mechanism of acute hypersensitivity to cold sensation. Brain Behav 2(1), 68-73, 2012.

 

4. Matsubara K, Asari M, Suno M, Awaya T, Sugawara M, Omura T, Yamamoto J, Maseda C, Tasaki Y, Shiono H, Shimizu K. Estimation of the duration after methamphetamine injection using a pharmacokinetic model in suspects who caused fatal traffic accidents. Leg Med 14, 191-196, 2012.

 

5. Tasaki Y, Yamamoto J, Omura T, Noda T, Kamiyama N, Yoshida K, Satomi M, Sakaguchi T, Asari M, Ohkubo T, Shimizu K, Matsubara K. Oxicam structure in non-steroidal anti-inflammatory drugs is essential to exhibit Akt-mediated neuroprotection against 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cytotoxicity. Eur J Pharmacol 676, 57-63, 2012.

 

6. Omura T, Asari M, Yamamoto J, Kamiyama N, Oka K, Hoshina C, Maseda C, Awaya T, Tasaki Y, Shiono H, Shimizu K, Matsubara K. HRD1 levels increased by zonisamide prevented cell death and caspase-3 activation caused by endoplasmic reticulum stress in SH-SY5Y cells. J Mol Neurosci 46, 527-535, 2012.

 

7. Asari M, Omura T, Oka K, Maseda C, Tasaki Y, Shiono H, Matsubara K, Matsuda M, Shimizu K. Multiplex PCR-based Alu insertion polymorphisms genotyping for identifying individuals of Japanese ethnicity. Genomics 99, 227-232, 2012.

1. 粟屋敏雄, 松原和夫, 木村周古, 森田真樹子, 山下恭範, 大滝康一, 飯田慎也, 小枝正吉, 原千恵子, 山本久仁子, 三好敏之, 田崎嘉一, 長谷部直幸. 薬剤師による疑義照会後の処方変更およびDo処方の入力プロトコル ―医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」の具体化. 日本病院薬剤師会雑誌 47(12), 1575-1579, 2012.

 

2. 小野尚志, 粟屋敏雄, 都築仁美, 須野学, 山下恭範, 大滝康一, 田崎嘉一, 松原和夫. 多規格が併売されている注射用抗がん剤の最適な採用戦略に関する研究. 医療薬学 37(8), 467-474, 2011.

 

3. 松原和夫, 外山聡, 佐藤博, 鈴木洋史, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 安岡俊明, 堀内龍也. 薬剤師の病棟勤務時間が長いほど薬剤が関連するインシデント発生数は少ない 国立大学病院における調査. 薬学雑誌 131(4), 635-641, 2011.

 

4. 早勢伸正, 岩山訓典, 大滝康一, 山下恭範, 粟屋敏雄, 松原和夫. オブラートあるいは服薬補助ゼリーで包んだ錠剤及びカプセル剤における 溶出挙動. 薬学雑誌 131(1), 161-168, 2011.

1. Toru Kono, Machiko Satomi, Toshiyuki Asama, Yoshiaki Ebisawa, Naoyuki Chisato, Manabu Suno, Hidenori Karasaki, Hiroyuki Furukawa, Kazuo Matsubara. Cetuximab-induced hypomagnesaemia aggravates peripheral sensory neurotoxicity caused by oxaliplatin. J Gastrointestinal Oncology 1(2), 97-101, 2010.

 

2. Tasaki Y, Omura T, Yamada T, Ohkubo T, Suno M, Iida S, Sakaguchi T, Asari M, Shimizu K, Matsubara K. Meloxicam protects cell damage from 1-methyl-4-phenyl pyridinium toxicity via the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway in human dopaminergic neuroblastoma SH-SY5Y cells. Brain Res 1344, 25-33, 2010.

 

3. 大滝康一, 麻下智加, 綱川智之, 山本譲, 小城香緒里, 三好敏之, 田崎嘉一, 粟屋敏雄, 松原和夫. 後発医薬品使用促進における問題点-「後発医薬品への変更不可」処方せんの実態と患者意識の調査. 日本病院薬剤師会雑誌 46, 209-213, 2010.

 

4. 松村久男, 由井則之, 岩山訓典, 早勢伸正, 大滝康一, 山下恭範, 粟屋敏雄, 藤沢芳則, 松野和彦, 松原和夫. トリアゾラム錠の溶出性に及ぼすpHおよびアルコールの影響-先発医薬品と後発医薬品の比較検討-. Progress in Medicine 30, 1157-1163, 2010.

 

5. 麻下智加, 田崎嘉一, 大村友博, 飯田慎也, 山本譲, 都築仁美, 井上正朝, 大滝康一, 粟屋敏雄, 三好敏之, 間瀬田千香暁, 清水惠子, 松原和夫. 救急医療における濫用薬物スクリーニングと血中アルコール濃度測定-実務実習モデル・コアカリキュラム「中毒医療への貢献」への対応-. 医療薬学 36, 575-579, 2010.

1. Asari M, Omura, T, Maseda, C, Matsubara K, Shiono H, Shimizu K. A new method for human ABO genotyping using a universal reporter primer system. J Forensic Sci. in press, 2009.

 

2. Noda T, Yamada T, Ohkubo T, Omura T, Ono T, Adachi T, Awaya T, Tasaki Y, Shimizu K, Matsubara K. Hot-Water Extracts of Polygonum Multiflorum Do Not Induce Any Toxicity but Elicit Limited Beneficial Effects on the Liver in Mice. J Health Sci 55, 720-725, 2009.

 

3. Suno M, Kunisawa T, Yamagishi A, Ono T, Yamamoto J, Yamada T, Tasaki Y, Shimizu K, Iwasaki H, Matsubara K. Detection of landiolol using high-performance liquid chromatography/fluorescence: a blood esterase-sensitive ultra-short-acting beta(1)-receptor antagonist. Chromatogr B, 877, 1705-8, 2009.

 

4. 里見眞知子, 河野透, 間宮規章, 千里直之, 海老澤良昭, 菅原睦, 斉藤孝成, 松原和夫, 葛西眞一. 進行性大腸癌患者へ感覚性神経障害用部位別問診票を用いたOxaliplatinの末梢神経毒性発現の検討. 癌と化学療法 36, 1321-1325, 2009.

 

5. 粟屋敏雄, 長谷部直幸, 梶野浩樹, 石谷麻里子, 山田武宏, 小野尚志, 大滝康一, 山下恭範, 三好敏之, 田崎嘉一, 松原和夫. 処方入力時の体表面積をベースとした注射薬オーダ上限量警告システム. 医療薬学 35, 615-621, 2009.

 

6. 由井則之, 松村久男, 早勢伸正, 大滝康一, 原千恵子, 粟屋敏雄, 松野至洋, 藤沢芳則, 松原和夫. トリアゾラム0.25mg錠の半分割錠とトリアゾラム0.125mg錠における溶出挙動の違い. Progress in Medicine 29, 3061-3066, 2009.

 

7. 清水惠子, 佐々木良, 角田康夫, 小泉博一, 浅利優, 大村友博, 間瀬田千香暁, 松原和夫, 塩野寛. 法医学の新しい社会貢献 旭川市高齢者孤立死防止ガイド作成への取り組み. 法医学の実際と研究 52, 221-226, 2009.

1.Asari M, Watanabe S, Matsubara K, Shiono H, Shimizu K. Single nucleotide polymorphism genotyping by mini-primer allele-specific amplification with universal reporter primers for identification of degraded DNA. Anal Biochem 386, 85-90, 2008.

 

2. Watanabe S, Terazawa K, Asari M, Matsubara K, Shiono H, Shimizu K. An autopsy case of sudden death due to acute gastric dilatation without rupture. Forensic Sci Int 18 180, 6-10, 2008.

 

3. 大竹孝明, 藤本佳範, 阿部真美, 三好茂樹, 鈴木康秋, 大平賀子, 松原和夫, 高後裕. 慢性肝炎患者におけるグリチルリチン製剤投与による臨床効果の比較. Progress in Medicine 28, 1787-1788, 2008.

 

4. 山田武宏, 梅津典子, 大滝康一, 綱川智之, 佐藤真由美, 小城香緒里, 小野尚志, 須野学, 飯田慎也, 山下恭範, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 松原和夫. 処方オーダリングシステムおよびTDMオーダリングシステムと連動した抗MRSA薬使用届け出システムは適正使用を推進する. 医療薬学 34, 419-425, 2008.

 

5. 小野尚志, 松原和夫. 吸入療法 気管支喘息・COPD 吸入方法で知りたいこと. 薬局 6, 2377-2380, 2008.

 

6. 清水惠子, 浅利優, 渡邊智, 塩野寛, 松原和夫, 梅津典子, 富田正文. パラコートの肺毒性機構に関する検討. 日本法医学雑誌 62, 78, 2008.

 

7. 大滝康一, 梅津典子, 麻下智加, 七田知美, 都築仁美, 石川祥子, 安達知輝, 井上正朝, 小野尚志, 山田武宏, 粟屋敏雄, 小川聡, 里見真知子, 野田敏宏, 田崎嘉一, 板垣祐一, 八木真砂子, 田尾好正, 笠原直邦, 藤沢芳則, 松野和彦, 松原和夫. 薬連携:病院薬剤師が介在する保険調剤薬局からのトレーシングレポートシステムによる薬物療法の有効性・安全性への寄与. 医薬ジャーナル 44, 158-164, 2008.

 

8. 渡邊智, 浅利優, 丹祐夏, 松原和夫, 塩野寛, 清水惠子. バスキュラーアクセスが死因に関与した透析患者の4剖検例. 法医学の実際と研究 51, 225-232, 2008.

1. Kaneko M, Yasui S, Niinuma Y, Arai K, Omura T, Okuma Y, Nomura Y. A different pathway in the endoplasmic reticulum stress-induced expression of human HRD1 and SEL1 genes. FEBS Lett 581, 5355-60, 2007.

 

2. Suno M, Ono T, Iida S, Umetsu N, Ohtaki K, Yamada T, Awaya T, Satomi M, Tasaki Y, Shimizu K. Matsubara K. Improved HPCL detection of paclitaxel in patient’s plasma using solid phase extraction, and semi-micro bore C18 separation and UV detection. J Chromatogr 860, 141-4, 2007.

 

3. 小野尚志, 千葉薫, 須野学, 山下恭範, 小枝正吉, 山田武宏, 大滝康一, 粟屋敏雄, 原千恵子, 高橋賢尚, 三好敏之, 小川聡, 板垣祐一, 田崎嘉一, 松原和夫. アレニウス式を用いた抗癌剤調製後の安定予測. 医療薬学 33, 479-487, 2007.

 

4. 粟屋敏雄, 藤丸サヤカ, 梅津典子, 利岡果美, 小城香緒里, 小林杏奈, 森田真由美, 朴紘慶, 石王応知, 山下恭範, 山本久仁子, 田崎嘉一, 松原和夫. 個々の患者に適応した処方監査 -病院情報システムからの患者基本情報の抽出と処方監査への応用-. 医療薬学 33, 145-151, 2007.

 

5. 早勢伸正, 粟屋敏雄, 大滝康一, 松原和夫, Carter BL. 高血圧治療薬の日常処方における薬物間相互作用 2剤併用の重要度別発生頻度に関する日米間比較. 医療薬学 33, 213-220, 2007.

 

6. 相澤仁志, 澤田潤, 油川陽子, 齋藤司, 榎本雪, 牧田圭弘, 菊池健次郎, 田崎嘉一, 松原和夫. L-DOPAの経口投与は白血球内ROSを低下させる. 臨床神経学 47, 1149, 2007.

1. K. Shimizu, K. Matsubara, K. Ohtaki, O. Saito, T. Awaya, M. Asari, J. Azumi, H. Shiono, S. Yoshiyagawa, Y. Tsunoda. Death by intravenous self-injection of Pacoma, a cationic detergent. Forensic Sci Int in press (Web. online), 2006.

 

2. K. Matsubara, K. Shimizu, M. Suno, K. Ogawa, T. Awaya, T. Yamada, T. Noda, M. Satomi, K. Ohtaki, K. Chiba, Y. Tasaki, H. Shiono. Tnadospirone, a 5-HT1A agonist, ameliorates movement disorder via non-dopaminergic systems in rats with unilateral 6-hydroxydopamine-generated lesions. Brain Res 1112(1), 126-133, 2006.

 

3. K. Aoyama, K. Matsubara, S. Kobayashi. Aging and oxidative stress in progressive supranuclear palsy. Eur J Neurol 13, 89-92, 2006.

1. M. Kobayashi , H. Saitoh, M. Yamaguchi, T. Saito, H. Fujita, M. Suno, K. Matsubara. B.J. Aungst, Relationship between loperamide-induced sedative effect and digoxin pharmacokinetics in healthy Japanese subjects. Pharm Res 22, 413-418, 2005.

 

2. T. Awaya, K. Ohtaki, T. Yamada, K. Yamamoto, T. Miyoshi, Y. Itagaki, Y. Tasaki, N. Hayase and K. Matsubara. Automation in drug inventory management saves personnel time and budget. YAKUGAKUZASSHI 125, 427-432, 2005.

 

3. Takayama K, Yuhki K, Ono K, Fujino T, Hara A, Yamada T, Kuriyama S, Karibe H, Okada Y, Takahata O, Taniguchi T, Iijima T, Iwasaki H, Narumiya S, Ushikubi F. Thromboxane A2 and prostaglandin F2alpha mediate inflammatory tachycardia. Nat Med 11, 562-566, 2005.

 

4. Y. Kotake, R. Taguchi, K. Okuda, Y. Sekiya, Y. Tasaki, M. Hirobe and S. Ohta. Neuroprotective effect of 1-methyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline on cultured rat mesencephalic neurons in the presence or absence of various neurotoxins. Brain Res 1033, 143-150, 2005.

 

5. 吉田将亜, 須野学, 浅利優, 小川研人, 粟屋敏雄, 清水恵子, 松原和夫, 北進一, 塩野寛. 陳旧化した歯牙からのDNAを用いた性別判定. 北海道医学雑誌 80, 191-199, 2005.

 

6. 浅利優, 安積順一, 塩野寛, 松原和夫. DNA多型の臨床応用 ABCトランスポーターABCG2/BCRPの遺伝子多型解析. DNA多型 13, 232-235, 2005.

 

7. 粟屋敏雄, 大滝康一, 石原昌司, 小野尚志, 千葉薫, 板垣祐一, 山田武宏, 須野学, 早勢伸正, 田崎嘉一, 松原和夫. 注射薬を含めた相互作用チェックシステムによる併用禁忌の解析-薬歴の中での相互作用チェックの重要性. 医療薬学 31, 425-434, 2005.

 

8. 原千恵子, 小枝正吉, 山下恭範, 藤丸サヤカ, 大滝康一 ,森田真由美, 小野尚志, 山田武宏, 板垣健太郎, 須野あづみ, 利岡果美, 石王応知, 村上知子, 朴紘慶, 須野学, 粟屋敏雄, 小川聡, 高橋賢尚, 山本久仁子, 板垣祐一, 千葉薫, 三好敏之, 笠原直邦, 藤田育志, 田崎嘉一, 早勢伸正, 松原和夫. 入院日持参薬チェックは医療の安全性に寄与する-持参薬チェック管理薬剤師の役割-. 医療薬学 31, 360-366, 2005.

1. K. Ohtaki, K. Matsubara, S. Fujimaru, K. Shimizu, T. Awaya, M. Suno, K. Chiba, N. Hayase and H. Shiono. Cefoselis a _-lactam antibiotic, easily penetrates the blood-brain barrier and causes seizure independently by glutamate release. J Neural Transm 112, 1523-1535, 2004.

 

2. Carter B. L, Lund B. C, Hayase N and Chrischilles E. A longitudinal analysis of antihypertensive drug interactions in a Medicaid population. Am. J. Hypertens 5 Pt 1, 421-427, 2004.

 

3. 板垣健太郎, 板垣祐一, 大滝康一, 小野尚志, 森田真由美, 藤丸サヤカ, 粟屋敏雄, 三好敏之, 小川聡, 笠原直邦, 藤田育志, 田崎嘉一, 松原和夫, 早勢伸正. 健康食品に対する医師の意識. 北海道病院薬剤師会誌 37, 33-37, 2004.

 

4. 須野学, 笠原直邦, 千葉薫, 粟屋敏雄, 山下恭範, 小枝正吉, 高橋賢尚, 大滝康一, 山本久仁子, 藤田育志, 早勢伸正, 加藤千津子, 稲葉久子, 上田順子, 松原和夫. 注射薬計量調剤のための「混注センター」の設置とその効果安全管理と収益性. 医療薬学 30, 88-94, 2004.

 

5. 山下恭範, 千葉薫, 小野尚志, 小枝正吉, 須野学, 小川聡, 笠原直邦, 里見真知子, 早勢伸正, 藤田育志, 谷口成実, 沼田篤, 水永光博, 八竹直, 松原和夫. 塩酸オキシブチニン膀胱内注入療法における長期臨床使用成績調査 難治性尿失禁患者のQOLを改善した院内製剤. 医療薬学 30, 83-87, 2004.

 

6. 小野尚志, 大滝康一, 粟屋敏雄, 渡辺博文, 原千恵子, 高橋賢尚, 小川聡, 小枝正吉, 板垣祐一, 早勢伸正, 藤田育志, 松原和夫. 疑義照会支援システムの構築と運用 リスクマネジメントへの活用. 医療薬学 30, 191-197, 2004.

1. K. Sakurada, K. Matsubara, K. Shimizu, H. Shiono, Y. Seto, K. Tsuge, M. Yoshino, I. Sakai, H. Mukoyama and T. Takatori. Pralidoxime iodide (2-PAM) penetrates across the blood-brain barrier. Neurochem Res 28, 1401-1407, 2003.

 

2. K. Shimizu, K. Matsubara, K. Ohtaki, O. Saito and H. Shiono. Paraquat leads to dopaminergic neural vulnerability in organotypic midbrain culture. Neurosci Res 46, 523-532, 2003.

 

3. K. Shimizu, K. Matsubara, K. Ohtaki, S. Fujimaru, O. Saito and H. Shiono. Paraquat induces long-lasting dopamine overflow through the excitotoxic pathway in the striatum of freely moving rats. Brain Res 976, 243-252, 2003.

 

4. N. Hayase, M. Satomi, A. Hara, T. Awaya, K. Shimizu, and K. Matsubara. Protective effects of quinaprilat and trandolaprilat, active metabolites of quinapril and trandolapril, on hemolysis Induced by lysophosphatidylcholine in human erythrocyte. Biol Pharm Bull 26, 712-716, 2003.

 

5. K. Ogawa, M. Suno, K. Shimizu, M. Yoshida, T. Awaya, K. Matsubara and H. Shiono. Genotyping of cytochrome p450 isoform genes is useful for forensic identification of cadaver. Leg Med 5, 132-138, 2003.

 

6. K. Matsubara, K. Aoyama, M. Suno, and T. Awaya. N-methylation underlying Parkinson’s disease. Neurotoxicol Teratol 24, 593-598, 2003.

 

7. Carter B. L, Chrischilles E, Scholz D, Hayase N. and Nancy B. Extent of services provided by pharmacists performing Iowa pharmaceutical case management. J. Am. Pharm. Assoc 43, 24-33, 2003.

 

8. 須野学, 粟屋敏雄, 大滝康一, 青山晃司, 松原和夫. Nicotinamide N-methyltransferase(NNMT) 5′franking regionにおける変異(-228A/T)検出法の確立および日本人における頻度解析. DNA多型 11, 209-211, 2003.

 

9. 笹島唯博, 越湖進, 村木専一, 千葉薫, 橘峰司. 抗感染性人工血管の研究:細菌感染に対するリファンピシン結合ゼラチン被覆人工血管の適用制限. 外科治療 88, 384-385, 2003.

1. T. Uezono, H. Shiono, K. Shimizu, K. Ogawa, M. Saito, M. Yoshida, H. Mizukami and K. Matsubara. Simultaneous analyses of hypoglycemic agents and C-peptide are essential in a homicide case with the combined dosing insulin and insulin-releasing drug. Leg Med 4, 34-36, 2002.

 

2. M. suno, T. Awaya, K. Ogawa, K. Ohtaki, K. Chiba, N. Hayase and K. Matsubara. A wax-mediated hot-start polymerase chain reaction improves the genotyping of CYP2C9*1 and *3 alleles. Jpn J Clin Pharmacol 33, 215-218, 2002.

 

3. Koshiko S, Sasajima T, Muraki S, Azuma N, Yamazaki K, Chiba K, Tachibana M, Inaba M. Limitations in the use of rifampicin-gelatin grafts against virulent organisms. J. Vascular Surgery 35, 779-785, 2002.

 

4. Carter B. L, Lund B. C, Hayase N, and Chrischilles E. The extent of potential antihypertensive drug interactions in a medicaid population. Am. J. Hypertens 15, 953-957, 2002.

 

5. 森田真樹子, 千葉薫, 山下恭範, 粟屋敏雄, 小野尚志, 小枝正吉, 須野学, 笠原直邦, 渡辺博文, 藤田育志, 早勢伸正, 松原和夫. 注射用抗菌薬の使用動向とMRSA検出数との関係. 北海道病院薬剤師会誌 36, 21-27, 2002.

 

6. 田中理佳, 小川聡, 飯塚祐子, 大村美香, 早勢伸正, 大槻伸子, 松原和夫. 00治験同意取得のプロセスにおける看護職治験コーディネーターの有用性 アンケートによる治験参加決定要因の分析. 看護技術 48, 100-104, 2002.

 

7. 千葉薫, 宮崎勝巳, 板谷幸一, 佐藤誠二, 高橋保志, 松原和夫. 病棟業務により使用開始された院内特殊製剤に関するアンケート. 医療薬学 28, 41-46, 2002.

1. T. Uezono, W. Maruyama, K. Matsubara, M. Naoi, K. Shimizu, O. Saito, K. Ogawa, izukami,N.Hayase, and H. Shiono. Norharman, indoleamine-derived beta-carboline, but not Trp-P-2, a gamma-carboline, induces apoptotic cell death in human neuroblastoma SH-SY5Y cells. J Neural Transm 108, 943-953, 2001.

 

2. K. Aoyama, K. Matsubara, M.o Kondo, Y. Murakawa, M. Suno, K.Yamashita, S. Yamaguchi and S. Kobayashi. Incresed activity of nicotinamide-N-methyltansferase in cerebrospinal fluids of patients with Parkinson’s disease. Neurosci Lett 98, 943-953, 2001.

 

3. K. Shimizu, K. Ohtaki, K. Matsubara, K. Aoyama, T. Uezono, O. Saito, M. Suno, N. Hayase, K. Kimura and H. Shiono. Carrier mediated processes in blood-brain barrier penetration and neural uptake of paraquat: a microdialysis study. Brain Res 906, 135-142, 2001.

 

4. T. Uezono, K. Matsubara, K. Shimizu, H. Mizukami, K. Ogawa, O. Saitoa, N. Hayase, H. Eto, K. Kimura and H. Shiono. Glutamate is not involved in the MPP+ -induced dopamine overflow in the striatum of freely moving C57BL/6 mice. J Neural Transm 108, 899-908, 2001.

 

5. K. Matsubara, T. Senda, T. Uezono, T. Awaya, S. Ogawa, K. Chiba, K. Shimizu, N. Hayase and K. Kimura. L-Deprenyl prevents the cell hypoxia induced by dopaminergic neurotoxins, MPP+ and beta-carbolinium: A microdialysis study in rats. Neurosci Lett 302, 65-68, 2001.

 

6. 小川聡, 田中里佳, 大村美香, 三好敏之, 竹本功, 早勢伸正, 松原和夫. コーディネーターの介入により実施率の向上した治験の分析 被験者及び治験担当医師へのアンケートから. 日病薬誌 37, 1607-1616, 2001.

 

7. 早勢伸正, 村田あづみ, 岡本美樹, 吉田修子, 大滝康一, 高橋賢尚, 小川聡, 原千恵子, 板垣祐一, 山本久仁子, 三好敏之, 阿久津茂隆, 佐藤重政, 由井則之, 松原和夫. 外来患者を対象とした「薬の飲み方」に関する実態調査 服薬指導への活用. 日病薬誌 37, 33-35, 2001.

 

8. A. Storch, S. Ohta, Y-I. Hwang, R. Ortmann, A. Hein, S. Frenzel, K. Matsubara, M. A. Collins, S. Ohta. Selective dopaminergic neurotoxicity of isoquinoline derivatives related to Parkinson!s disease: Studies using heterologous expression systems of the dopamine transporter H-U. Wolff, J. Schwarzg Biochem Pharmacol 163, 909-920, 2001.

1. K. Aoyama, K. Matsubara, K. Okada, S. Fukushima, K. Shimizu, S. Yamaguchi, T. Uezono, M. Satomi, N. Hayase, S. Ohta, H. Shiono and S. Kobayashi. N-Methylation ability for azaheterocyclic amines is higher in Parkinson’s disease: nicotinamide loading test. J Neural Transm 107, 985-995, 2000.

 

2. K. Aoyama, K. Matsubara, Y. Hujikawa, Y. Nagahiro, K. Shimizu, N. Umegae, N. Hayase, H. Shiono, and S.Kobayashi. Nitration of manganese superoxide dismutase in cerebrospinal fluids is a marker for peroxynitrite mediated oxidative stress in neurodegenerative diseases. Ann Neurol 47, 524-527, 2000.

 

3. K. Shimizu, H. Shiono, K. Matsubara, T. Awaya, T. Takahashi, O. Saito, H. Mizukami, T. Uezono and H. K. Akutsu. Tissue distribution of lidocaine in acute death due to overdosing. Legal Med 2101-105, 2000.

 

4. K. Sango, W. Maruyama, K. Matsubara, P. Dostert, C. Minami, M, Kawai and M. Naoi. Enantio-selective occurence of (S)-tetrahydropapaveroline in human brain. Neurosci Lett 283, 224-226, 2000.

 

5. 早勢伸正, 小枝正吉, 粟屋敏雄, 原千恵子, 山下恭範, 山本久仁子, 板垣祐一, 松原和夫. 経皮吸収型硝酸テープ剤の副作用としての皮膚刺激性に有効性と経済性を考慮した製剤的評価-水分透過性と角質細胞剥離量の測定-. 病院薬学 26, 510-517, 2000.

 

6. 板垣祐一, 藤田育志, 小枝正吉, 山下恭範, 大滝康一, 山本久仁子, 三好敏之, 早勢伸正, 阿久津茂隆, 竹本功, 松原和夫. 服薬意欲のない視覚障害者に対する服薬指導-「視覚障害者用シール」を用いての試み-. 医薬ジャーナル 36, 754-757, 2000.

 

7. 千葉薫, 原千恵子, 高橋賢尚, 松原和夫, 瀬川澄子, 前本篤男, 高後裕. チーム医療における薬剤業務-大腸ポリペクトミーのクリティカルパス作成・導入への参画-. medical forum CHUGAI 4, 18-25, 2000.

1. M. Hasegawa, K. Matsubara, S. Fukushima1, C. Maseda, T. Uezono and K. Kimura. Stereoselective analyses and pharamcokinetics of selegiline metabolites: possible urinary markers for selegiline therapy. Forensic Sci Int 101, 95-106, 1999.
1. K. Matsubara, T. Senda, T. Uezono, S. Fukushima, S. Ohta, K. Igarashi, M. Naoi, Y. Yamashita, K. Ohtaki, N. Hayase, S. Akutsu and K. Kimura. Structural significance of azaheterocyclic amines related to Parkinson’s disease for dopamine transporter. Eur J Pharmacol 348, 77-84, 1998.

 

2. K. Matsubara, T. Gonda, H. Sawada, T. Uezono, Y. Kobayashi, T. Kawamura, K. Ohtaki, K. Kimura, A. Akaike. Endogenously occurring beta-Carboline induces parkinsonism in non-Primate animals: a possible causative pro-toxin in idiopathic Parkinson’s disease. J Neurochem 70, 727-735, 1998.

 

3. K. Shimizu, K. Matsubara, T. Uezono, K. Kimura and H. Shiono. Reduced dorsal hippocampal glutamate release significantly correlates with the spatial memory deficits produced by benzodiazepines and ethanol. Neuroscience 83, 701-706, 1998.

 

4. 竹本功, 粟屋敏雄, 山本久仁子, 原千恵子, 三好敏之, 渡辺博文, 早勢伸正, 阿久津茂隆, 松原和夫. 不良医薬品の回収とその手順. 医薬ジャーナル 34, 2880-2884, 1998.

 

5. 山下恭範, 大滝康一, 小枝正吉, 粟屋敏雄, 高橋賢尚, 吉田修子, 岡本美樹, 藤田育志, 千葉薫, 早勢伸正, 阿久津茂隆, 松原和夫. 旭川医科大学附属病院における多剤投与の現状. 北海道病院薬剤師会誌 55, 47-54, 1998.

 

6. 長谷川正紀, 間瀬田千香暁, 福島正充, 上園崇, 板垣祐一, 早勢伸正, 木村恒二郎, 松原和夫. セレギリン服用者と覚せい剤濫用者の識別-Triageによるスクリーニング試験の有用性. 法中毒雑誌 16, 200-206, 1998.
 

1. 大滝康一, 田崎嘉一. 9 消化器の病気とくすり 過敏性腸症候群 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点. 薬局増刊号 病気とくすり2020, 71(4):1397-1404, 2020.
 

1. 山田峻史, 田﨑嘉一. 第1部チーム医療への参画 §3・5 脳血管障害. スタンダード薬学シリーズⅡ-7 臨床薬学Ⅲ. チーム医療および地域の保健・医療・福祉への参画, 72-86, 2019.

 

2. 小野尚志. 第2章 肺がん Ⅰ.小細胞肺がん 18 シスプラチン+イリノテカン. がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版, 114-120, 2019.

 

1. 大滝康一, 田﨑嘉一. 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 マヴィレット® 配合錠. 医薬ジャーナル 54(5), 167-169, 2018.

 

2. 山本譲, 田﨑嘉一. 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 ジーンプラバ® 点滴静注625mg. 医薬ジャーナル 54(6), 167-168, 2018.

 

3. 安達知輝, 田﨑嘉一. 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 スピンラザ® 髄注12mg. 医薬ジャーナル 54(7), 167-169, 2018.

 

4. 近藤直樹, 寺元剛, 酒井隆浩, 鶴丸雅子, 水井貴詞, 黒田智, 石塚良子, 渡部一宏, 武田泰生, 田崎嘉一, 松原和夫(日本病院薬剤師会臨床研究推進委員会). 病院薬剤師における治験・臨床研究業務の実態と意識調査 第20回CRC養成研修会で実施したアンケート調査を通して. 日本病院薬剤師会雑誌 54(4), 358-365, 2018.

 

5. 近藤直樹, 寺元剛, 酒井隆浩, 水井貴詞, 鶴丸雅子, 黒田智, 石塚良子, 渡部一宏, 武田泰生, 田崎嘉一, 松原和夫. 医療機関の長の業務を担う臨床研究事務局の機能の現状と課題. 薬理と治療 46(suppl.2), S87-S89, 2018.

 

6. 福土将秀. 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン2018 臓器移植編 ⅡExecutive Summary. 金原出版, 2018.

 

7. 飯田慎也, 田崎嘉一. B骨・関節疾患、関節リウマチ 病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法IV(改訂第2版) . 日本医療薬学会編集 南江堂, 2018.

 

1. 大滝康一, 田﨑嘉一. B 消化器系疾患 過敏性腸症候群 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点. 薬局 増刊号 病気とくすり2017 67(8), 1392-1398, 2017.

 

2. 久保靖憲, 大滝康一, 田﨑嘉一. 薬剤師による処方設計 エコーガイド下経皮的肝生検術における予防抗菌薬に対する取り組み. 医薬ジャーナル 53(12), 2703-2707, 2017.

1. 田﨑嘉一. World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2015に参加して(学会報告). 日本病院薬剤師会雑誌 52(1), 67-68, 2016.

 

2. 大滝康一, 田﨑嘉一. B 消化器系疾患 過敏性腸症候群 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点. 薬局増刊号 病気とくすり2016, 67(4), 1260-1265, 2016.

 

3. 松原和夫, 池見泰明, 萱野勇一郎, 粟屋敏雄. 薬剤師業務と臨床検査 処方せんに検査値表示~地域におけるチーム医療に必要な患者情報の共有化. 日本薬剤師会雑誌 68(8), 1343-1347, 2016.

 

4. 松原和夫, 粟屋敏雄, 米澤淳. 特集 処方箋検査値トレーシングレポート活用術 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ-①京都大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例. 薬局 67(10), 2906-2912, 2016.

 

5. 大滝康一, 田﨑嘉一. 特集 処方箋検査値トレーシングレポート活用術 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ-②旭川医科大学病院でのトレーシングレポート活用事例. 薬局 67(10), 2914-2918, 2016.

 

6. 小枝正吉. 漢方勉強会を聴講して([シリーズ]第11回<事例紹介>漢方薬効かせ方の工夫 旭川医科大学. 漢方医薬学雑誌 24(2), 52-55, 2016.

1. 神山直也, 粟屋敏雄. 症例で身につくがん疼痛治療薬 第3章 鎮痛薬の種類 §1 非オピオイド治療薬 2.COX-2非選択性のNSAIDs. 羊土社, 77-80, 2014.

 

2. 松原和夫, 粟屋敏雄, 杉本充弘, 米澤淳. 【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の”見える化”. 薬局 65(8), 2214-2218, 2014.

 

3. 田﨑嘉一. 患者アウトカムの改善を通じて(巻頭言). 日本病院薬剤師会雑誌 50(11), 1277, 2014.

1. 田崎嘉一, 山本譲, 大村友博, 坂口智己, 木村周古, 大滝康一, 小野尚志, 須野学, 浅利優, 大久保知子, 野田敏宏, 粟屋敏雄, 清水惠子, 松原和夫. メロキシカムは,マウスパーキンソン病モデルにおいて,Aktシグナル維持により運動障害とドパミン神経変性を改善する. 北海道医学雑誌 88(1), 45, 2013.
1. 粟屋敏雄(編集), 大滝康一. 日本病院薬剤師会監修 ベッドサイドの臨床薬学 周術期の薬学管理. 4-7(1-1), 8-9(1-2), 10-11(1-3), 16-18(1-5), 19(1-6), 20-21(1-7), 112-114(2-7), 216-217(5-15), 218-219(5-16), 228(6-4), 229(6-5), 241(6-13), 南山堂, 東京, 2012.
 

2. 大村友博, 浅利優, 山本譲, 神山直也, 岡久美子, 保科千里, 間瀬田千香暁, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫. ゾニサミドによるHRD1の増加が,神経細胞SH-SY5Yにおける小胞体ストレス誘発細胞死とカスパーゼ-3の活性化を抑制する. 北海道医学雑誌 87(6), 251, 2012.

 

3. 浅利優, 大村友博, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 田﨑嘉一, 松原和夫, 清水惠子. プローブ3‘末端塩基配列の違いに基づいた一塩基多型の識別. 北海道医学雑誌 87(2-3), 67, 2012.

1. 大村友博・松原和夫/青山晃治(執筆協力). A 精神脳神経系疾患 3章 パーキンソン病, 日本医療薬学会,病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法Ⅱ 精神・脳神経系疾患/消化器疾患, 南江堂, 東京, 36-52, 2011.

 

2. 松原和夫. 【「参加型」実務実習はどう実践されたか】 病院実習の実際と今後に向けて 旭川医科大学病院における実務実習 患者を中心としてSBOsを達成. 薬事 53(1), 27-32, 2011.

 

3. 松原和夫. 特集 六年制薬学教育における1年目の長期実務実習を終えて ③病院の立場から. 日本病院薬剤師会雑誌 47(5), 528-530, 2011.

 

4. 松原和夫. 【実務実習をより良くするために】 日本病院薬剤師会の立場から. 医薬ジャーナル 47(5), 1422-1431, 2011.

 

5. 井上正朝. Close up 病院独自のプログラムでじっくり指導 薬剤師喘息外来. GSK pharmacist journal 33(7), 8-10, 2011.

1. 松原和夫. 医薬連携の一環としての薬薬連携-トレーシングレポートシステム-. Clinical Pharmacist 2, 132-135, 2010.

 

2. 小野尚志, 松原和夫. 患者への服薬指導の実際-薬剤師喘息外来. 薬事 5, 691-697, 2010.

 
3. 井上正朝, 松原和夫. 薬学的視点から配合剤を検証する-② 外用配合剤(吸入・点眼). 薬局 61, 3543-3547, 2010.

1. 三好敏之. 医療安全に対する薬剤師の役割(巻頭言). 北海道病院薬剤師会誌 76:5, 2009.
1. 松原和夫, 梅津典子. 患者の病態・病状把握のためには何が必要か 診療記録とその利用法(特集 病棟業務へのアプローチ-求められる資質とスキル). 薬事 50, 567-571, 2008.

 

2. 山田武宏, 綱川智之. 患者のことば. 調剤と情報, 2008.

 

3. 小野尚志, 松原和夫. 吸入療法-気管支喘息・COPD-吸入方法で知りたいこと. 薬局 59, 2377-2380, 2008.

 

4. 松原和夫, 梅津典子. 病棟業務へのアプローチ-求められる資質とスキル. 薬事 50, 567-571, 2008.

 

5. 大滝康一, 梅津典子, 麻下智加, 七田知美, 都築仁美, 石川祥子, 安達知輝, 井上正朝, 小野尚志, 山田武宏, 粟屋敏雄, 小川聡, 里見真知子, 野田敏宏, 田﨑嘉一, 板垣祐一, 八木真砂子, 田尾好正, 笠原直邦, 藤澤芳則, 松野和彦, 松原和夫. 薬薬連携-病院薬剤師が介在する保険調剤薬局からのトレーシングレポートシステムによる薬物療法の有効性・安全性への寄与. 医薬ジャーナル 44, 158-164, 2008.

1. 千葉薫, 松原和夫. その他の消化管疾患治療薬(潰瘍性大腸炎、膵炎治療薬、胆石溶解薬など) In: 病気と薬の説明ガイド2006, pp1127-1144, 南山堂,東京, 2006.

 

2. 松原和夫, 小枝正吉, 原千恵子, 千葉薫, 田崎嘉一. 入院時持参薬の安全管理に向けて 旭川医科大学病院の取り組み-ベッドサイドで行う持参薬チェックは医療の安全に寄与する. 薬事 48, 833-839, 2006.

 

3. 松原和夫, 大滝康一. 治療における最近の新薬の位置付け-新薬の広場-注射用抗菌薬. 医薬ジャーナル 42, 347-353, 2006.

 

4. 松原和夫. 睡眠薬のomega1受容体に対する作用. 医事新報 d4265, 98-99, 2006.

 

5. 大滝康一. 患者のことば2 かかりつけ薬局を大切に. 調剤と情報 12, 1129-1132, 2006.

1. 松原和夫, 板垣祐一, 小枝正吉, 笠原直邦, 田崎嘉一. 患者のQOL向上と薬剤師の関わり 医薬分業の実践-サテライトファーマシーにおける業務-. 医薬ジャーナル 41, 1241-1248, 2005.

 

2. 松原和夫,小野尚志,藤丸サヤカ,森田真由美. COPD 医療スタッフからの提言 薬剤師に求められる気管支拡張薬の吸入指導. COPD FRONTIER 4, 340-346, 2005.

 

3. 小野尚志, 松原和夫. 血栓塞栓症のハイリスク患者への抗凝固療法指導 In: 疾患別薬剤管理指導ハンドブック2(日本病院薬剤師会編), エルゼビアジャパン, 東京, pp152-155, 2005.

1.早勢伸正, 松原和夫. 米国の薬剤師教育と6年制教育を考える 米国における薬剤師教育. 医薬ジャーナル 40, 1691-1696, 2004.

 

2. 松原和夫, 田崎嘉一. 治験の現状と今後の方向. 旭川医科大学研究フォーラム 5, 44-48, 2004.

 

3. 笠原直邦, 須野学, 山下恭範, 原千恵子, 大滝康一, 粟屋敏雄, 千葉薫, 松原和夫. リスクマネジメントを視野に入れた「混注センター」の開設. 医薬ジャーナル 40, 142-149, 2004.

 

4. 松原和夫, 高橋賢尚. 潰瘍性大腸炎 In: 疾患別薬剤管理指導ハンドブック(日本病院薬剤師会編) pp100-101, エルゼビアジャパン, 東京, 2004.

 

5. 松原和夫. 薬物濃度 In: 検査値を読む(内科増大号) pp1473-1475, 南江堂, 東京, 2004.

 

6. 早勢伸正, 松原和夫. 肺結核 In: プログラム学習による処方解析学(井関健, 岩川精吾, 岡野善郎, 片岡泰文, 上能伊公雄, 松山賢治, 山田安彦編) pp 174-179, 廣川書店, 東京, 2004.

1. 松原和夫, 大滝康一. 最近の新薬を治療にどう活かすか 催眠・鎮静薬. 医薬ジャーナル 37, 33-35, 2003.

 

2. 松原和夫. こうして連携してます!-薬剤師の活躍する病院.ナーシング・トゥデイ 18, 131-133, 2003.

 

3. 松原和夫. パーキンソン病の発症に関与する因子. 旭川医科大学研究フォーラム 14, 4-14 , 2003.

 

4. 須野 学, 早勢伸正, 松原和夫. 最新の治療ガイドライン 高脂血症・動脈硬化症 北海道薬剤師会雑誌 20, 2-6, 2003.

 

5. 松原和夫. 院内で広がる薬剤師職能 薬剤業務の新たな課題: サテライトファーマシーにおける薬剤業務の展開. 薬事 45, 51-56, 2003.

1. 堀田広一郎, 糟谷史代, 五十嵐一雄, 清水恵子, 松原和夫. in vivoマイクロダイアリシス法を用いた薬毒物の脳内輸送測定. 法中毒, 20, 206-207, 2002.

 

2. 松原和夫. 院内での薬剤師の活動 薬剤師業務とリスクマネジメント 大学病院・地域中核病院薬剤部における取り組み. 医薬ジャーナル 38, 1783-1790, 2002.

 
3. 松原和夫. 脳・神経疾患. In: 薬物療法:看護のための最新医学講座28巻 (安原直人編, 日野原重明・井村裕夫監修), pp90-108 and 付録pp2-11, 中山書店, 東京, 2002.

1. 笠原直邦, 早勢伸正, 松原和夫. サテライト・ファーマシーがつなぐ薬剤師の夢. 日本病院薬剤師会誌 37, 579-582, 2001.

 
2. 松原和夫, 清水恵子. 再び注目される農薬の神経毒性-パラコート中枢毒性発現における神経化学的機序. 法中毒 19, 116-119, 2001.

1. 松原和夫, 青山晃治, 板垣祐一, 粟屋敏雄, 藤田育志. パーキンソン病とパーキンソニズム-薬物療法とその問題点-. 北海道病院薬剤師会誌 69, 41-54, 2000.

 
2. K. Matsubara, N-Methyl-s-carbolinium neurotoxins in Parkinson’s disease. In: NEROTOXINS IN PARKINSON’S DISEASE. (A. Storch and M.A. Collins eds) pp131-143, Plenuum, New York 2000.

1. 松原和夫, 清水恵子, 板垣祐一, 笠原直邦, 千葉薫, 塩野寛. ベンゾジアゼピンによる前向性健忘症は海馬グルタミン酸伝達の低下によって生じる. 最新医学 53, 2123-2130, 1998.

 

2. 松原和夫. 代謝的活性化と神経毒性:パーキンソン病発症原因物質の探索. 日法医誌 52, 301-305, 1998.

 

3. Y. Kobayashi, K. Hattori, K. Matsubara, T. Gonda, Y. Tanabe, A. Ago and H. Okunishi, “Effects of chronic administration of nicotine on stress-induced changes in rats. In: Advances in Comparative Endocrinology, Proceeding of the XIIIth International Congress of Comaprative Endocrinology (eds. S. Kawashima and S. Kikuyama) pp1045-1049, Bologna, Italy, 1998.

 

4. M. Naoi, W. Maruyama, K. Matsubara, “Analysis of endogenous neurotoxins, salsolinol derivatives, in human materials for the study on pathogenesis of neurodegenerative disorders. In: Progress in HPLC-HPCE, Volume 7; Neurochemical Markers of Degenerative Nervous Diseases and Drug Addiction (Eds. Qureshi AG, Parvez H, Caudy P, Parvez S.), P. Parvez and P. Tipton, pp413-460, VSP, Utrecht-Tokyo,d 1998.

1. 新田悠一朗, 仲谷彰規, 西井智成, 岩山訓典, 加藤千晴, 髙橋芳子, 清水知沙, 鎌仲知美, 鈴木玲奈, 尾崎靖子, 小野尚志, 山下恭範, 鳥本悦宏, 中馬真幸, 田﨑嘉一. ペルツズマブ併用療法に対する前投薬のinfusion reaction予防に対する効果の後方視的検討. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会, 2021.

 

2. Yamamoto J, Omura T, Kasamo S, Yamamoto S, Kawata M, Yonezawa A, Taruno Y, Endo H, Aizawa H, Sawamoto N, Matsubara K, Takahashi R, Tasaki Y. Polymorphism of catechol-O-methyltransferase changes plasma concentration of L-dopa and 3-O-methyldopa. The 15th International Conference on Alzheimer’s & Parkinson’s Diseases(AD/PD 2021), 2021.

 

1. Yoshikazu Tasaki, Recent Progress and Future Perspective of Hospital Pharmacists in Japan. The 30th Annual Meeting of the Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences, International synposium, 2020.

 

2. 眞鍋貴行, 大久保知子, 岩山訓典, 山本譲, 田﨑嘉一. メロキシカムのMPP+誘導性神経細胞死抑制に関与する分子の探索. 第140回日本薬学会年会, 2020.

 

3. 久保靖憲, 山本譲, 山本香緒里, 大滝康一, 山下恭範, 小野尚志, 田﨑嘉一. ケタミン親水軟膏による癌化学療法の末梢神経障害に対する疼痛緩和作用. 第30回日本医療薬学会年会, 2020.

 

4. 坂口智己, 小林直貴, 谷香苗, 小竹斗志之, 松浦泰寛, 山下恭範, 小野尚志, 山田峻史, 田﨑嘉一. ダブラフェニブ,トラメチニブによる発熱,CK上昇は既存報告より高頻度で起こる可能性がある. 第30回日本医療薬学会年会, 2020.

 

5. 神山直也, 竹原有史, 眞鍋貴行, 神保静夫, 田﨑嘉一, 松本成史. アカデミアが主体となって行う治験薬製造における製造専用医薬品の購入. 第41回日本臨床薬理学会, 2020.

 

1. 大滝 康一. 2014年度日本薬学会北海道支部 医療薬学貢献賞. 「病棟常駐薬剤師による薬学的介入による診療参画」

 

2. 都築 仁美. 第8回旭川薬剤師会・旭川病院薬剤師会合同会員研究発表会 奨励賞. 「病棟薬剤師は、DI業務をどう変えたか」

 

3. 久保 靖憲. 2014年度日本神経精神薬理学会優秀論文賞. 「Enhanced Depressive-like Behaviors after Toll-like Receptor 7 Stimulation in Mice」

 

4. 鈴木 智之. 第10回旭川薬剤師会・旭川病院薬剤師会合同会員研究発表会 奨励賞. 「院内製剤の品質確保を目的とした各種軟膏容器の比較検討」

 

5. 久保 靖憲. 第10回旭川薬剤師会・病院薬剤師会合同会員研究発表会 ベスト質問賞.

 

6. 増子 ひとみ. 第11回旭川薬剤師会・旭川病院薬剤師会合同会員研究発表会 奨励賞. 「抗がん剤調製時におけるDrug Vial Optimization実施の試み」

 

7. 吉田 光一. 第28回日本緑内障学会優秀学術展示賞(平成29年).「線維柱帯細胞の水流刺激による細胞外マトリックス発現変化の検討」

 

8. 岩山 訓典.2019年度日本医療薬学会 論文賞. 「テルミサルタン錠との一包化によりアスピリン腸溶錠は成分量および溶出率が低下する配合変化を起こす」

 

9. 武田 怜. 令和2年度旭川薬剤師会・病院薬剤師会合同フォーラム優秀演題賞. 「旭川医科大学病院における院内フォーミュラリー構築と経済効果~バイオ医薬品を中心に~」