国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ≫ ニュース/トピックス
生体腎移植10例達成のご報告
2020年09月30日

前列左から:松野特任教授、古川病院長、東教授、柿崎教授
概要を説明する古川病院長

 旭川医科大学病院(以下「本院」といいます。)では、9月28日(月)「生体腎移植10例達成のご報告」と題した記者会見を行いました。主な内容は以下のとおりです。

 本院では、令和元年9月30日に1例目となる生体腎移植を実施し、現在までに10例の生体腎移植を実施してきました。
 生体ドナー(臓器提供者)につきましては、年齢は平均60歳で、レシピエント(移植患者)との関係は母親や妻など女性が大部分でした。全員、左の腎臓を提供され、鏡視下手術で腎臓を摘出しました。全員、大きな合併症もなく、術後平均8.1日で無事退院しております。
 移植を受けたレシピエントにつきましては、年齢は平均47歳で、男性が多く、腎硬化症や糖尿病を中心とする疾患から腎不全となり移植に至った患者さんでした。術後は、尿路感染、ウイルス感染などの合併症はありましたが、拒絶反応はなく、術後平均19.5日で全員無事退院しております。
 本院としては、これからも積極的に腎移植を行っていく予定ですが、本年5月に脳死・心停止からの腎移植施設としても認定されており、さらに多くの方々に腎移植の恩恵を受けていただけるよう努力したいと思います。また、今回の10名の患者さんはいずれも旭川市内からの紹介でしたが、これから道東・道北地域の人たちにも、腎移植を提供できればと思っております。

旭川医科大学病院事務部経営企画課

 このページのトップへ
 
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)