国立大学法人 旭川医科大学病院

病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ≫ ニュース/トピックス
「看護の日・看護週間」看護の日フェアを開催しました
平成30年05月16日

看護体験・4階東病棟
看護体験・8階東病棟
看護体験・9階東病棟
病院玄関で記念撮影
5/7〜5/11(看護週間)ポスター展を開催
ゴスペルグループによる歌の夕べ

 旭川医科大学病院では、今年も看護部主催による「看護の日・看護週間」※のイベントを行いました。

 5月10日(木)、「ふれあい看護体験」には、旭川市内の28人の高校生が参加しました。白衣に着替えた後、担当する病棟に分かれ、緊張した面持ちで看護師と一緒に看護体験を行いました。
 夕方からはゴスペルグループ「The soul expression(ザ ソウル エクスプレッション)」による歌の夕べを開催しました。外来や入院中の患者さん、教職員が観客となり、大きく手を振ったり、一緒に口ずさんだり楽しい時間を過ごしました。
 たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

※看護の日・看護週間とは。

 毎年5月12日(フローレンス・ナイチンゲールの誕生日)は看護の日。そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。
 「看護の日」制定の趣旨:21世紀の高齢社会をささえていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、広く国民が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、国は1990年にフローレンス・ナイチンゲールの誕生日の5月12日を「看護の日」に制定しました。

旭川医科大学総務部企画広報評価課

 このページのトップへ
 
 
当サイト内ページの一部及び、ファイル閲覧の際には下記プラグインが必要となります。お使いのパソコンで閲覧ができない場合は、各サイトからダウンロードしてご利用ください。

Macromedia Flash
トップページのFLASH画像が閲覧できない場合は、ダウンロードしてご覧ください。


Adobe Reader
サイト内にある申込書などのPDFファイルが閲覧できない場合は、ダウンロードしてご利用ください。