Tasaki Yoshikazu

薬剤部長・教授 田﨑 嘉一
Tasaki Yoshikazu

旭川医科大学病院薬剤部では、患者さんに最適な薬物療法を提供するために、様々な先進的業務を行っています。これまでに、国立大学病院初(1999年)の病棟常駐薬剤師配置を行っていますが、現在では多くの病棟に薬剤師を常駐させ、より患者さんに近いところで薬物療法を見守っています。それ以外にも、病床数あたり日本最大規模の数の輸液の無菌調製を薬剤部で行い、また、抗がん剤の鑑査・調整も、全日24時間体制で行って薬物療法の安全性を高めています。このような取り組みにより、患者さんの薬に関わることに責任を持ち、副作用を未然に防ぐことに貢献しています。また全国的にも数少ない先進的業務により、他の医療スタッフの負担も軽減し、それぞれの職種の業務に専念できる環境を提供しています。さらに、大学病院として患者さんから信頼される薬剤師の教育にも力を入れています。当院の薬剤師には、基本的業務に加えて常に変化していく薬剤師業務にも対応できる能力を身につけてもらっています。またキャリアアップを考えている部員には、学会発表や論文投稿、専門薬剤師や学位の取得も奨励・援助しています。ここで学んだ薬剤師が、未来の医療を支える人材になって活躍してくれることを願ってやみません。このように私達は、薬剤師の専門性を生かし、変化を続けている医療へ様々な形で貢献ができるよう、これからも努力を続けて参ります。

【専門分野】 神経科学、医療薬剤学

【学会、所属団体(委員等)】 日本薬学会(代議員)日本医療薬学会(代議員)日本臨床薬理学会、世界薬学連合(FIP)、日本臨床腫瘍薬学会(顧問)、日本病院薬剤師会(国際交流委員会副委員長、広報出版部部員)、北海道病院薬剤師会(相談役)、旭川病院薬剤師会(顧問)、日本薬剤師会、旭川薬剤師会(顧問)

【認定資格】 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師、 日本臨床薬理学会 指導薬剤師

講師・副薬剤部長

Chuma Masayuki

中馬 真幸
Chuma Masayuki

臨床に軸足を置いた研究、教育および業務の推進を志しています。担当する研究・教育では、感染症や急性期医療における薬物治療の発展を目指して臨床薬理学研究に注力しています。また、大学病院の薬剤師として現在の患者さんを支える最適な医療の提供だけではなく、未来の患者さんを救う医療薬学研究やその礎となる教育の充実を図りたいと考えています。薬剤師としての成長やキャリアアップを目指す方、是非一緒に働きましょう。

【専門分野】臨床薬理学、医療薬学

【所属学会 (委員等)】日本薬学会、日本医療薬学会、日本化学療法学会 (評議委員、抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会委員、抗菌薬TDMガイドライン作成委員会委員)、日本臨床救急医学会 (救急認定薬剤師認定委員会委員)、日本集中治療医学会、日本TDM学会、日本腎臓病薬物療法学会

【認定資格】日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師、ICD (インフェクション・コントロール・ドクター)

副薬剤部長

Ono Takashi

小野 尚志
Ono Takashi

生まれも育ちも北海道です。大自然に囲まれていますがそこそこ便利、通勤は10分の環境がとても気に入っています。業務の担当は製剤・無菌調製と薬務・DIです。若手の良き相談相手となるために日々奮闘中です。マニュアルやネットに答えが載っていない課題に対して、自ら考え行動する薬剤師を育成したいと考えています。やりたいことが決まっている人も、これから探す人も、私たちと一緒に働いてみませんか。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師


Yamashita Yasunori

山下 恭範
Yamashita Yasunori

当院では、入院患者様に対し、持参薬の確認、服薬指導をはじめ、チーム医療において薬剤の専門家として幅広く薬物療法に関与しており、多職種と協力して患者様の治療にあたっています。また、新人薬剤師も積極的に病棟業務にかかわれるよう教育を行っています。今後も、医療の質の向上及び医療安全の確保の観点から、病院全体の質の向上に貢献できるような薬剤師を目標に活動・薬剤師教育を行っていきたいと考えています。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師、日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士(薬剤師)


Koeda Masayoshi

小枝 正吉
Koeda Masayoshi

私は糖尿病療養指導士として糖尿病教室で講義を担当しています。担当メンバーは、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・検査技師・栄養士です。ぜひ1度見学に来て下さい。担当病棟は、糖尿病・膠原病・脳神経・消化器内科、脳神経外科の7階東です。昼のカンファレンスには、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーも参加し、他職種による自立に向けたチームカンファレンスを行っています。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師、日本糖尿病療法指導士認定機構 糖尿病療養指導士(薬剤師)

主任薬剤師

Adachi Tomoki

安達 知輝
Adachi Tomoki

私はこれまでに、調剤、注射払出、治験、薬務、薬品情報部門を経験し、現在は精神科病棟の病棟常駐薬剤師として、精神疾患治療における薬物療法に携わっています。また、システム担当として、病院情報(電子カルテ)システムと薬剤部門システムとの連携を図り、薬剤業務の支援・効率化のため、機器の導入や調整にも携わっています。
当ホームページ部案内に掲載されているように、薬剤部には様々な部門があり、幅広い業務を経験することができます。認定・専門資格についても認定施設であるため、資格も取りやすく、研究できる環境もあります。薬剤師としてよりスキルアップできる環境がある病院です。この旭川医科大学病院薬剤部で、一緒に働いてみませんか。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本臨床薬理学会 認定CRC(薬剤師)


Yamamoto Kaori

山本 香緒里
Yamamoto Kaori

麻薬管理・注射剤払出業務を担当しています。麻薬や注射剤を取扱っていますが、どちらも使用方法を誤ると重大な事故につながるため、細心の注意をはかり、薬物治療の安全性向上に努めています。また、緩和ケアチームに参加し、がん性疼痛の患者さん等に対する医療用麻薬の適正使用に関わっています。さらに、旭川医大には復職・子育て・介護を支援する二輪草センターという組織があり、二輪草プラン推進委員を務めております。旭川医大は院内保育園もあり、育児や介護中の職員をサポートする体制が充実しています。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師


Yamamoto Jo

山本 譲
Yamamoto Jo

臓器移植は通常の治療と異なり臓器の提供をする人、受ける人の両方がいて初めて行うことが出来る医療です。また、複数の免疫抑制剤・抗菌薬・抗真菌薬などを組み合わせて使用することが多く、複雑な薬物間相互作用を考慮する必要があります。そのため薬剤師が職能を発揮出来る場面が多々あります。当院では肝移植、腎移植を行っており、主に移植外科病棟専任薬剤師が薬物療法に積極的に参画しており、円滑な移植医療に貢献しています。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 感染制御認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師


Iida Shinya

飯田 慎也
Iida Shinya

現在、医療安全管理部に専従薬剤師として所属しています。医療技術の高度化・多様化、医薬分業の進展などを背景に薬剤師の業務が質的・量的に大きく変わり、チーム医療における薬のセーフティーマネージャーとして薬剤師の責任はますます重くなっています。医薬品適正使用の推進、適正な医薬品の保管管理等をはじめとし、病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務等を通じて患者さんにより近い場所で薬のスペシャリストとして職能を発揮することが期待されています。さらには薬剤部での業務を超えて、所属施設全体の医療安全の向上に携わっていくことが求められています。より安全で質の高い医療を提供できるよう日々業務に当たっています。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師


Tsuzuki Hitomi

都築 仁美
Tsuzuki Hitomi

現在は小児科病棟を担当しています。小児では、使用できる薬剤が限られており、年齢や体重に応じて投与量も異なるため、非常に注意が必要です。また、服薬方法にも工夫が必要な場合があります。患児や保護者の方に寄り添いながら、医師や看護師と共に安全により良い薬物療法を提供できるよう、今後も自己研鑽していきたいと思います。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 感染制御認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Yamada Takeshi

山田 峻史
Yamada Takeshi

ICU常駐薬剤師として薬物療法に携わっています。ICUでは、腎・肝機能の変化、循環動態の変動による薬物体内動態の変化、血液浄化療法の有無に応じて、患者さん個々の薬剤の投与量調節を行う必要があります。また、一般病棟に比べ、状態変化のスピードが速いため、迅速な判断が求められますが、医師・看護師と共に患者さんの安心・安全な薬物治療に繋がるよう、業務にあたっています。
【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本DMAT隊員


Inoue Masatomo

井上 正朝
Inoue Masatomo

大学病院では臨床、研究、教育の3本柱で皆取り組んでいます。人それぞれ配分は異なりますが、自己実現を目指し頑張っています。私は主に心臓・血管・呼吸器外科混合病棟の常駐薬剤師、HIV/AIDSブロック拠点病院担当薬剤師として働いています。ジェネラルな疾患の経験から大学病院ならではの稀少疾患など幅広い症例を経験できる貴重な施設です。また、道北圏の中核を担っており、地域医療・地域連携についても実践することが可能です。皆さんの若きパワーを旭川医科大学病院でぶつけてみませんか。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師


Kubo Yasunori

久保 靖憲
Kubo Yasunori

医食同源という言葉があるように、医療と食事(栄養)というのは密接に関わっています。栄養状態が悪くなることで傷の回復が遅れたり、感染に対する免疫が正しく働かなくなることがあります。栄養サポートチームは、回復力の向上や免疫が正しく働くように栄養状態を改善させることを目的に活動しています。栄養というのは劇的な変化が見えづらい分野ですが、適切な医療を支える根幹の一つです。そこにほぼ全ての医療職が関わって患者さんが元の生活に戻れるようサポートをしております。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師、日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士(薬剤師)


Terakawa Hirokazu

寺川 央一
Terakawa Hirokazu

4名の薬剤師がインフェクションコントロールチーム(ICT)・抗菌薬適正使用支援チーム(AST)等のメンバーとして活動しています。院内感染対策活動の中で、薬剤師は主に 1)特定抗菌薬・要モニタ薬使用状況の管理、2)各種カンファレンス・ラウンドへの参画、および 3)病院感染対策マニュアル作成(抗菌薬・消毒薬分野)協力等を行います。いずれの活動も、医師・歯科医師・看護師・臨床検査技師・事務職員などの多職種のメンバーと協働で活動を行っています。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 感染制御認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療情報学会 医療情報技師(薬剤師)上級を含む


Tani Kanae

谷 香苗
Tani Kanae

私は主に心臓・血管・呼吸器外科混合病棟の常駐薬剤師として働いています。当病棟では血液透析患者さんや心疾患で循環動態が安定していない患者さんが多いため、日々変化する患者さんの状態に応じて薬物の投与量を調節する必要があります。適切な投与量、薬剤選択など、薬剤師としての専門性を発揮しつつ、病棟の他職種の方と協力して患者さんにより良い治療を提供できるよう日々の業務に取り組んでいます。

【認定資格】 日本臨床薬理学会 認定CRC(薬剤師)、日本小児臨床薬理学会/日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師


Shinden Yu-ichirou

新田 悠一朗
Shinden Yu-ichirou

がん治療に関わる認定薬剤師の仕事は治療を受ける患者のみではなく、治療方針を決定する医師、患者の意思決定を支援する看護師、調剤を行う薬剤師、栄養管理に関わる栄養士などがん化学療法に関わる全ての人を幸せにすることです。そのためには患者状態のアセスメント能力や他職種と患者をつなぐ行動力などが求められます。私自身は認定薬剤師になれるとはじめは思ってもみませんでしたが、困ったとき、アセスメントを行ったがアプローチがわからないときに相談できる環境もあり、認定を取得することができました。近年治療薬も増えており使用する条件が複雑化するがん化学療法において果たす役割は大きくなっていると感じています。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 がん薬物療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師


Kandou Masatoshi

寒藤 雅俊
Kandou Masatoshi

現在は10階東病棟(脳神経外科、放射線科)を主に担当しています。意識のない患者も多く、簡易懸濁の可否や代替薬などを医師と相談しながら医療を進めたりなど色々と貴重な経験をさせていただいています。まだまだ至らないことが多く、日々研鑽を重ねていきたいと思います。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師

薬剤師

Yoshida Kouichi

吉田 光一
Yoshida Kouichi

セントラル部門にて処方せんによる調剤を主な業務としております。調剤室では患者様が安全かつ適切な薬物治療を受けられるよう錠剤自動分包機 (Ci-4001)、錠剤一包化監査装置(MDM)、散剤自動分包機、散剤監査システムおよび自動調剤棚(mille)を導入し、ヒューマンエラーを最小限にして調剤を行っています。また、病棟薬剤師と連携しながら病棟業務の支援も行っております。
【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Sakuraba Kousuke

櫻庭 好祐
Sakuraba Kousuke

救命救急病棟(ER)は緊急入院の患者さんを24時間体制で受け入れている病棟です。大学病院の特性上、基本的に長期入院はできず、他病棟への転棟や転院などですぐにERを離れてしまい、最後まで患者さんに関わることがなかなかできず苦悩する毎日ですが、内科・外科問わず色々なエピソードを抱えて入院される患者さんと関わってゆくことで、様々なことを学びつつ、その経験・知識を患者さんやスタッフ達に少しでも還元できるよう努めています。


Iwayama Momoka

岩山 百華
Iwayama Momoka

現在育児休暇中。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Ukawa Ruriko

新田 瑠璃子
Shinden Ruriko

入職してから、調剤室(2年半)、注射剤室(1年、GCUと兼務)を経験し、現在整形外科病棟に常駐しており、当薬剤部はさまざまな部署を経験出来るかと思います。新人とはいえなくなった現在でも、困った時は専門知識をもった各先輩方に気軽に質問できるような環境で、周りの方々に支えて頂きながら働いています。そもそも旭川にはゆかりがありませんでしたが、あたたかい人も多く、意外と住みやすいですよ。
【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Sakaguti Tomoki

坂口 智己
Sakaguti Tomoki

薬剤部では、適正な薬物治療の要(gate keeper)として、様々な先進的業務に取り組んでおります。例えば、ハイリスク注射薬の払い出しは、必ず薬剤師による監査が行われるシステムを導入しています。内服薬の調剤においては、腎機能に応じた投与量、小児用量の妥当性等を評価し、調剤を実施しています。さらに、病棟薬剤業務においては、病棟医師、看護師と連携し、薬学的視点に基づいた薬物療法の提案等を行っております。今後、さらに幅広く薬剤関連業務のgate keeperとして寄与できるよう、微力ながら専心努力していく所存です。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Ishikawa Ryo-ta

石川 良太
Ishikawa Ryo-ta

6階西病棟で消化器内科について担当しています。胃や大腸をはじめ、様々な臓器疾患に関わる治療が行われており、薬物治療も術前薬や化学療法など様々です。患者様が安心して治療に専念できるような指導を行うことを意識しています。必要となる知識が幅広いため、自身の努力はもちろんのこと、職場の先輩や病棟の他職種の方との協力、連携も大切なことと思っています。


Kotake Toshiyuki

小竹 斗志之
Kotake Toshiyuki

整形外科病棟の担当です。日頃手術や検査、化学療法等で様々な患者が入院してきます。病棟での薬剤師業務は持参薬鑑別、服薬指導、処方提案・入力支援、化学療法レジメンチェック、TDM解析、術前中止薬剤の確認、地域連携クリニカルパス作成等多岐にわたります。まだまだ力不足で学ぶことも多い身ですが、他職種としっかり連携を取り、自分の知識や経験を生かしつつ、患者さんに安全に薬を使用してもらえるよう日々努力しています。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Kobayashi Naoki

小林 直貴
Kobayashi Naoki

現在、腎泌尿器外科、皮膚科の病棟を担当しています。手術を行う患者さん、内服、外用薬で治療する患者さん、様々な疾患の患者さんが入院してくるため、悪戦苦闘の毎日です。まだまだ未熟ですが知識を深めていく努力が重要だと意識して業務に取り組んでいます。また病棟では薬剤師は一人で業務を行っているため医師、看護師などの他職種とのコミュニケーションが非常に重要になります。知識だけでなく様々な面から業務に活かせるよう日々精進していきたいです。


Sugaya Kaori

菅谷 香緒里
Sugaya Kaori

5階東病棟(女性医学科・乳腺外科・口腔外科・耳鼻咽喉科)の専任薬剤師として日々業務を行っています。手術・化学療法・放射線療法など入院目的は様々な患者様に対し、薬剤師という立場から使用薬剤の説明や処方提案など治療に関わらせて頂いています。未熟な点は多々ございますが、病棟に薬剤師がいて良かったと思って頂けるように自己研鑽を惜しまず努力していきたいと思います。
【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Nakaya Akinori

仲谷 彰規
Nakaya Akinori

医療の現場で求められることは日々変化していきます。その中でも現在注目されている一つとして外来化学療法があります。医師、看護師といった他職種と連携をとりながら患者さんが不安なく治療を続けていけるような環境作りをこころがけています。患者さんの身の回りで起こることは薬剤の副作用だけではないため業務を行いながら日々新しいことに気付くことができます。
【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師


Matsuura Yasuhiro

松浦 泰寛
Matsuura Yasuhiro

薬剤師は自分がその病気を経験した訳でもなく、その薬を使った経験があるわけでもないのに関わらず、患者さんにご説明・ご指導する、という特殊な職業です。それを可能にしているのは、何より患者さん自身に教えていただいているから、ということになります。実際に患者さんに使用された医薬品の有効性、副作用の発現率、その程度や期間などといった情報はデータ化され、それを我々医療人が吸収・発信することで、より良い医療の実現を目指しています。例え直接お会いしていなくても、一つひとつの業務の先に患者さんがいることを意識し、専門性の礎となる基礎の土台を作るため日々尽力しています。


Matsuzaka Tomonori

松坂 知憲
Matsuzaka Tomonori

世の中には出回っていない薬剤でも必要としている患者さんがいます。製剤室はそのような薬剤を院内の承認を経て作成している部署です。院内製剤は当院の薬剤師の手作りになりますので、製剤に関わる薬剤師として同じ品質のものを用途に合わせた水準の清潔さで的確に作ることを目指しております。


Ichikawa Takuya

市川 拓哉
Ichikawa Takuya

現在、薬品情報室にて日々業務に励んでいます。薬品情報室は他職種からの薬に関する問い合わせや薬の欠品に対する対応、薬事委員会等様々な業務を行っています。これらの業務は仕事の成果や貢献が直接目に見えることはなかなかありません。しかし、医療従事者が適切に薬を使用し、患者さんに安全な薬物治療を行ってもらうために重要な業務だと感じています。


Ueno Yu-ta

上野 裕大
Ueno Yu-ta

現在は、調剤で触れている一つ一つの医薬品が患者さんの健康被害を及ぼさないよう「ミスがない」薬剤師を目指して真剣に取り組んでいきます。基礎的な業務を先輩方からご指導をいただいていますが、展望として薬物治療を担うプロフェッショナルになれるよう、日々の勉強をコツコツと積み重ねていきたいと考えています。


Sugano Ryo-ta

菅野 諒太
Sugano Ryo-ta

薬剤師歴2年目、現在は注射在室に配属され、主に病棟・外来部門へ注射剤の払出しを行っております。注射在室には温度管理が重要な薬剤や高額で過剰在庫を避けたい薬剤など、在庫管理は容易ではありません。その代表例として抗体製剤があり、最近では様々な種類の抗体製剤が登場し、治療の流行を間近で勉強することができます。また、即効性が期待できる注射剤はどの病棟の患者さんにも広く使用されています。将来、病棟専任薬剤師を目指す方は注射剤のスキルを毎日の鑑査業務で培うことができます。大学や薬局ではなかなか学べないものが注射在室にあります。


Takeda Rei

武田 怜
Takeda Rei

あくまで個人的な考えですが、薬剤師の仕事の本質は「薬を使って患者の治療を行うこと」以上に「誤った薬の使い方がされていないかチェックすること」にあると思っています。まだまだ学ばなければならないことは尽きず、生涯を費やしてもそのような「医薬品安全管理の第一人者」と呼べるほどの人間になれるかは分かりませんが、日々の経験の全てを糧にして、少しでも目標の薬剤師像へ近づけるよう邁進したいと思います。


Nishii Tomonari

西井 智成
Nishii Tomonari

現在、製剤室、混注センター、外来化学療法センターに配属されています。主に患者個人に適切な抗がん剤が安全に投与されるかチェックし、調製を行っています。医師、看護師とも連携して仕事をする場面も多く、他職種と連携して、患者個人に適した治療を提案できるように日々自己研鑽に励んで行きたいと思っています。


Nitta Yu-ki

新田 侑生
Nitta Yu-ki


近年の薬物治療は、様々な新薬の発売や既存薬の適応拡大などにより非常に複雑になっています。したがって、すべての患者の適切な処方設計や服薬管理を医師のみで行うことは容易ではないため、薬の専門家である薬剤師との連携が必要であるといわれています。しかしながら、多職種連携はお互いの技能や知識への信頼なしには成し得ません。そのため、私は薬剤師として幅広い技能や知識を習得し、他の医療従事者からの信頼を得て、協力して患者さんの薬物治療を行っていけるような薬剤師になりたいと考えております。


Inoue Yu-ki

井上 裕葵
Inoue Yu-ki


薬剤師を取り巻く環境は変化しています。そのような状況の中、これからを担う薬剤師の一人として認めてもらうには何が必要なのかを考え、行動していくことが重要だと感じています。当院には、薬剤師として十分に学べる環境があり、また尊敬できる先輩方が居ます。この環境の下で、自分自身を磨き、患者のより良い薬物治療に自発的に貢献していける薬剤師を目指していきたいと考えています。そのために、日々の業務から得られる疑問や気付きを大切にし、それを自分の糧に出来るような努力を重ねていく所存です。


Inomata Maya

猪俣 茉耶
Inomata Maya


薬は用量を間違えれば毒になってしまうこともあります。薬剤師の任務は患者さんに安全に薬を飲んでもらえるように薬を管理することであり、患者さんのことを知らなければなりません。そのためには情報収集し、なぜこの治療をしているのかを考え、生じた疑問を解決しながら日々の業務に取り組んでいくことが大切だと思います。旭川医科大学病院は病院薬剤師として学ぶのに恵まれた環境ですので、まずはジェネラリストとして、患者さんが安心して治療を受けられる支援をしていけるよう奮闘していきたいと思っております。


Taya Ryo-suke

田屋 亮祐
Taya Ryo-suke


近年、医療の発達や医薬品の開発が目まぐるしい速さで行われてます。そのような時代の中で、自分は医療者の一員として、常に更新されていく新たな情報をしっかりと把握し、遅れをとらないように日々、学んでいきたいと思います。また、最近では薬剤師に求められることが多くなり、業務も様々ありますが、どの業務も正確性が必要とされます。責任をもって正確に業務をこなし、薬剤部の皆様や多職種の方々にも信頼されてもらえるように精進していきたいと思います。


Isobe Taishi

磯部 太志
Isobe Taishi


世間から、薬剤師に求められる役割や期待というものは、日々大きくなってきていると感じます。
その期待に応えられるよう、まだまだ未熟ではありますが、先輩方から様々なことを吸収し、日々自己研鑽に励んで参りたいと思っております。
現在は、栄養療法や簡易懸濁法などの分野に興味があるので、将来的には、そのような専門薬剤師や認定薬剤師の資格取得を目指し、患者様の心に寄り添える薬剤師になれるよう努力します。よろしくお願い致します。




Neda Reika

根田 怜佳
Neda Reika


近年、薬物療法の高度化や後発医薬品の種類の増加などを背景に、薬剤師に求められる能力はこれまで以上に高度なものになっています。処方提案や他職種からの薬剤に関する相談応需、薬物の血中濃度や副作用のモニタリング結果に基づいた安全性・有効性の情報を他職種と共有することなど、薬の専門家としての様々な業務が求められています。しかし、それには「医薬品の専門家としての高度な知識」が不可欠です。そのために、私は日々の業務を糧とし、患者さんや他の職種の皆様からも求められる薬剤師となれるよう日々精進していく所存です。






Nohara Soichiro

野原 宗一郎
Nohara Soichiro


大学で6年間、薬学を学んできましたが、薬剤師として現場で働いてみると、知識、実技ともに至らない部分が多々あると実感します。一人前の薬剤師になるために、当院の研修プログラムや様々な資格、知識を有した先輩方のご指導を頂きながら日々精進しております。当院には、このような学べる環境が整っており、薬剤師の基本から専門的な分野まで幅広い知識を学べることが大きな魅力だと感じています。また、これからの薬剤師としての需要は、薬学の知識を活用し、相互作用や安定性、薬物動態など様々な相談に対応し、臨床現場に役立てる能力だと考えます。薬剤師として、患者や他職種から必要とされる存在になるため、情報収集や自己研鑽に励み、あらゆることに挑戦しながら学びたいと考えています。




Yoshida Yu-ka

吉田 祐花
Yoshida Yu-ka


病院薬剤師は、内服薬・注射薬・院内製剤・消毒薬など多種多様な薬剤を取り扱います。
また調剤業務・混注業務・DI業務・病棟業務など、仕事内容も多岐にわたります。
幅広く、そして深い薬学的知識が求められる仕事であるため、日々勉強だと感じています。
患者さんや他職種の方々に信頼していただける薬剤師を目指し、着実にスキルアップできるように目の前の仕事を一つ一つ丁寧にこなし、精進してまいります。






Ogawa Satoshi

小川 聡
Ogawa Satoshi

2018年3月で定年退職となり、4月から特任専門員として再雇用されました。現在、注射剤室で働いています。

派遣教員

Otaki Ko-ichi

大滝 康一
Otaki Ko-ichi
(北海道科学大学 准教授)

北海道科学大学薬学部の派遣教員として、当薬剤部で実務を行いながら、薬学教育にも携わっています。臨床現場にいるということを生かし、より密度の濃い実学の情報を薬学生に提供できると同時に、臨床現場からの研究成果の発信ができるのではないかと思っています。北海道内の小さな町の出身なので地域医療の充実にも寄与したいと考えています。道北・道東の拠点病院でもある旭川医大は地域医療を学ぶには最適だと思います。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師




Iwayama Kuninori

岩山 訓典
Iwayama Kuninori

認定・専門薬剤師の取得には、学会発表や論文業績が必要になっています。当薬剤部には、教員や博士号を取得した薬剤師が多く在籍しており、学会発表・論文発表を支援できる環境が整っています。研究のやり方がわからないけど、興味がある方も心配無用です。私も医療に貢献できるように研究を日々行っています。また当薬剤部には試験研究室があるので、基礎研究(細胞系)の実験も行うことができます。
薬剤部ブログ管理人(是非ご覧ください)。

【認定資格】 日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師、日本臨床薬理学会 認定CRC(薬剤師)、日本臨床試験学会 モニタリング検定(基礎コース)

客員教員

Awaya Toshio

客員教授
粟屋 敏雄
Awaya Toshio
(市立旭川病院 薬剤科長)
















Tahara Katsutoshi

客員講師
田原 克寿
Tahara Katsutoshi
(市立旭川病院 薬剤科係長)











臨床研究支援センター

Kamiyama Naoya

助教
神山 直也
Kamiyama Naoya

当院では新しい薬を開発するための臨床試験(治験)が行われており、薬剤部は臨床研究支援センターの試験薬・試験機器管理部門として臨床試験に用いる試験薬等の受け入れ・保管・返却に係わる業務を行っています。特に治験薬の管理は、決められた温度で保管されているか常にチェックが必要で、温度計の校正成績書まで求められることもあり、通常の薬以上に慎重に取り扱わなければなりません。

【認定資格】 日本薬剤師研修センター認定 実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定 病院薬学認定薬剤師、日本臨床薬理学会 指導薬剤師、日本臨床試験学会 GCPパスポート




Manabe Takayuki

助教
眞鍋 貴行
Manabe Takayuki

臨床研究支援センターで治験や臨床研究の支援に携わっています。患者さんに安全で有効な新しい薬や治療法を届けることに貢献できるよう、日々努力していきたいと考えております。