旭川医科大学腎泌尿器外科 後期臨床研修について


1.研修に対する心構え

2.研修目標

3.基本研修体制

   泌尿器科専門医取得コース

   基幹教育施設

   研修の流れ

   診療内容

   手術件数表

   待 遇

   休暇体制

   学会参加

   週間スケジュール

4.さいごに

5.問い合わせ先

6.腎泌尿器外科の初期臨床研修プログラムはこちらをごらんください


旭川医科大学医学部附属病院卒後臨床研修センターについてはこちらをごらんください




1.研修に対する心構え

旭川医科大学腎泌尿器外科学講座の3つの目標
(1)腎泌尿器外科としての貢献
(2)地域医療との連携
(3)国内のみならず世界に向けての情報発信
を、見据えながらの臨床研修を基本理念とします。


2. 研修目標

旭川医科大学腎泌尿器外科では一般病院で行われる一般泌尿器科診療のほかに、一般病院では経験できない高度な先進的医療や研究活動を行うことが可能です。
4年間の後期臨床研修期間で、大学病院と基幹教育施設の密接な連携の下に、泌尿器科専門医になるために必要な知識と手術手技、臨床における判断能力を養成していきます。
当科の後期臨床研修プログラムは、泌尿器科専門医取得コースで、後期研修4年目の夏に日本泌尿器科学会専門医資格試験を受験し、4年間の研修終了後、日本泌尿器科学会専門医に認定されます。当科ではこの専門医資格が確保できるよう全面的なバックアップ体制をとります。
泌尿器科も他科同様、さまざま関連学会があり、興味がある学会については積極的に入会し、臨床研修のみならず、学会や研究活動をおこなうことをお勧めます。
皆様もご想像のとおり、専門医・認定医の認定がますます厳しくなることは社会情勢からも必須です。
そのためにも是非とも良き研修病院、研修科を選択する必要があります。
当科ではこのような研修医の先生方のニーズに応える後期臨床研修を実践していきたいと考えています。
以上のように、当科では専門医・認定医研修における教育-研修システムが確立されており、初期臨床研修から後期臨床研修に至るまで一貫性を持って熱心に取り組んでいます。


3. 基本研修体制

【泌尿器科専門医取得コース】

旭川医科大学腎泌尿器外科および豊富な臨床症例を有する基幹教育施設において、合計4年間の研修を行い、泌尿器科専門医の資格を取得します。
後期研修1年目は入院・外来診療や手術を通じて、泌尿器科基本的診療手技を習得します。
後期研修2~4年目では専門医基幹教育施設も含めた研修を行い、外来・入院診療や手術、血液浄化療法や泌尿器科的救急医療などのより実践的な技術を習得します。
最終的に、開腹手術や内視鏡的手術などの一般的な泌尿器外科的技術を習得するとともに、初期研修医の指導も行って次の世代を愛情をもち育てることのできる医師を目指します。
さらに教育研修として泌尿器科関連学会における各種卒後教育プログラムへの参加および症例報告や臨床統計などの臨床研究を行い、専門医認定に必要な単位を取得します。
一方、基礎研究にも積極的に参加することで、将来にわたる専門研究への動機づけを行います。


【基幹教育施設】

旭川医科大学病院(旭川市)

北見赤十字病院(北見市)

遠軽厚生病院(遠軽市)

富良野協会病院(富良野市)

恵み野病院(恵庭市)

中田泌尿器科病院(札幌市)

深川市立病院(深川市)







 泌尿器科全般

 血液透析(約800名)

(腎臓内科、血管小外科)

基幹教育施設の分布

【旭川医科大学泌尿器科 研修の流れ】

初期研修  2年間 

後期研修  4年間 ⇒泌尿器科専門医取得

専門修練  5年間 ⇒泌尿器科指導医取得

        ↓

大学病院や関連病院での診療、研究、教育、留学(国内、国外)


【後期研修4年間の研修の流れ】

大学病院 ⇒ 関連病院 ⇒ 大学病院 ⇒ 関連病院


 参加学会例

 ・日本泌尿器科学会総会および東部総会の各種卒後教育プログラム

 ・北海道地方会(年3回)などの泌尿器科関連学会



【診療内容】

診療面では、

 小児泌尿器科

 泌尿器悪性腫瘍に対する集学的治療

 腎・尿路結石

 排尿障害

 鏡視下手術(腹腔鏡手術)

 尿路再建

  に特に力点をおいています。


研究面では、

 発癌のメカニズム

 排尿に関与する神経機構

  に特に力点をおいています。


【手術件数表】

※2015年までは前年10/1~当年9/30のデータ

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
腎摘除術 1010981371815914
腎部分切除術 1691014111520612
腎尿管全摘除術 24362310030
膀胱全摘除術(回腸導管) 6111187241324116
膀胱全摘除術(尿管皮膚瘻) 2112210002
膀胱全摘除術(neobladder) 1122202010
前立腺全摘除術 281930161213110
被膜下前立腺摘除術 0100100010
高位精巣摘除術 3858283764
副腎摘除術 2210201020
後腹膜リンパ節郭清 0002103101
TUR-P 152320198411151610
TUR-Bt 45596058617187106136114
TUL 20122720231745294513
尿管ステント手術 7372847982881011057091
前立腺生検 839711011066881188012184
腎生検 16151205268
腎瘻造設術 51421520239192116
PNL 87462523699
ESWL 5632463746432013134
内シャント手術 0000000000
CAPD用カテーテル手術 00
PTA 0000000000
去勢術 78585148784
陰嚢水腫手術 3131334272
精巣固定術(精巣捻転に対する) 10
停留精巣手術 21251917251913211712
尿道形成術(尿道下裂に対する) 11106759171274
VUR防止手術 1253927420
腎盂形成術 4304634982
包茎手術 2930333372
上皮小体摘除術 0000000000
尿管切石術 0000000000
膀胱切石術 0210141002
膀胱拡大術 1001000010
尿失禁手術(TVT、TOT) 95
膀胱脱メッシュ修復術 54
腹腔鏡下副腎摘除術 7131281539945
腹腔鏡下腎尿管全摘除術 6648796121213
腹腔鏡下腎摘除術 1066911910191120
腹腔鏡下腎部分切除術 3672368100
腹腔鏡下前立腺全摘除術 0000000000
ロボット支援下前立腺全摘除術 304944536057
ロボット支援下腎部分切除術 252115
ロボット支援下膀胱全摘除術 017

【待 遇】

旭川医科大学後期研修プログラム(泌尿器科後期研修プログラム)医員

年収:800万円以上(出張を含む)


【休暇体制】

祝祭日はグループ内で当番制(2から3週間に1回当番)

夏休み平日5日間、その他GW、年末年始はグループ内での当番制で決定


【学会参加】

日本泌尿器科学会総会、東部総会のいずれかに参加

北海道地方会(年3回)などの泌尿器科関連学会への参加


【週間スケジュール】

病棟カンファレンス7:30
8:00病棟回診病棟カンファレンス病棟回診病棟回診8:00
8:45手術総回診 手術病棟回診8:45
9:00外来

回診
外来

検査
外来

X線
外来

回診
外来

検査
外来

X線
外来

検査
外来

X線
9:00
  
  
  
  
12:3012:30
  
13:30病棟業務病棟業務

ESWLなど
病棟業務病棟業務

ESWLなど
抄読会13:30
14:00外来カンファレンス14:00
  
15:0015:00
  
16:00医局会・予行16:00
  
17:00病理カンファレンス
(不定期)
17:00
 

4. さいごに

旭川医科大学腎泌尿器外科講座も開講から40年を経過しました。2005年には柿崎秀宏教授が着任し、旭川医科大学腎泌尿器外科および関連病院で新たな一歩を踏み出し、活気あふれる診療および研究環境となっています。泌尿器科に少しでも興味のある方から、精力的に泌尿器科医として邁進したい方まで大歓迎です。

旭川医科大学腎泌尿器外科後期臨床研修プログラムに関するご質問などは下記までご連絡ください。


5. 問い合わせ先

連絡先:旭川医科大学腎泌尿器外科

旭川医科大学卒後臨床研修センター会議委員

医局長:和田 直樹

電話:0166-68-2533

E-mail: nwada@asahikawa-med.ac.jp


研修スケジュールは相談に応じます。