旭川医科大学腎泌尿器外科学講座 業績一覧

最   新 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

最新情報(2020年)

英文論文 和文論文 総説・著書 国際学会発表 国内学会発表 講演・セミナー

英文論文

  1. Efficacy of vibegron, a novel β3‐adrenoreceptor agonist, on severe urgency urinary incontinence related to overactive bladder: Post‐hoc analysis of a randomized, placebo‐controlled, double‐blind comparative phase 3 study.

    Yoshida M, Takeda M, Gotoh M, Yokoyama O, Kakizaki H, Takahashi S, Masumori N, Nagai S, Minemura K.

    BJU Int. 2020 May;125(5):709-717. doi: 10.1111/bju.15020.

    PMID:31991511


  2. Role of p38 MAP kinase signaling pathways in storage and voiding dysfunction in mice with spinal cord injury.

    Shimizu N, Wada N, Shimizu T, Suzuki T, Kurobe M, Kanai AJ, de Groat WC, Hashimoto M, Hirayama A, Uemura H, Yoshimura N.

    Neurourol Urodyn. 2020 Jan;39(1):108-115. doi: 10.1002/nau.24170.

    PMID:31579964


  3. Clinical guidelines for the diagnosis and treatment of lower urinary tract dysfunction in patients with spinal cord injury.

    Sekido N, Igawa Y, Kakizaki H, Kitta T, Sengoku A, Takahashi S, Takahashi R, Tanaka K, Namima T, Honda M, Mistui T, Yamanishi T, Watanabe T.

    Int J Urol. 2020 Apr;27(4):276-288. doi: 10.1111/iju.14186.

    PMID:32077161


  4. Persistence Rate with Tadalafil for Treatment of Male Lower Urinary Tract Symptoms.

    Wada N, Kikuchi D, Tateoka J, Abe N, Watanabe M, Tamaki G, Kita M, Kakizaki H.

    Urol Int. 2020 Apr 29:1-5. doi: 10.1159/000507230.

    PMID:32348992


  5. The early, long‐term inhibition of brain‐derived neurotrophic factor improves voiding, and storage dysfunctions in mice with spinal cord injury.

    Wada N, Yoshimura N, Kurobe M, Saito T, Tyagi P, Kakizaki H.

    Neurourol Urodyn. 2020 Jun;39(5):1345-1354. doi: 10.1002/nau.24385.

    PMID:32394603


  6. Effects of a new β3-adrenoceptor agonist, vibegron, on neurogenic bladder dysfunction and remodeling in mice with spinal cord injury.

    Gotoh D, Shimizu N, Wada N, Kadekawa K, Saito T, Mizoguchi S, Morizawa Y, Hori S, Miyake M, Torimoto K, de Groat WC, Fujimoto K, Yoshimura N.

    Neurourol Urodyn. 2020 Nov;39(8):2120-2127. doi: 10.1002/nau.24486.

    PMID:32816344


  7. Managing sphincter deficiency stress urinary incontinence in the neurogenic patient: Diagnosis and management strategies.

    Kakizaki H, Wada N, Watanabe M, Kita M, Hori J, Tamaki G.

    Curr Bladder Dysfunct Rep. DOI 10.1007/s11884-020-00604-1.

    PMID:


  8. Absorption of the orally active multikinase inhibitor axitinib as a therapeutic index to guide dose titration in metastatic renal cell carcinoma.

    Fukudo M, Tamaki G, Azumi M, Kakizaki H, Matsumoto S, Tasaki Y.

    Invest New Drugs. 2020 Oct 23. doi: 10.1007/s10637-020-01023-z.

    PMID:33098047


  9. Cardiovascular safety of mirabegron add-on therapy to tamsulosin for the treatment of overactive bladder in men with lower urinary tract symptoms: A post hoc analysis from the MATCH study.

    Katoh T, Kakizaki H, Lee KS, Ishida K, Katou D, Yamamoto O, Jong JJ, Sumarsono B, Uno S, Yamaguchi O.

    Low Urin Tract Symptoms. 2020 Sep 25. doi: 10.1111/luts.12339.

    PMID:32975024


和文論文

  1. 膀胱全摘除術早期合併症と腸腰筋量の関係

    阿部紀之, 和田直樹, 菊地大樹, 舘岡 穣, 大谷美結, 萬上弘子, 渡邊成樹, 堀 淳一, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏

    泌尿器科紀要(0018-1994)66巻2号 Page41-44(2020.02.29)

    医中誌ID:2020247093


  2. 混合性尿失禁に対するTOT手術の中期治療成績

    渡邊成樹, 和田直樹, 大谷美結, 柿崎秀宏

    日排尿会誌(1347-6513)30巻2号 Page473-476(2020.05.30)

    医中誌ID:


  3. 陰茎癌におけるダイナミックセンチネルリンパ節生検の初期経験

    阿部紀之, 堀 淳一, 小林 進, 菊地大樹, 舘岡 穣, 渡邊成樹, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 松谷泰祐, 山本明美, 柿崎秀宏

    泌尿器科紀要(0018-1994)66巻7号 Page41-44(2020.07.31)

    医中誌ID:U804330002(Pre 医中誌)


  4. デュタステリドとα1遮断薬併用療法中のLUTS/BPH患者におけるα1遮断薬中止後の臨床経過

    渡邊成樹, 和田直樹, 北 雅史, 堀 淳一, 玉木 岳, 柿崎秀宏

    泌尿器科紀要(0018-1994)66巻9号 Page289-292(2020.09.30)

    医中誌ID:


総説・著書

  1. 過活動膀胱と低活動膀胱の併存 特集 いま話題の低活動膀胱―これを読めば丸わかり!

    和田直樹, 渡邊成樹, 柿崎秀宏

    臨床泌尿器科(0385-2393)74巻2号 Page166-169(2020.02.20)

    医中誌ID:2019129835


  2. 薬物療法:抗コリン薬とβ3作動薬の併用療法 特集 これが最新版!過活動膀胱のトリセツ〈過活動膀胱の治療と問題点〉

    和田直樹, 渡邊成樹, 柿崎秀宏

    臨床泌尿器科(0385-2393)74巻8号 Page584-589(2020.07.20)

    医中誌ID:


  3. 外科的治療 ─特に膀胱拡大術と尿失禁防止術について─ 特集 これであなたも神経因性下部尿路機能障害のエキスパート!! ─脊髄障害による下部尿路機能障害の診断と治療─

    柿崎秀宏, 和田直樹, 渡邊成樹, 北 雅史, 堀 淳一, 玉木 岳

    泌尿器外科(0914-6180) 33巻9号 Page1157-1163(2020.09.15)

    医中誌ID:


国際学会発表



国内学会発表

  1. 第409回日本泌尿器科学会北海道地方会 2020年1月25日(札幌)

  2. 当院における間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の治療成績

    和田直樹, 渡邊成樹, 恒川良兼, 舘岡 穣, 菊地大樹, 堀 淳一, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏


  3. ESWL後に発生した重篤な腎被膜下血腫に対してTAEが奏功した1例

    阿部紀之, 山口 聡, 大山哲平, 徳光正行, 増井則昭, 石田裕則, 玉木 岳, 柿崎秀宏, 石戸谷俊太, 八巻利弘, 沖崎貴琢


  4. 膀胱全摘除術におけるADL低下の予測因子についての検討

    渡邊成樹, 恒川良兼, 阿部紀之, 菊地大樹, 舘岡 穣, 堀 淳一, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏


  5. MRI-TRUS fusion biopsyは前立腺全摘標本のIndex TumorにおけるGleason scoreを反映する

    菊地大樹, 堀 淳一, 恒川良兼, 舘岡 穣, 渡邊成樹, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏




  6. 第410回日本泌尿器科学会北海道地方会 2020年9月12日(札幌)

  7. 膀胱皮膚瘻造設症例の臨床的検討

    北 雅史, 恒川良兼, 菊地大樹, 舘岡 穣, 渡邊成樹, 和田直樹, 堀 淳一, 玉木 岳, 柿崎秀宏


  8. ACTH産生前立腺小細胞癌の1例

    宮内琴菜, 渡邊成樹, 堀 淳一, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏, 佐藤茉欧, 別所暸一, 竹田安孝, 滝山由美, 長門利淳, 小林博也


  9. 陰嚢水腫のフォローアップ中に診断された精巣腫瘍の2例

    石川万友美, 渡邊成樹, 森下 俊, 竹内彗悟, 恒川良兼, 宮内琴菜, 舘岡 穣, 菊地大樹, 阿部紀之, 萬上弘子, 堀 淳一, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏


  10. 下大静脈腫瘍塞栓を形成した腎血管筋脂肪腫の1例

    竹内彗悟, 堀 淳一, 石川万友美, 宮内琴菜, 阿部紀之, 萬上弘子, 渡邊成樹, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏




  11. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 2020年9月25日-10月16日(WEB開催)

  12. ACTH産生前立腺小細胞癌の1例

    宮内琴菜, 渡邊成樹, 堀 淳一, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏, 佐藤茉欧, 別所暸一, 竹田安孝, 滝山由美, 長門利淳, 小林博也


  13. 陰嚢水腫のフォローアップ中に診断された精巣腫瘍の2例

    石川万友美, 渡邊成樹, 森下 俊, 竹内彗悟, 恒川良兼, 宮内琴菜, 舘岡 穣, 菊地大樹, 阿部紀之, 萬上弘子, 堀 淳一, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏


  14. 集学的治療が奏功した進行性陰茎癌の1例

    阿部紀之, 堀 淳一, 石川万友美, 竹内彗悟, 宮内琴菜, 萬上弘子, 渡邊成樹, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏, 土井春樹, 山本明美


  15. 下大静脈腫瘍塞栓を形成した腎血管筋脂肪腫の1例

    竹内彗悟, 堀 淳一, 石川万友美, 宮内琴菜, 阿部紀之, 萬上弘子, 渡邊成樹, 和田直樹, 玉木 岳, 北 雅史, 柿崎秀宏




  16. 第27回日本排尿機能学会 2020年10月15-17日(東京)

  17. 高齢過活動膀胱患者におけるビベグロンの安全性と有効性の検討:第Ⅲ相プラセボ対照ランダム化比較試験のPost hocサブグループ解析

    吉田正貴, 武田正之, 後藤百万, 横山 修, 柿崎秀宏, 髙橋 悟, 舛森直哉, 永井伸二, 峯村和義


  18. 下部尿路閉塞と排尿筋低活動における尿流カーブの相違

    和田直樹, 渡邊成樹, 北 雅史, 柿崎秀宏


  19. 排尿筋低活動及び過活動膀胱を有する患者を対象としたTAC-302のランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験

    山口 脩, 吉田正貴, 横山 修, 柿崎秀宏, 後藤百万


  20. 骨格筋量・血清アルブミン値と術後尿閉の関係

    渡邊成樹, 和田直樹, 大谷将秀, 堀 淳一, 玉木 岳, 北 雅史, 日野岡蘭子, 柿崎秀宏, 角 泰雄, 松野直徒, 古川博之





講演・セミナー

  1. 前立腺肥大症の薬物治療の実際

    和田直樹

    第27回日本排尿機能学会シンポジウム3 実践:前立腺肥大症の治療, 2020年10月15日(東京)

  2. 臨床

    和田直樹

    第27回日本排尿機能学会Take Home Message, 2020年10月17日(東京)