国立大学法人 旭川医科大学病院

病院の概要
病院のご案内
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報
 
トップページ ≫ 病院のご案内 ≫ 入院のご案内
入院される患者さん・ご家族のみなさんへ 入院から退院まで 入院費のお支払いに伴うご相談
医事相談 その他  
入院される患者さん・ご家族のみなさんへ
 

保険証の確認について (お願い)

 保険証及び各種医療の受給者証は、保険診療を行う上で、患者さんの負担割合を決定する大変重要なものです。
 入院時及び退院時には、入退院受付において保険証及び各種医療の受給者証を確認させていただきますので、必ず持参願います。

入院証明書および診断書の申し込みについて (お願い)

 生命保険・簡易保険等に加入されている方で、入院中に証明書及び診断書等の作成を希望される方は、極力、退院時にお渡しできるように努めております。
つきましては、証明に若干の時間を要しますので、入院されましたら早めに病棟へ申し出願います。
 また、都合により、退院後に証明書及び診断書等を希望される方は、下記の宛名へ申込み願います。

※郵送にて返送依頼される方は、返信用封筒(住所・宛名記入、切手貼付)をご用意願います。

※郵送にて申込される方は、「氏名・生年月日・証明期間」を明記したもの、「証明書又は診断書」、「返信用封筒」を下記あて郵送願います。
 証明料金については、後日銀行振り込みにてお支払をお願いいたします。

問い合わせ先
医療支援課 入退院受付
TEL:0166-69-3011
(午前中は窓口が大変混雑します。お問い合わせはできるだけ午後からお願いいたします。)
郵送先
〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1-1
旭川医科大学病院 医療支援課 入退院受付
参考
生命保険会社に提出する証明書又は診断書
1件につき6,000円(税込:6,480円)

病院正面玄関の開放について

右記の時間帯については開放しております。

平日………【7:00〜19:30】
平日以外…【8:30〜19:30】

お見舞いの方からのお問い合わせについて

「個人情報保護法」施行に伴いまして、当院では電話でのお問い合せにはお答えしておりません。

 このページのトップへ
入院から退院まで
 

入院の手続きについて

入院時の持ち物について

病室について

特別室について

食事について

付き添いについて

入院中の過ごし方について

面会について

入院医療費について

入院費用の支払い方法について

クレジットカードの利用について

退院の手続きについて

入院料と食事代の基準について

 このページのトップへ
入院費のお支払いに伴うご相談
 

限度額適用認定証(70歳未満の方)

加入されている医療保険の保険者に、入院前に事前の申請が必要です。
1ヶ月の入院費の支払いが一定限度にとどめられます。
認定書の提示がない場合は、保険割合の負担額をお支払いいただきます。

自己負担限度額

適用区分 自己負担限度額(月額)
ア 標準報酬月額
 83万円以上
252,600円+(医療費総額−842,000円)×1%
*多数該当 140,100円
イ 標準報酬月額
 53万円〜79万円
167,400円+(医療費総額−558,000円)×1%
*多数該当  93,000円
ウ 標準報酬月額
 28万円〜50万円
 80,100円+(医療費総額−267,000円)×1%
*多数該当  44,000円
エ 標準報酬月額
 26万円以下
 57,600円
*多数該当  44,000円
オ 低所得者
 住民税非課税
 35,400円
*多数該当  24,600円

1.申請に必要なもの

  • 申請書(各申請機関窓口にあります)
  • 印鑑
  • 保険証
  • 標準負担額減額認定証(お持ちの方)
  • 入院期間がわかる領収書等
     (過去1年間に91日以上入院している方で住民税非課税世帯の方)

2.申請機関・窓口

  • 国民健康保険……………市町村役場
  • 健康保険…………………年金事務所(旧社会保険事務所)、
                    全国健康保険協会(協会けんぽ)
  • 共済保険…………………各事務所又は勤務先
  • 組合管掌健康保険………組合の窓口又は勤務先

高額療養費制度

1ヶ月に支払った医療費を一定額以上負担した場合、払い戻される制度です。

1.申請に必要なもの

  • 申請書(各申請機関窓口にあります)
  • 印鑑
  • 保険証
  • 病院の領収書(請求書)
  • 通帳(振込先の銀行口座番号)

2.申請機関・窓口

  • 国民健康保険……………市町村役場
  • 健康保険…………………年金事務所(旧社会保険事務所)、
                    全国健康保険協会(協会けんぽ)
  • 共済保険…………………各事務所又は勤務先
  • 組合管掌健康保険………組合の窓口又は勤務先

高額療養資金貸付制度 高額な医療費のお支払いの方

申請に必要なもの及び申請機関窓口は、上記の「高額療養費制度」と同じです。

入院時食事負担額減額措置

低所得II ●90日までの入院の場合 1食 210円
●過去1年間の入院日数が90日を超えた場合 1食 160円
低所得I ●老齢福祉年金を受給している方 1食 100円
 このページのトップへ
医事相談
 
医療費の支払い、医療扶助の申請など福祉関係でのご相談は、地域医療連携室までお越しください。
 
医療福祉相談(医療ソーシャルワーカー)
 
社会福祉制度の利用や経済的なこと、療養生活、転院、退院にともなう相談をお受けします。
医師、看護師にお申し出ください。(完全予約制)
 このページのトップへ
 このページのトップへ
 
当サイト内ページの一部及び、ファイル閲覧の際には下記プラグインが必要となります。お使いのパソコンで閲覧ができない場合は、各サイトからダウンロードしてご利用ください。

Macromedia Flash
トップページのFLASH画像が閲覧できない場合は、ダウンロードしてご覧ください。


Adobe Reader
サイト内にある申込書などのPDFファイルが閲覧できない場合は、ダウンロードしてご利用ください。