旭川医科大学腎泌尿器外科学講座について

旭川医科大学腎泌尿器外科学講座は、

  • (1)腎泌尿器外科としての貢献、
  • (2)地域医療との連携、
  • (3)国内のみならず世界に向けての情報発信

を3つの目標として、日々研鑽を重ねています。

診療面では、

  • 小児泌尿器科、
  • 泌尿器悪性腫瘍に対する集学的治療、
  • 腎・尿路結石、
  • 排尿障害、
  • 鏡視下手術(腹腔鏡手術)、
  • 尿路再建

に特に力点を置いています。

研究面では、

  • 腎・尿路結石の発生素因、
  • 発癌のメカニズム、
  • 排尿に関与する神経機構など

を主な研究対象としています。大学病院として高度先端医療を展開するとともに、道北の基幹病院として常に地域との連携を重視しながら泌尿器科診療を行っています。 旭川医科大学腎泌尿器外科学講座では、医学生に対する卒前教育はもとより、卒後教育をとても大切にしています。卒後2年間の臨床研修期間中に泌尿器科を選択した方には、医師として必要な泌尿器科的知識と手技を丁寧に指導します。泌尿器科医になることを志願して泌尿器科の後期研修を選択する医師に対しては、大学病院と関連病院との密接な連携の下に、泌尿器科専門医になるために必要な知識と手術手技、臨床における判断能力を養成していきます。泌尿器科専門医を取得した後は、個人の希望により基礎研究あるいは臨床研究を経験することも可能です。地域と密接な関係を保ちながら、国際的な視野で活動する医師を数多く生み出すのが講座の目標です。このような教室の目標に共感する若手医師を募集しています。

 

腎泌尿器外科学講座

教授  柿崎 秀宏

柿崎教授
stuff

スタッフ募集の詳しいページはこちら

当講座は、やる気あふれる諸君の研修、入局を歓迎します。講座の発展はマンパワーにかかっています。泌尿器科の歴史は比較的浅く、まだまだ発展途上の科です。初期研修、後期研修希望の方、入局希望の方は是非ご参加下さい。

 

〒078-8510旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号

旭川医科大学腎泌尿器外科講座

E-mail : nwada@asahikawa-med.ac.jp