旭川医科大学病院 周産母子センター(新生児科・周産母子科)

地域周産期母子医療センター認定病院BFH認定病院
施設紹介母乳育児のお話ベビーフレンドリーホスピタル外来紹介あかちゃんのQ&A



旭川医科大学産婦人科教室
旭川医科大学小児科学教室
旭川医科大学病院
旭川医科大学
周産母子センター HOME > センター長挨拶
センター長挨拶

 

旭川医科大学病院 周産母子センター長

新生児科 

 長屋 建 ( Ken  Nagaya )

 旭川医科大学病院では、開院当初から周産期医療を行ってきましたが、2001年8月に
周産母子センターとして産婦人科の産科部門と小児科の新生児部門を集約し、妊娠母体
および胎児・新生児に高度先進医療を提供してきました。 
現在はNICU9床、GCU12床、産科16床で、旭川厚生病院と連携して北海道道北、道東
地区の診療圏をカバーしています。
 当院の産科部門では脳神経疾患、循環器疾患、内分泌疾患、精神科疾患、外科的治療
が必要な重篤な母体合併症患者の治療を、新生児部門では早産児・低出生体重児の診療
だけでなく、新生児外科疾患や奇形症候群などの先天性疾患の診療を提供しています。
いずれも、診療圏内では当院でしか対応できないため、当地区における周産期医療の
最後の砦として産科と新生児科が日々連携を取りながら、より多くの患者さんに高度な
周産期医療を提供できるよう努めております。
 また、当院では、お母さんや赤ちゃんがどのような状況でも、医療のみならず子育て
支援の視点も大切にしてきました。その考えから、2005年には国立大学病院として
はじめてユニセフ・WHOから「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されました。
母乳育児を通して安心して妊娠、分娩、子育てができるような支援を心掛けています。
NICUやGCUにおいても、集中治療室であるなかでも育児の場としてのやさしい環境を
できるかぎり提供できるよう努めています。
 スタッフ一同一丸となって24時間体制で診療と育児支援に当たっております。

トップへもどる 旭川医科大学病院
周産母子センター

〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
TEL 0166-65-2111
施設内容 母乳育児のお話 ベビーフレンドリーホスピタル 外来紹介 赤ちゃんのQ&A