国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ診療科等・中央診療施設等一覧 ≫ リハビリテーション科
大田 哲生
科長: 大田 哲生
外来医長: 及川  欧
外来:
[ 外来1階 ]
1階 12番
 
独自ページリンク
 
 
 
 
 
トピックス
 
◆ ボツリヌス療法
脳卒中や脊髄損傷、脳性麻痺などによる手足の筋肉の過緊張(つっぱり)を注射で改善できる治療法があります。当院で治療可能ですので、ボツリヌス療法についてご質問のある方は外来にお越しください。
 
 このページのトップへ
 
リハビリテーション科とは
 

 2011年11月よりリハビリテーション科外来を開設いたしました。当科では運動機能障害をはじめ、さまざまな機能障害を軽減したり予防したりするための医療を行っております。ご病気や障害のため日常生活でお困りのことがございましたら当科にご相談ください。Quality of life(生活の質)の改善を目指した医療を心がけます。

 
診療内容
 

運動機能障害に対するリハビリテーション

 さまざまな疾患による麻痺やパーキンソン病などによる動きにくさ、また筋力低下による運動機能の低下に対しては的確なリハビリ訓練が必要です。病気にあったリハビリを行うことが重要です。義肢や装具が合わない方もご相談ください。
対象疾患は以下のとおりです。

  • 脳卒中
  • 外傷性脳損傷
  • 脳性麻痺
  • 脊髄損傷
  • パーキンソン病
  • 関節リウマチ
  • 多系統委縮症
  • 筋委縮性側索硬化症
  • 骨・関節疾患
  • 切断   など

摂食嚥下障害に対するリハビリテーション

 口から食べることは生理学上、理にかなったことであるとともに、人間としての楽しみでもあります。嚥下造影検査などを行い経口摂取の可能性につき検討いたします。

脳卒中や脊髄損傷などによる排尿障害

 病気をしたあとトイレが近くなった、尿の出が悪いなどの症状はありませんか。頻尿は内服薬で治ることがあります。トイレを心配しなくてもよい、お出かけのお手伝いをします。

ボツリヌス療法

 脳卒中や脊髄損傷、脳性麻痺などによる筋肉の過緊張(つっぱり)を注射で改善します。

  • 筋肉がつっぱって手足が思うように動かない
  • つま先立って踵が地面につかずうまく立てない・歩けない
  • 肘や膝がいつも曲がってしまう
  • 指が曲がったままで手のひらをきれいに洗えない
  • 筋肉がつっぱって痛い
  • 足がつっぱって装具がうまくはけない
などの症状がおありの方は、一度ご相談ください。

浮腫に対するリハビリテーション

 手術後に、腕や脚のむくみ(浮腫)が取れない方に対するリハビリテーションもあります。なるべく早期からむくみに対応する方が効果的ですので、ご相談いただければと思います。

 
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)