国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ診療科等・中央診療施設等一覧 ≫ がん遺伝子診療部
鳥本 悦宏
部長: 鳥本 悦宏
副部長: 田邊 裕貴
 
がん遺伝子パネル検査のお知らせ
がん遺伝子診療外来
医療機関の方へ
 
 
 
旭川医科大学病院 がん遺伝子パネル検査のお知らせ
 

がんゲノム医療とは

 がんは先祖から受け継ぐ遺伝が原因となる先天的な要因や、生活習慣、喫煙等が原因となる後天的な要因によって正常な細胞の遺伝子の突然変異(以降、変異と表記)等の遺伝子の変化により発症し周囲の組織に広がったり(浸潤)、他の臓器に転移したり、無秩序に増殖する性質を獲得します。
 現在では、患者の身体からがん組織を採取し、その遺伝子を調べることによって、そのがんの特徴を知ることが出来るようになりました。既にいくつかのがんにおいては、遺伝子の変化について個別に検査し、その結果に応じた治療薬の使い分けが行われています。
 一方、同じがんの種類であっても、患者ごとに多様な変異が認められることがわかっています。それぞれの患者で一つずつ遺伝子の変異を順番に検索すると、時間も費用もたくさんかかってしまいます。
 そこで、一度に複数の変異を解析することが可能な次世代シークエンサーという機器を用いて、遺伝子の解析を医療現場で行うことに遺伝子パネル検査は大きなメリットがあります。
 この、遺伝子パネル検査によって、患者のがん毎に遺伝子の変異を明らかにし、解析結果に即して実際に行う医療が、「がんゲノム医療」です。

がん遺伝子パネル検査について

 旭川医科大学病院は2018年10月にがんゲノム医療連携病院に指定されました。北海道では当院の他5か所の連携病院が、がんゲノム医療中核拠点病院である北海道大学病院やその他の連携病院と連携協力しながらがんゲノム医療を行う体制を整えています。
 2019年6月にがん遺伝子パネル検査が保険収載され、当院においても検査が実施できるよう準備を進めてきました。
 「がん遺伝子診療部」では担当の医師とがんゲノムコーディネーターが、がん遺伝子検査の目的や意義等について説明します。患者さんが検査の実施に同意された場合には、病理組織検体の手続きを行い、院内で治療を受けられている患者さんは当院の病理部が、他の病院の患者さんは手術を行った病院で病理組織を準備いただき、旭川医科大学病院から検査会社へ提出します。得られた検査結果をもとに推奨される治療薬について北海道大学病院の遺伝子解析担当医や腫瘍内科医等からなる専門チームと旭川医科大学病院その他の連携病院の医師等が参加するチームカンファレンスで検討した後に外来で患者さんに結果を説明します。
 結果が出るまでのおよその期間は検査会社に検体を発送してから約4〜6週間後を予定しています。

がん遺伝子パネル検査とは

 がん(腫瘍)の持つ遺伝子の特徴を調べる検査をがん遺伝子検査と言います。がん遺伝子検査によってそのがんに特有の遺伝子の変化が見つかった場合、その変化に対して効果の期待できる治療が行える可能性があります。がん遺伝子パネル検査とはがん(腫瘍)遺伝子の変化を複数同時に測定する検査のことです。
 こうした検査の結果で推奨される薬剤には、保険診療が適用される一般の抗がん剤や分子標的治療薬に加えて、現在臨床研究中(治験等)の薬剤などが含まれます。

許認可されている施設基準

 保険診療の対象となるがん遺伝子パネル検査には、「OncoGuide™NCCオンコパネルシステム」と「foundationOne®CDxがんゲノムプロファイル」があります。
 保険診療の対象は、標準治療がない固形がん(原発不明がんや希少がんなど)、又は標準治療が終了となった固形がん(終了が見込まれる方を含む)患者さんです。がん遺伝子パネル検査の結果後に、見つかった遺伝子にあった治療を受けられる可能性が高い、全身状態や血液検査で問題のない方が対象となります。ご自分が対象になるかどうかは、現在通院中の病院の主治医にご相談ください。

* 標準治療とは、化学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であり、患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。
* 原発不明がんとは、十分な検査でも原発巣(がんが最初に発生した臓器)がはっきりせず、転移病巣だけが大きくなったがんのことをいいます。
* 希少がんとは、患者数が少なく稀ながんのことをいいます。

遺伝カウンセリングについて

この検査では、先天的な遺伝子の変化(生殖細胞系列遺伝子変異)として、あなたが遺伝性腫瘍の素因を持っている可能性を示す遺伝子の情報が見つかることがあります。
 このような情報については、「同意書」で、遺伝性腫瘍に関する情報の提供を受けることを希望されるかについてお伺いします。ただし、この検査で判明する体質に関する情報は、あくまでも可能性を示す参考情報であり、確定診断にならない可能性があることをご承知ください。さらに、詳細な情報を得たい場合には、別途、遺伝カウンセリングや遺伝学的検査を受けて頂く必要があります。

検査の費用と種類について

 保険診療の対象となるがん遺伝子パネル検査には、「OncoGuide™NCCオンコパネルシステム」と「foundationOne®CDxがんゲノムプロファイル」があります。  検査後の治療費は含まれていません。検査の結果を元に治療を行う場合には、現在通院中の病院の主治医と相談の上、実施することになります。詳細は「がん遺伝子診療外来」の担当医師にお尋ねください。

 使用する組織検体の状況によっては検査が実施できない場合があります。その場合でも検査申し込み費用や検体の品質確認に要した検査費や施設利用料などの費用がかかります。

 このページのトップへ
 
がん遺伝子診療外来
 

検査の費用と種類について

 「がん遺伝子診療外来」は完全予約制です。現在通院中の病院からの紹介および予約が必要です。現在通院中の主治医の先生にご相談の上、病院を介して予約してください。患者さんご自身での予約は受け付けしておりません。
 なお、外来受診にあたっては、現在までのがん診療に関する「診療情報提供書(所定様式あり)」、受診1か月以内の採血結果、病理組織報告書が必須になります。
当院に通院中の患者さんにつきましては、主治医にパネル検査のご希望について申し出ていただくようにお願いいたします。

 ※検査のお申込みには、検査を受けられるご本人の受診が必要です。また、受診の際にはご家族などと一緒に外来受診をお願いします。

がん遺伝子診療外来の流れおよび医療費請求

検査を受ける際の注意点

 この検査を利用しても「がん」の治療に役立つ情報が得られない可能性もあります。
 がんで起きている遺伝子の変化には、まだわかっていないことがたくさんあります。検査をしても、遺伝子に変化が認められないことや、遺伝子の変化が認められたとしても、それに適した薬剤がないなど、患者さんの「がん」の治療に直接役立たないこともあります。
 また、この検査は治療効果が期待できる治療薬の情報を提供しますが、その治療薬の治療効果を保証するものではありません。
  更に、この検査で効果が期待される薬剤が見つかったとしても、患者さんのがんに対して承認されていない場合、薬剤の入手ができない、あるいは投与ができない可能性があります。その場合、治療費は自己負担となる可能性もあります。

検査後の治療ついて

 現在、保険診療で認められている標準治療が行われている患者さんは、その標準治療が優先され、がん遺伝子パネル検査の結果に基づく治療は標準治療が終了した後の選択肢として考慮されます。
 がん遺伝子パネル検査の結果、現在行われている治験に登録が可能と考えられた場合、現在通院中の主治医にその情報を提供します。登録の可否等含め、現在通院中の主治医と方針を相談してください。
 がん遺伝子パネル検査は、あくまで現在通院中の主治医の判断に必要な情報を提供するものであって、がん遺伝子解析の結果が、現在通院中の主治医の判断よりも優先されることはありません。

「がん遺伝子パネル検査」に関するお問い合わせ

旭川医科大学病院 がん相談支援センター

 相談時間 : 平日 8:30〜17:15
 相談方法 : 面談および電話相談(要予約)
 電話番号 : 0166-69-3231(直通)  

「がん遺伝子パネル検査」を検討する方にご理解いただきたいこと パンフレット 

 このページのトップへ
 
医療機関の方へ
 

 保険診療でおこなうパネル検査の適応は、標準治療がない固形がん患者または局所進行もしくは転移が認められ、標準治療が終了となった固形がん患者(終了が見込まれる者を含む)であって、関連学会の化学療法に関するガイドライン等に基づき、全身状態及び臓器機能等から、本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した者となっております。適応につき紹介前にご検討ください。
 また、保険診療での検査にあたり、患者さんの同意のもと、国立がん研究センターがんゲノム情報管理センターへの情報登録が必要となります。そのため、検査申し込みにあたり、臨床情報やこれまでの薬物療法についての詳細な経過が必要となりますので、ご準備ください。
 検査後の治療につきましては、基本的にご紹介いただいた先生に結果をお返しし、治療についてご検討いただくことになります。

受診手続きについて

 貴院の担当者(地域医療連携室等)からFAXにて当院地域医療連携室(FAX0166-69-3044)へ「がん遺伝子診療外来予約申込書兼診療情報提供書(様式あり)」に記載の上、お申込みください。内容を担当者が確認のうえ、地域医療連携室受付担当より折り返し受診日をご案内いたします。
  外来受診の際、現在までのがん診療に関する「がん遺伝子診療外来予約申込書兼診療情報提供書(様式あり)」、1か月以内の採血結果、病理組織報告書が必須となりますのでご準備願います。
 結果が出るまで検査会社に検体を発送してから約4〜5週間かかります。
 検査にはホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本が必要です。検体の準備につきましては、ご紹介いただいた先生にお願いしております。患者さんが「がん遺伝子診療外来」を受診し検査を希望された場合、FAXにて病理検体の検体送付依頼書を送らせていただきます。

ご提供いただくホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)ブロックおよび標本について

・3年以内に作製されたもの
・原則として10%緩衝ホルマリン溶液に6〜48時間固定されたもの
・原則として標本全体あるいはトリミング後の腫瘍細胞含有率が20%以上のもの
・放射線未照射部位組織であること
原則としてブロックでの貸し出しにご協力ください。
病理スライド標本と代表部のブロック、病理報告書コピー、切り出し図コピー、検体送付時チェック表をご同封のうえ、旭川医科大学病院地域医療連携室(〒078-8510  旭川市緑が丘東2条1丁目1-1)宛てにご郵送ください。
・詳細は検体送付依頼書を検査同意取得後にFAXさせていただきます。
※未染標本でのご提供を希望される場合は、がん遺伝子診療部までご連絡くださいますようお願いいたします。
  がん遺伝子診療部 TEL:0166-69-3231

がん遺伝子診療外来予約申込書兼診療情報提供書

◆ 地域医療連携室診療予約等 
  ※このページから所定の書式をダウンロードしてください。

旭川医科大学病院 地域医療連携室

 電話 : 0166-69-3055  FAX : 0166-69-3044

   
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)