旭川医科大学病院 周産母子センター(新生児科・周産母子科)

地域周産期母子医療センター認定病院BFH認定病院
施設紹介母乳育児のお話ベビーフレンドリーホスピタル外来紹介あかちゃんのQ&A



旭川医科大学産婦人科教室
旭川医科大学小児科学教室
旭川医科大学病院
旭川医科大学
周産母子センター HOME > センター長挨拶
センター長挨拶
 IMG_0621
旭川医科大学病院 周産母子センター長
産婦人科 千石 一雄(Kazuo Sengoku)

旭川医科大学病院周産母子センターは平成13年8月、産婦人科の産科部門と小児科の新生児部門を集約し、妊娠母体および胎児・新生児に高度先進医療を提供する目的で設立されました。

残念ながら道北、道東地域には新生児集中管理施設(NICU)を保有している施設は少なく、また、高度母体合併症、新生児外科治療を集学的に治療可能な施設は旭川医科大学周産母子センターしかありません。平成22年にはNICUが6床から9床に、GCUが6床から12床に増床され、さらに多くの母体搬送・新生児の受け入れが可能となりました。

しかしながら、道北・道東からの母体搬送・新生児搬送の総てを受け入れるにはいまだ十分とは言えません。それ故、早産・未熟児診療を行える大規模NICUをもっている旭川厚生病院と連携しつつ、早産児・未熟児の診療だけでなく、脳疾患、循環器疾患、内分泌疾患、精神科疾患、外科的治療が必要な重篤な母体合併症患者の治療も手がけることにより、少しでも多くの患者さんに高度な周産期医療を提供できるよう努めております。
また、道北、道東地域では唯一小児外科を有しており外科的処置が必要な新生児の受け入れも積極的に行っております。

平成17年にはユニセフ・WHOから「赤ちゃんにやさしい病院」にも認定され、安心して妊娠、分娩、子育てができるよう各スタッフが患者さんと十分に話し合い、その中から最も良い解決策を見いだす診療に取り組んでいます。

道東・道北の周産期診療の砦として、スタッフ一同一丸となって、外来、母体搬送を問わず可能な限り24時間受け入れるよう診療に当たっております。

トップへもどる 旭川医科大学病院
周産母子センター

〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
TEL 0166-65-2111
施設内容 母乳育児のお話 ベビーフレンドリーホスピタル 外来紹介 赤ちゃんのQ&A