国立大学法人 旭川医科大学
生理学講座 自律機能分野Department of Physiology, Asahikawa Medical University

生理学講座 自律機能分野について

生体は常に様々な機械的負荷を受けています。例えば心臓は一生涯にわたって収縮・弛緩を繰り返しているため、心筋細胞にとっては伸展などの負荷がかかっているのが生理的な状態です。我々の研究室では環境因子としての機械的負荷の生理的意義、また病態生理への関わりを、主に心臓において、マルチスケールな研究手法を用いて明らかにしようとしています。

PAGE TOP