国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ診療科等・中央診療施設等一覧 ≫ 臨床検査・輸血部
藤井  聡
部長: 藤井  聡
副部長: 赤坂 和美
副部長(技師長): 佐渡 正敏
 
独自ページリンク
 
 
 
 
 
 
トピックス
 
27.9.18   臨床検査・輸血部の独自ページをリニューアルいたしました。
       ぜひ、ご覧ください!
 
 このページのトップへ
 
ごあいさつ
 

 臨床検査・輸血部は中央診療施設の一つとして質の高い臨床検査・輸血の業務を実現することで診療支援を行っています。また教育研究機関である大学病院の役割を見据え、旭川医科大学臨床検査医学講座と一体となって医学科、看護学科の学生、研修医に対する臨床検査・輸血に関する教育と研究を担っています。

 臨床検査・輸血部は中央採血室の管理・運営、生理機能検査(心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査、筋電図検査)、心血管超音波検査、微生物検査、遺伝子検査、免疫化学検査(腫瘍マーカー、アレルギー、感染症検査)、血液・凝固検査、骨髄検査、一般検査、輸血検査、染色体、細胞検査などを行っています。また、夜間・休日には緊急検査室を稼動させることで2次、3次の救急に対応し得る緊急検査・輸血検査を行っています。年間の臨床検査件数はおよそ355万件で、高いコストパフォーマンスを維持しています。
 臨床検査は、病気を発見するためだけでなく、病気の経過を知る上で診療に重要な役割を果たしています。今後、ますます細分化し、専門性が強くなる臨床現場からの要求・問い掛けに、迅速で質の高い検査データでお応えしていけるよう心がけています。輸血は一種の移植療法ですから輸血部門は、安全で適正な輸血療法の実施に取り組んでいます。輸血用血液製剤及び自己血の保管管理・供給、輸血検査を行い、造血幹細胞移植のための細胞採取・保存・管理を行っています。
 医学の発展や科学技術の革新とともに医療検査技術も飛躍的に進歩しています。私達は日常の業務と研究に努力を重ね、高度な医療の一端を担うとともに、患者の皆様に安心して検査をうけていただけるように心がけてサービスの向上に力を入れています。

 
 このページのトップへ
 
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)