国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ診療科等・中央診療施設等一覧 ≫ 栄養管理部
奥村 利勝
部長: 奥村 利勝
副部長(NST長): 藤谷 幹浩
副部長(栄養士長): 山内 明美
 
概要
業務内容
スタッフ紹介
独自ページリンク
 
 
 
 
概要
 

 栄養管理部は「病院食は治療の一環」の理念に基づき、安全・安心なおいしい食事の提供、常に患者さん中心の栄養管理とサービスを心掛けた食事提供業務を遂行することを目標に活動しています。
 栄養管理部の主な業務は、入院患者さんへの食事提供である給食管理と、栄養食事指導も含め入院から退院後を含めた栄養管理です。
 スタッフは医師2名、管理栄養士7名、調理師18名、調理補助13名と委託会社スタッフで構成されています。

●全国国立大学病院栄養部門会議 のページ
 http://plaza.umin.ac.jp/~eiyobumonkaigi/ 

 
業務内容
 

食事療養に関すること

 病院食は、管理栄養士の管理のもと直営で、「安全・安心なおいしい食事」を毎日提供できるようスタッフ一同心がけ、治療に貢献しています。一般食の患者さん対象に週4回の選択食も実施しています。
 また、季節や祝祭日を感じていただけるよう年30回の行事食を行っています。お誕生日や出産された患者さんには、サプライズ食としてメッセージカードを添えたお祝い食を提供しています。患者さんには好評で、礼状をいただくこともあります。

選択食(週4回、1日2回)

 一般食を召し上がっている患者さんに対し、毎週水・木・金・土曜日に1日2回選択食を提供しています。2種類のメニューからお好きな方を選択できます。
<例>

お祝い食

 お誕生日と出産後の患者さんにメッセージカードを添えて、お祝い食を提供しています。調理師が腕によりをかけて一つ一つ作っています。
※メニューはその日によって異なります。

お食い初め膳

 NICUで生後100日を迎えた赤ちゃんに対し、お食い初め膳を提供しています。一生食べ物に困らないよう願いを込めてお祝いをしています。

行事食(年30回)

サラダバイキング(週1回)

 特別食を召し上がっている患者さんにも食事を選ぶ楽しみを味わってもらうことができるように、週に1回、ディルームでサラダバイキングを行っています。歩行可能な患者さんには、ディルームに来ていただき、旬の果物や新鮮な野菜を自分で選択し、食後のコーヒーまで満喫していただいています。

栄養食事指導に関すること

入院・外来栄養相談

栄養相談は全て予約制です。ご希望の方は主治医にお申し出ください。なお、継続して相談を受けることも可能です。
 場所:玄関棟3階栄養相談室
 日時:毎週月曜〜金曜 9:00〜17:00

集団栄養指導

・糖尿病教室(週1回)詳細はポスターを参照ください
  場所:2階多目的室
  日時:毎週火曜・水曜・木曜のいずれか 10:30〜
 
・母親学級(月1回)
  場所:周産母子科外来
  日時:毎月第1木曜日 13:30〜

ベッドサイド訪問

 食思不振・食物アレルギーなど食事に対し相談のある患者さんには、管理栄養士がベッドサイドへ訪問し、個別に対応しています。

チーム医療

 入院患者さんの栄養状態を評価し、病態に合った栄養を提供するためチーム医療を推進しています。NST(栄養サポートチーム)の一員として、静脈栄養・経腸栄養・経口栄養・嚥下評価・栄養評価・必要栄養量の提案など依頼がありましたらチームで対応します。主なメンバーは医師・歯科医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士です。
 
スタッフ紹介
 

令和2年3月現在

部長 奥村 利勝 内科学講座(消化器・血液腫瘍制御内科学分野)教授
副部長(NST長) 藤谷 幹浩 内科学講座(消化器・血液腫瘍制御内科学分野)准教授
副部長(栄養士長) 山内 明美 日本糖尿病療養指導士
主任栄養士 今西 亜美 日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士
部員 渡辺 麗美 日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士
  小林 元子 日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士
  黒坂友里恵 がん病態栄養専門管理栄養士、病態栄養認定管理栄養士
  櫻井 見賢  
  多田 香織  
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)