国立大学法人 旭川医科大学病院

旭川医科大学病院ホームページ
| サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ診療科等・中央診療施設等一覧 ≫ 病理部
 
部長: 武井 英博
 
独自ページリンク
 
 
 
 
 
 
トピックス
 
トピックスはありません
 このページのトップへ
 

 病理部は、病理組織診・細胞診・病理解剖(剖検)を三本柱とした、病理形態学的診断を担当する中央診療部門です。病理学的諸検査の実施とその診断記録、標本の作製、並びにこれらの保存管理・貸出利用を行っています。また、病理医ばかりでなく臨床医の先生方にも利用可能な種々の設備がなされています。
 現在病理部は、関連基礎医学講座の協力のもと、部長1名・助教1名(いずれも病理学会専門医)・文部技官3名(臨床検査技師、いずれもサイトスクリーナ)・技術補助員3名(うちサイトスクリーナ1名)・技能補助員1名により運営されています。

 病理部の稼働状況は、平成21年度において病理組織診総計7,076件 (院内病理組織診5,320件、受託病理組織診1,284件、術中迅速診断472件[テレパソロジー除く])、細胞診5,165件、剖検23件となっています。
 標本作製においても、通常のHE標本やパパニコロ染色標本に加え、特殊染色・免疫組織染色・in situ hybridization・PCR・電子顕微鏡等々、日常の業務内容はその質・量ともに年々複雑化しています。また、平成12年度より遠隔医療の一環としてテレパソロジー(遠隔病理診断)が開始され、平成21年度は55件のテレパソロジーによる術中迅速診断が行われています。

 このページのトップへ
 
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

旭川医科大学病院 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)