旭川医科大学 研究支援課

生命倫理関係>海外遺伝資源
新着/イベント
各種公募
学内公募
科研費
産学連携
知的財産
生命倫理関係
不正防止
国際交流
  • 〈担当部署〉
  • 旭川医科大学 研究支援課
  • 〒078-8510
    旭川市緑が丘東2条1‐1‐1
  • ◆研究協力係
    TEL : 0166-68-2187
    (内線2187)
  • ◆社会連携係
    TEL : 0166-68-2197
    (内線2197)
  • ■研究支援課長
    TEL : 0166-68-2189
    (内線2189)
  • FAX : 0166-66-0025
 お問い合わせ

■ 海外遺伝資源の取得・使用について (生物多様性条約・名古屋議定書 関係)

 海外から遺伝資源を研究目的で取得・使用する場合は、生物多様性条約および名古屋議定書に基づき、国内措置(ABS指針)および資源提供国の法令に従って手続を行う必要があります。

■ 学内セミナー

      下記のとおり学内セミナーを開催しました。多数のご来聴ありがとうございました。 (開催通知PDF版

   日 時: 平成29年10月17日(火) 17:30〜18:30

   会 場: 講義実習棟2階 第5講義室

   講 師: 国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム 鈴木 睦昭 知財室長

   内 容: 『名古屋議定書関連の国際動向と学術分野での対応』

         資料  質問と回答 ※両資料は学内限定公開です。取扱いには十分ご留意ください。

 

■ 外部リンク

 >> 参考

   国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム|国内相談窓口

   国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム|名古屋議定書 に関する 大学等における体制構築ハンドブック

   環境省|名古屋議定書 について

   外務省|名古屋議定書 本文

   環境省|名古屋議定書 に係る国内措置のあり方検討会

   環境省|国内措置(ABS指針)について

   環境省|生物多様性条約 とは

   環境省|生物多様性条約 本文

■ 担当 (学内相談窓口)

 ABSに関しては 研究支援課 研究協力係 へご相談ください。

  電話) 外線:0166-68-2187、2261  内線:2241、2261

  E-mail) rs-kk.g@asahikawa-med.ac.jp