旭川医科大学病院 呼吸器センター

旭川医科大学病院
ようこそ スタッフ 研修医・大学院生募集 認定医・専門医認定 センターの研究テーマ 業績 関連施設 地図、リンク
旭川医科大学病院 > 呼吸器センター > ようこそ メールはこちら
ようこそ



概要

呼吸器センターは、大学病院での臓器別診療科への改編のさきがけとして、主に呼吸器内科、呼吸器外科、乳腺外科を診療します。

従来は、内科学講座と外科学講座に所属して診療していましたが、旭川医科大学病院が標榜している呼吸器系の診療科が、呼吸器センターに集約されてとてもわかりやすくなりました。

呼吸器疾患には症状が重く、進行が早い疾患が多いため、専門医のいる専門施設が頼りにされることがしばしばあります。呼吸器センターがこのような病気に苦しむ方や、診療について相談したい医療関係者の方の期待に応えるように、努力していきたいと思っています。



診療内容の紹介

(呼吸器センター内科)
肺がん、肺炎、気管支喘息、肺気腫、気管支炎、肺線維症などの頻度の高い呼吸器疾患と、アスベスト関連肺疾患、肺高血圧症、睡眠時無呼吸症候群などの比較的少ない呼吸器疾患の診断、治療を行っています。
特に肺がんの治療では、レーザー治療装置とがんに集まる薬剤を組み合わせたフォトダイナミック治療を20年以上続けています。頻度の高い呼吸器疾患の治療では、全国的な治療研究グループに所属して、たえず新しい治療を取り入れるように努力しています。
肺がんの治療例は年間約100例、気管支鏡検査件数は年間約300例です。その他に、先進的治療に関連した特許を4件取得しています。

(呼吸器センター外科)
主に肺がん、乳がんを診療しています。肺がんは、胸腔鏡を用いた手術で切除します。切除手術のほかに、乳がん手術後の乳房再建手術も行います。肺がんの切除症例は年間約70例、乳がんの切除例は年間約200例です。
そのほかには、腫瘍外科として甲状腺がん、大腸がん、胃がんなどを診療します。



呼吸器センターでの臨床研修

呼吸器内科、呼吸器外科、乳腺外科の診療技術、研究手法を学びたい研修医、大学院生を募集しています。呼吸器センターでの研修コース、臨床研究、基礎研究などがあります。研修コースは内科と外科の両方の研修を組み込むことも可能です。詳細は別ページの紹介をご覧下さい。

施設認定では、旭川医科大学病院は呼吸器内科、気管支鏡、細胞診、臨床腫瘍、呼吸器外科、乳腺外科の認定施設です。旭川医科大学病院には内科指導医、外科指導医、呼吸器指導医、気管支鏡指導医、細胞診専門医、臨床腫瘍指導医、がん治療認定医機構教育医、インフェクションコントロールドクター、レーザー専門医、呼吸器外科専門医、乳腺外科専門医が在籍しています。





開設時の記念写真
平成21年2月12日 呼吸器センター室開設時の記念写真
呼吸器センタースタッフ(後列左)、大田学長事務総括(後列右)、
大崎教授(前列左)、吉田学長(前列右)
呼吸器センター室内部
呼吸器センター室内部


TOP

Copyright(c) 2009 Asahikawa Medical college hospital / respiratory center