TOP > 肝疾患相談支援室とは

肝疾患相談支援室

旭川医科大学病院は、平成21年8月24日に北海道における「肝疾患診療連携拠点病院」の指定を受けました。肝炎の患者さんやご家族の疑問や不安の相談に肝疾患の専門医師、看護師が対応する専用窓口「肝疾患相談支援室」です。

パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード

肝疾患診療連携拠点病院の目的

肝疾患診療連携拠点病院(かんしっかんしんりょうれんけいきょてんびょういん)とは、都道府県の肝疾患治療の中心的役割を果たすために厚生労働省の通知に基づき都道府県より指定された病院です。都道府県に1施設指定されており、北海道では3施設が指定されており、以下の役割を果たしています。

1)都道府県内の専門医療機関等に関する情報の収集や提供

2)医療従事者や地域住民を対象とした研修会・講演会の開催、相談支援

3)専門医療機関等との協議の場の設定

※当病院は、肝がんに対する集学的治療を実施しております。

肝疾患診療ネットワークのイメージ図