研修医募集

研修医の方はこちら:ninai2@asahikawa-med.ac.jp

研修内容

研修プログラム

1. 第二内科の後期研修プログラムの目指すところ

第二内科の後期研修プログラムでは幅広い内科的知識や技能を持ち、糖尿病内科、内分泌内科、消化器内科の各専門分野の優れた専門性を持つ臨床医、臨床医学研究医を育成することを目的にしています。大学病院及び関連病院にて以下の内科サブスペシャリティ領域の専門医を取得することが可能です。

2. 研修プログラムの実際

第二内科のサブスペシャリティ研修は大学病院、関連病院にて専門領域を含む内科研修を幅広く行えますが、大学病院内では自身の専門領域外の分野の研修も組み合わせることが可能です。例えば消化器内科と膠原病の研修を最初の1年間で行い、その後糖尿病の専門研修を行うことなども可能です。新内科専門医制度下においては、複数の他領域の疾患の研修を並行して行える事は非常に有利な事であり、また各グループ間の垣根の低い第二内科の大きな特色であると考えています。

3. 大学院(博士課程)

本コースは自身の専門分野におけるテーマで医学博士号取得を目指すコースです。

当科の糖尿病、代謝内分泌、膠原病、消化器のいずれかの分野で論文を作成し学位審査を受けることになります。入学は後期研修医の期間、専門医取得後、初期研修期間のいずれでも構いません。自身の興味のある分野の研究を自身のやりたい時に行えるコースです。

収入の面においてもの他の医局員と概ね同等ですが、出張や研究の配分は個人の希望に合わせる事が可能です。

各グループの研修詳細

糖尿病

「日本糖尿病学会認定教育施設」であり、糖尿病専門医を取得するための症例を外来患者、入院患者から経験することができます。

市内外の医局関連施設でも糖尿病専門研修を継続できます(旭川赤十字病院、市立旭川病院、旭川厚生病院、札幌厚生病院、恵み野病院、置戸赤十字病院、名寄市立病院)。

大学病院では特に1型糖尿病、合併症併発例、周術期、糖尿病合併妊娠および妊娠糖尿病など特殊例の研修をすることができます。多職種とのチーム診療も学んでもらいます。

また、感染症の治療、内分泌疾患の鑑別診断、消化器スクリーニング検査、高齢者医療など、幅広い内科的知識の習得を行うこともできます。

膠原病・内分泌

学生教育

旭川医科大学(医学科・看護学科)の学生さんに臨床講義を通じて膠原病内科学、内分泌内科学の基礎を教えています。医学部5年生のクリニカル・クラークシップと呼ばれるベッドサイド教育では、医療面接、基本的な身体診察を身につけ、問題点(Problems)を抽出し、診断のために必要な検査を列挙、診断・治療に至るまでのプロセスや症例提示(プレゼンテーション)の方法など、内科学の基礎を学びます。医学部6年生のアドバンス臨床実習では、医学部5年生のクリニカル・クラークシップから一歩踏み込んで、治療方針の決定に際して疾患の最新知見の収集方法にも習熟し、それらを理解した上で、指導教員・担当医とディスカッションを行い、疾患の理解をさらに深めるとともに、治療方針決定にも参加していただきます。これらの経験により卒後臨床研修にスムーズに橋渡しができます。

卒後教育

内科一般の研修を基礎として、膠原病、内分泌疾患の専門的研修を行います。膠原病内科は全身にさまざまな合併症を生じ得るため、専門分野以外の幅広い知識が身につきます。(診療内容)の項で記載した多様な疾患について大学病院と関連病院で検査・診断・治療が可能です。その過程の中で、以下のような目標を達成すべく研修を行います。

習得可能な認定医・専門医資格:認定内科医、総合内科専門医、リウマチ専門医、リウマチ指導医、内分泌学会専門医{内分泌学会 内分泌代謝科(内科)専門医}など

肝胆膵

名前は肝胆膵グループですがもちろん上下消化管内視鏡検査も多く行っていて、積極的に内視鏡に触れ経験を積んでもらいます。以下のような項目を身に着けてもらいたいと考えています。

消化器内科医に必要とされる治療は多く、研修期間にもよりますが将来消化器を専門に考えている方には、内視鏡的大腸粘膜切除術、内視鏡的消化管拡張術、経皮的肝膿瘍ドレナージ術、経皮的胆嚢ドレナージ術、経皮的肝生検、内視鏡的胆管ドレナージ術などから超音波内視鏡下穿刺細胞診や内視鏡的粘膜切開剥離術、経皮的ラジオ波焼灼療法、肝動脈化学塞栓療法も経験してほしいと考えています。

第二内科のスタッフは道内の基幹病院や道外の癌センターなどで専門知識・技術を習得しています。最先端の消化器治療を経験してもらうことが出来ます。

後期研修医の体験記

別所 瞭一(糖尿病)

私は糖尿病の臨床と研究を頑張りたいと思い第二内科に入局しました。後期研修1年目の上半期は臨床中心の研修を送り,入院患者さんの主治医として検査計画や治療方針を考え続ける日々でした。 診療を通じ, 様々なインスリン製剤や経口血糖降下薬を個別に使い分けていく楽しさを実感し, 同時に行動変容の難しさを学びました。 慢性期の病態だけではなく,高血糖緊急症や遷延する低血糖, 糖尿病合併症を背景にした心不全,腎不全や感染症の治療のために緊迫した時間を過ごすことも多いです。 糖代謝異常で発見される内分泌疾患の診断に頭を悩ませたり,高齢糖尿病患者さんの社会的背景を考え治療を組み立て直したり,若年で発症した患者さんとともに人生について考えたり, 様々な症例を経験することができます。 複数の指導医の先生方から多様な考え方を学ぶことができる点,専門性の異なるグループの先生方とすぐにディスカッションができる点は第二内科の強みであると感じます。 また,大学院生として後期研修1年目の下半期からは研究中心の生活にシフトしました。SGLT2阻害薬の新しい作用メカニズムの解明や,糖尿病合併症の新しい治療法の発見など,やりがいのある研究テーマに恵まれ, 現在は大学病院の専門外来や市中病院の専門外来(出張医として)を行い糖尿病専門医取得を目指しながら,毎日実験に明け暮れています。 第二内科に興味があるみなさん,是非一緒に働きましょう!

田中 来(膠原病・内分泌)

こんにちは、後期研修医の田中来です。私は旭川医科大学病院で初期研修を行い、2017年4月から第二内科の膠原病・内分泌グループに所属しています。ポリクリで第二内科をまわった際に、多彩な症状を呈する患者に対し、病歴、身体所見、各種検査を駆使して診断に迫る膠原病内科に魅力を感じ、入局を決めました。当院には道東・道北地方の地域の病院で治療が困難な膠原病患者が集まってきます。しばしば、困難な症例を経験しますが、大学病院の特性を活かし、他科の先生と連携しながら診療にあたっています。当科はチーム制のため、上級医と一緒に診療できることが非常に心強いです。また、ここ数年で若手医師が増えてきたため、同期や近い年代の先輩の存在がとても良い刺激になっています。

最近では内科新専門医制度が始まり、他の内科を志望する初期研修医の先生がローテートすることも増えてきました。膠原病は診断が難しい病気の代表格です。また慢性疾患のため、同じ病気でも個々の患者で年齢層、合併症が大きく異なります。患者一人一人に合わせて、どこまで検査を行うか?どれくらいの治療を行うか?といった、時に答えのない問題に取り組むうちに、膠原病の知識だけではなく内科医としての力が着実にレベルアップすると感じています。興味のある方はぜひ一度、研修に来てください。一緒に働けることを楽しみにしています。

川幡 智樹(膠原病・内分泌)

はじめまして。私は2015年に旭川医科大学を卒業し、2年間の初期研修を本学で行い、現在は膠原病・内分泌グループの後期研修医として勤務しております。後期研修医となると、初期研修医の時よりも自分で考えて対応する機会も増えました。しかし、まだまだ未熟な所も多く、日々の診療に悩む事が多々あります。そんな中でも膠原病・内分泌グループはチーム制であり、経験豊富な上級医とディスカッションしながら診療にあたる事ができ、悩みを解消していけるのが当グループの強みだと思っております。また、学会発表の機会を与えて頂いた際は、発表内容に関して親身に相談に乗って頂き様々なアドバイスを貰えました。時に厳しいことも言われますが、色々と気付かされる事も多く、自分の成長を実感しております。その他にも、まだ大学院には入学しておりませんが基礎研究に触れる機会も頂いております。実験を通して“今わかっていないことを、どのように解決しないといけないのか”という事を考えるトレーニングを積む機会が得られています。臨床現場の様々なプロブレムに対して正面から向き合い解決していく様が、基礎研究で培われるものと似ているのではないかと、まだ基礎研究を始めたばかりですが、臨床の現場との繋がりを実感してます。

第二内科は若手医師も多く在籍しており、臨床、基礎研究で日々悩み、考え、相談しながら切磋琢磨してます。共に切磋琢磨できる仲間が増えることを楽しみにしています。第二内科への研修をお待ちしております!

佐藤 茉欧(糖尿病)

初めまして。私は、2012年に旭川医科大学を卒業し、糖尿病グループに所属しています。2017年に第1子を出産したため現在は育児休暇中です。初期研修、後期研修ともに旭川医科大学病院を中心に勤務させていただきました。専門は糖尿病を考えていましたが、幅の広い診療のできる内科医になりたいと考え、初期研修終了後は2年ほど第二内科の消化器グループで研修させていただきました。きめ細やかな指導の下、病棟での実務や、内視鏡や超音波検査等、消化器内科としての知識や経験を得ることができ、大変感謝しております。指導体制が整った環境で、自分の専門分野はもちろん、それ以外の分野を学ぶことができるのも、比較的人員に余裕があり診療科がそろっている大学勤務や、医局所属ならではでないかと思います。希望通りの働き方をさせて頂いており、大変感謝しています。また、育児休暇の取得や、今後の仕事復帰についても、様々な働き方をしている先輩・後輩の女性医師の方々や、長年お世話になっている先生方の存在があることで、とても力強く感じています。