先輩からのメッセージ

4階西ナースステーション

『小児科看護師として』

写真:4階西ナースステーション子どもに関わる仕事を希望していたので、小児科病棟への配属を希望しました。

4階西病棟では産まれてすぐの赤ちゃんから、小児科でフォローされている大人まで幅広い年齢層の方が入院します。道北医療の中心として、様々な疾患の方が入院されるので、多くの疾患を学ぶことができます。

子どもたちが少しでも元気に退院できるよう、患児だけでなく、その家族の健康問題も解決できるよう病棟スタッフ一丸となって取り組んでいます。

休日は友人と過ごしたり、買い物をしながらリフレッシュしています。

5階西ナースステーション

『個別性のある看護を目指して』

写真:5階西ナースステーション看護師になって1年が経ち、化学療法や手術などの治療を受ける方、様々な背景を持つ患者さんの退院後の生活を見据えたサポートに悩むことも多く、先輩方に相談しながら看護をしています。

患者さんの思いを知るためにコミュニケーションを大切にしていて、患者さんの言葉は日々の励みややりがいになります。

感染予防のため外食や旅行は難しいですが、同期と談笑したり、趣味の時間がリフレッシュになっています。

6階西ナースステーション

『希望に沿った生活への介入』

写真:6階西ナースステーション消化器疾患の患者さんが入院されており、化学療法や内視鏡治療などを主に行っています。

がん患者さんも多く、「治療をどのような思いで選択したのか。どのように最期を迎えたいのか。」など意思決定や寄り添う看護に日々悩みながら働いています。

多職種と連携し、カンファレンスを通して患者さんの希望に沿った生活を考えることにやりがいを感じます。

休日はおいしいものを食べてリフレッシュしています。

9階西ナースステーション

『その人らしく生活していくための看護』

写真:9階西ナースステーション入院となったことで、患者さんの多くが検査・治療への不安や今後への気がかりがあり、一人一人に寄り添って思いの確認をしています。また、「退院後その人らしく生活していくには?最期を迎えるには?」ということを患者さんや家族と一緒に考えながらケアしていくところに、面白さややりがいを感じます。

休日は、カメラを持ってドライブや旅行をしてアクティブに過ごしたり、家でとり溜めたテレビを観てまったりと過ごしリフレッシュしています。

ICUナースステーション

『患者や患者家族の意思を尊重した看護』

写真:ICUナースステーションICUには急変等でコミュニケーションをとる事が難しい方が多く、どのように患者や家族の意思を汲み取っていくのかチームでカンファレンスをしながら関わっています。

生死の境にいた方が回復し病棟や検査室で元気にしている姿を見かけるとやりがいを感じます。

休日はサブスクで映画やドラマを観たり冬になるとスキーへ出向き帰りに美味しいご飯を食べてリフレッシュしています。

手術部ナースステーション

『手術部看護師として』

写真:手術部ナースステーション私は手術部看護師として、不安を抱えながら手術室に入室してくる患者が、少しでも安心して手術を受けてもらえるように看護しています。

当手術部では、多岐にわたる診療科の患者が手術に来られます。そのため学ぶべきことは多いですが、事前学習や先輩看護師の指導の下、日々看護を磨いています。

休日は高校の友人とカフェに行ってリフレッシュしています。

PAGE TOP