先輩からのメッセージ

4階東ナースステーション

『産科で働くスタッフの1員として』

写真:4階東ナースステーション助産師として患者さんの望むお産や生活の伴走者となるように、どのような介入が必要か悩むことが多いですが、先輩のサポートや患者さんに励まされながら日々ケアに取り組んでいます。

患者さんの育児を楽しむ姿や笑顔で退院される姿を見るとやりがいを感じます。

休日は学生時代の友人と過ごして充実した日々を送ることができています。

5階東ナースステーション

『患者さんの生活を見据えた看護』

写真:5階東ナースステーション5階東病棟には子育てや仕事がある中で治療をしている女性患者が多く、治療が継続できるように先輩のアドバイスを受けながら、チームでサポートしています。患者さんの思いを汲みとれるように、コミュニケーションの時間を大切にしています。

患者さんが笑顔で退院した時や、元気に話しかけてもらえるととてもやりがいを感じます。

休日は、旅行や同期や先輩たちと食事をして、リフレッシュしています。

6階東ナースステーション

『患者に寄り添った看護を大切に』

写真:6階東ナースステーション6階東病棟は周手術期や化学療法、ターミナル期の患者さんが入院され、様々な病期におけるがん看護を学ぶことができます。

一人では悩むこともありますが、カンファレンスを活用し、周囲に相談しながら患者さんやご家族の思いを尊重した関わりができるよう心掛けています。

休日は同僚や友人と食事をしたり、旅行したりすることが楽しみです。

8階西ナースステーション

『中堅看護師として、部署を越えた活躍を目指して』

写真:8階西ナースステーション日々の回復過程を喜ぶ患者さんに共感できることに看護の魅力を感じながら働き、今年で9年目になりました。

中堅看護師となり、部署の教育担当者を経験したり、院内の看護診断力アップチームに所属するようになり、高度実践の実現のためには日々のベッドサイドケアだけではなく、部署を越えた活躍を期待される立場になってきていることを実感しています。

より高度な看護実践を学ぶため、現在は旭川医科大学の大学院に通っています。

9階西ナースステーション

『その人らしく生活していくための看護』

写真:9階西ナースステーション入院となったことで、患者さんの多くが検査・治療への不安や今後への気がかりがあり、一人一人に寄り添って思いの確認をしています。また、「退院後その人らしく生活していくには?最期を迎えるには?」ということを患者さんや家族と一緒に考えながらケアしていくところに、面白さややりがいを感じます。

休日は、カメラを持ってドライブや旅行をしてアクティブに過ごしたり、家でとり溜めたテレビを観てまったりと過ごしリフレッシュしています。

救命救急ナースステーション

『救急看護師としてのやりがい』

写真:救命救急ナースステーション救命救急センターには様々な疾患、状態の患者さんが入院されています。人工呼吸器等が装着され意思疎通も困難な患者さんが、回復し元気に退院していく姿を見るとやりがいを感じます。

生と死の場面に立ち会うことも多く、4年間働いてきた中でも多くを学びました。

休日は友人とのドライブや趣味の時間を過ごし気分転換しています。

PAGE TOP