○○会社 本文へジャンプ
採用情報(旭川医科大学病院)


生殖補助医療胚培養士の募集について
旭川医科大学病院では、生殖補助医療胚培養士(常勤職員に準じたフルタイム非常勤職員)を募集しております。 詳細は下記をご覧ください。
募集職種 生殖補助医療胚培養士または今後同資格を目指す方
(常勤職員に準じたフルタイム非常勤職員)
募集人数 1名
勤務場所 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1−1
旭川医科大学病院 産科婦人科
採用予定日 内定後早い時期
職務内容  生殖補助医療胚培養士が係わる以下の業務
・培養環境の管理、培養液の作成管理
・精子・卵子の培養
・受精操作(媒精、顕微授精)
・受精卵、胚の培養
・精子、胚の凍結保存
・配偶子、胚の記帳管理
応募資格 以下のいずれかに該当する方

@日本哺乳動物卵子学会認定「生殖補助医療胚培養士」資格を有する方

A今後「生殖補助医療胚培養士」資格認定審査への受験を希望し、以下のいずれかの申請資格を有する方(本院で1年以上の生殖補助医療の実務経験が必要となります。)

・大学の医学部、農学部、生物資源料学部、獣医学部、獣医畜産学部、生物理工学部、薬学部またはそれに準ずる機関において、生殖生物学、発生学及び生化学を習得した学士、または日本哺乳動物卵子学会が受験を認めた者

・学校教育法に規定する専修学校において、生物学及び生化学を習得した臨床検査技師または看護師

B日本臨床エンブリオロジスト学会「認定臨床エンブリオロジスト」資格を有する方
採用予定期間 内定後早い時期 〜 令和5年3月31日
(勤務状況等により1年毎の更新あり、最大5年まで。ただし、勤務状況等により常勤職員として採用の可能性あり。
給与・待遇 国家公務員に準じた本学規程により支給します。(臨床検査技師・看護師免許取得者及び経験により加算あり) 

       3年課程 卒:日給8,875円〜
        (月21日勤務した場合の月額:186,375円〜)

       大  学  卒:日給9,549円〜
        (月21日勤務した場合の月額:200,529円〜)


各種手当:通勤手当、住居手当、寒冷地手当(11〜3月)、期末手当、 勤勉手当、超過勤務手当を支給
退職手当:一定条件を満たした場合に支給
勤務時間 週38時間45分(1日7時間45分)
午前8時30分〜午後5時15分(休憩60分)
休暇 年次有休休暇、特別休暇、無給休暇
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 学内保育所(空きがあれば利用可能)
応募方法 次の書類を下記の提出先まで郵送又は持参してください
@履歴書(市販様式、写真貼付、自筆)

A生殖補助医療胚培養士又は認定臨床エンブリオロジストの認定証(写)(有 資格者の方)

B生殖補助医療胚培養士の受験資格を有することを証する書類(有資格者以外の方)

C看護師、臨床検査技師免許証(写)(免許所有者)

D卒業見込み証明書(新卒者)

E成績証明書(新卒者)
選考方法 第一次選考:書類審査
第二次選考:面接
※詳細は、第一次合格者に別途ご連絡いたします。
応募締切 随時
問合せ・応募書類提出先 〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1−1
旭川医科大学人事課人事第一係  (TEL:0166-68-2123)
 (注)応募書類を郵送する場合は、封筒に「生殖補助医療胚培養士応募書類在中」と朱書きしてください。
その他 車での勤務は、徒歩における最短通勤距離が2q以上の場合のみ可能で、駐車場の使用料金が月額3,000円かかります。