令和2年度 旭川医科大学 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 919 422 341 604 985 1412 2704 3645 1766 234
退院患者数の合計は、13032人で、平均年齢60歳となっております。地域の基幹病院として、幅広い年齢層の患者さんを診察しております。60歳以上の患者さんの割合は64%を占め、地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 111 5.55 4.95 0.90 62.95
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 43 8.21 5.77 2.33 *78.33
050080xx9700xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 42 17.02 15.36 7.14 *84.31
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 39 7.72 4.44 5.13 75.36
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 34 4.47 3.07 0.00 73.06
当院では、狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル診断および経皮的冠動脈形成術・ステント留置術を数多く実施し、安定した成績を収めています。
また頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術や、徐脈性不整脈に対するペースメーカー植込み術も数多く実施しています。
さらに心臓弁膜症の分野では、大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術、僧帽弁閉鎖不全症に対する経皮的僧帽弁接合不全修復術を行っており、総カテーテル治療件数は366例と過去最高の実績となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 29 7.00 11.04 0.00 45.97
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 18 12.00 20.56 11.11 60.22
110260xx99x3xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 3あり 15 6.60 5.25 0.00 41.60
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 15.28 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり - - 33.50 - -
当院では、IgA腎症を含む慢性腎炎症候群が最も多く、次いでネフローゼ症候群、原発性アルドステロン症など副腎皮質機能亢進症による二次性高血圧症が多くなっております。
腎生検による確定診断およびステロイド・免疫抑制薬のほか、リツキシマブ、LDL吸着療法等による集学的治療を行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 44 3.95 3.39 2.27 73.52
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 34 12.03 9.42 2.94 69.32
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 29 9.14 13.30 27.59 73.97
040040xx99080x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 定義副傷病 なし 18 9.56 9.40 5.56 67.39
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 13 27.77 21.47 15.38 69.85
呼吸器内科で最も多かったのは、気管支鏡による検査入院でした。
超音波ガイド下生検やクライオ生検を積極的に行っています。その他は肺悪性腫瘍に対する化学療法や放射線治療の入院が多かったです。初回治療以降は外来治療が主体となります。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 29 10.34 16.95 10.34 61.55
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 20 15.85 19.69 35.00 71.85
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 13 13.31 17.67 30.77 62.62
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 12.54 15.64 38.46 *71.23
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 13 21.69 14.72 15.38 47.54
免疫性ニューロパチーや多発性硬化症などの神経免疫疾患の診療に積極的に取り組んでいる。
また、パーキンソン病などの神経変性疾患や脳梗塞の急性期症例にも数多く対応している。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 40 14.20 14.60 0.00 62.78
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 15 11.73 6.26 0.00 59.47
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり - - 3.73 - -
100220xx99xxxx 原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺腫瘍 手術なし - - 9.92 - -
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり - - 13.57 - -
1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病の血糖コントロール、インスリン分泌能、インスリン抵抗性などの病態評価を含め、糖尿病性細小血管合併症、大血管症などの合併症評価と治療を行っております。血糖コントロールについては、患者の病態・生活様式に応じ、個々人に最適な糖尿病治療薬を用い、治療いたします。症例によっては、持続性皮下インスリン投与(CSII)及び、センサー付きインスリンポンプ治療(SAP)などの使用により、より安定した血糖コントロールを行います。糖尿病急性合併症である糖尿病ケトアシドーシス、低血糖昏睡など救急搬送患者に対応し、治療いたします。
内分泌疾患診療としては、CT、MRIなどの検査で偶然発見される副腎偶発腫瘍を含め、副腎性Cushing症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫について、その内分泌学的機能評価と治療を行っております。骨粗しょう症、高カルシウム血症、副甲状腺ホルモン高値について、原因精査とともに治療を行います。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 21.37 15.28 10.00 *64.23
070560xx97xxxx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 13 42.92 37.12 23.08 72.00
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 13 15.69 15.90 15.38 72.23
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 25.09 - -
070560xx99x70x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし - - 23.08 - -
当科では、リウマチ・膠原病に関する診療を行っております。
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、シェーグレン症候群、ANCA関連血管炎、リウマチ性多発筋痛症などをはじめとする膠原病・膠原病類縁疾患に対する専門治療を行っております。特に感染症などの合併症のある症例、高齢者、治療抵抗症例などの紹介も多くなっており、他科と連携して治療を行うこともあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 236 3.17 2.66 0.42 66.05
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 8.49 9.53 5.88 70.91
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 55 7.91 8.11 0.00 75.09
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 49 12.04 10.70 2.04 70.59
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 12.00 12.33 9.76 *76.59
消化器内科は消化管疾患・胆膵疾患・肝疾患をそれぞれ専門とする3グループにより診療を行っております。
大学病院として専門性の高い診療を行い、さらに他院から紹介された診断・治療が困難な症例に対しても最新の手技を用いた精密診断・内視鏡治療・インターベンション治療を提供しております。 
消化管領域では、早期悪性腫瘍に対する内視鏡治療、炎症性腸疾患の精密診断や生物学的製剤治療、切除不能進行癌に対する化学療法などを数多く行っております。
胆膵領域では、結石などの良性疾患や膵胆道悪性腫瘍いずれに対しても内視鏡診断・治療を数多く行っております。さらに他院では施行困難な消化管術後再建症例に対する小腸内視鏡を用いた治療や超音波内視鏡下瘻孔形成術を積極的に行っております。また切除不能膵胆道癌に対する多剤化学療法を数多く行っております。
肝臓領域では、肝がんに対する局所療法・インターベンション治療・分子標的剤を組み合わせて集学的な治療を行っております。
外来の点滴センターを利用した抗がん剤治療、多種のクリニカルパスを適応することで、患者さんの入院負担軽減・在院日数の短縮を図っております。
血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 69 7.20 11.14 1.45 68.38
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 34 14.15 18.98 5.88 74.09
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 32 35.97 31.90 3.13 67.44
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 26 31.08 38.35 0.00 70.42
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 21 7.10 10.18 0.00 72.52
血液・腫瘍内科は、造血器悪性腫瘍の化学療法(抗がん剤、分子標的薬など)や造血幹細胞移植療法(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)を主とした診療を行っています。当院の化学療法は、外来通院(外来化学療法センター)で行うことが基本ですが、初回の化学療法や患者さんの病態に合わせて入院加療を行います。入院治療の最も多い症例は、非ホジキンリンパ腫、次いで骨髄異形成症候群です。非ホジキンリンパ腫に対する治療薬はリツキシマブを含んだ多剤併用療法、骨髄異形成症候群に対してはアザシチジン療法が主として行われています。抗がん剤投与時には、副作用を抑える治療(支持療法)を併用し、患者さんの苦痛を軽減するよう、他科とも連携して治療にあたっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 127 6.54 6.13 2.36 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 43 12.67 11.19 0.00 0.00
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2 2あり 38 1.89 12.61 0.00 7.24
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 5.54 7.48 0.00 5.43
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 26 4.31 4.31 0.00 9.65
早産児、低出生体重児の症例を数多く行っております。地域周産母子医療センターとして早産児、病的新生児の入院に対応しています。
また先天性心疾患の術前・術後評価のための検査入院が多くなっております。
てんかんを主とする神経筋疾患の治療および肺炎などの急性感染症も数多く診療しています。
心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 91 34.50 22.56 26.96 74.89
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。)単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術2 1あり 58 28.99 22.22 41.30 70.41
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 4.41 10.56 0.00 *74.03
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 40 15.33 29.23 55.81 71.58
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 32 23.39 15.88 43.58 76.63
当院心臓外科では心臓弁膜症、虚血性心疾患、不整脈手術、先天性心疾患、心臓腫瘍など様々な種類の心臓手術に適応しており、その中でも昨年度の実績で心臓弁膜症手術が91件と最も多く、この中に低侵襲(MICS)の僧帽弁形成術も含まれております。心臓の拍動を止めずに行う冠動脈バイパス術、胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術等も行っており治療方法が充実しております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 48 10.42 15.88 4.17 *76.94
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 5.10 5.43 10.26 73.67
050170xx02010x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 35 19.03 22.70 17.14 70.29
050170xx0221xx 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 あり 32 77.09 65.85 62.50 70.13
050170xx02011x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 あり 定義副傷病 あり 22 38.00 41.43 40.91 66.86
1、下肢閉塞性動脈硬化症の治療
 近年加速度的に増加している動脈硬化症のうち、特に腹部~下肢に発症する閉塞性動脈硬化症について専門的に治療を実施しています。治療が厳しく超高齢者の方や、重症化しやすい糖尿病の方、透析治療を受けられている方などの背景疾患が多様な動脈硬化症に対して、自身の静脈を用いたバイパス手術や、最新の治療デバイスを用いた血管内治療での積極的な血行再建手術に加え、足病変(潰瘍、壊疽)治療も合わせて実施することで高い救肢率を達成しております。上記の手術治療が厳しい患者さんに対する血管新生治療の選択肢も増え、幅広い患者さんに対応できるような診療体制となっております。

2、腹部大動脈瘤の治療
 腹部大動脈瘤は自覚症状が無いまま拡大し、突然破裂して出血性ショックとなり致命的な経過をたどる病気です。当院では、以前から治療効果の高い大動脈瘤切除・人工血管置換手術を実施しています。近年は高齢の方や合併している疾患によって動脈瘤切除・置換手術が適さない患者様に対して、手術負担が軽減できるカテーテル法(EVAR:ステントグラフト留置術)も取り入れ、患者様の状況に応じて手術方法を選択することができます。また、近郊中核都市の総合病院と医療連携し、さらに当院の緊急手術体制を整えて、破裂に至った患者さんを積極的に受け入れており、本来救命が厳しい中でも、当院では高い手術救命率を達成しております。

3、下肢静脈瘤の治療
 下肢静脈瘤は長時間の立体作業などに従事されることにより、下肢の静脈弁不全による血流うっ滞を原因として、こぶ、むくみ、重苦感、こむら返り、かゆみなどの症状が出現します。軽症の場合は弾性ストッキングを着用することでうっ滞症状が改善しますが、重症化した場合は不全化した静脈瘤を切除して静脈血流を正常化する手術が必要となります。低侵襲治療としてカテーテルを用いた静脈瘤手術(レーザー、ラジオ波)を積極的に導入し、病状に適した治療方法を選択することが出来るように診療体制を整えています。

上記疾患に対し当院では、専門医による診療を受けることができます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 105 12.16 10.83 7.62 69.27
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 15 11.47 9.98 6.67 60.93
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 11 11.64 9.10 0.00 64.00
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.08 - -
040010xx97x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 9.57 - -
道北各地域より集まる肺癌症例を中心に手術を施行している。
昨年よりは、ロボット支援肺癌手術を積極的に行っている。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 244 9.95 10.30 0.41 60.36
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 51 8.65 6.02 0.00 56.86
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 38 5.76 4.13 0.00 48.82
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 24 3.79 6.20 4.17 62.21
090010xx99x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 20 5.85 9.58 30.00 67.80
標準治療を遂行する他、各種の臨床試験にも参加している。
また、遺伝性乳癌、卵巣癌症候群に対しても基幹施設として積極的に加療を行っている。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 43 2.95 2.79 0.00 2.70
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.71 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.17 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.08 - -
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 手術なし 手術・処置等2 なし - - 6.11 - -
2018年4月より、小児鼡径ヘルニアに対して、腹腔鏡下鼡径ヘルニア根治術(LPEC)を導入し患者家族にも満足頂き、近医からもご紹介いただいております。また、重症心身障害児に対する胃食道逆流防止術、胃瘻造設術も行っておりますが、紹介施設と連携しなるべく短い入院期間で済むように努力しています。その他、新生児から成人期に至るまで手術およびフォローアップを行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x6xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 54 3.15 4.48 0.00 60.83
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 48 15.79 16.19 8.33 *72.08
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 47 5.02 4.86 2.13 70.51
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 46 15.02 19.04 2.17 71.09
06007xxx010x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 41 23.24 25.67 4.88 67.34
大腸癌(結腸~直腸)の患者を多く診療しています。
当科では手術のみではなく化学療法を含め総合的に治療しています。
鼡径ヘルニア、胃、膵臓の手術も多いです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 115 21.81 21.03 19.13 65.67
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 78 19.31 23.36 35.90 *74.06
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 56 16.25 25.09 83.93 *80.32
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 44 13.77 16.10 9.09 71.11
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1 なし 39 14.28 19.90 23.08 69.18
股関節疾患の患者さんが最も多く、手術件数も人工関節置換術が最も多くなっています。
脊椎疾患、膝疾患がそれに次いでおり、急性期、外傷患者の受け入れも行っていることから股関節周囲の骨折患者の治療も積極的に行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 50 9.30 7.71 0.00 *78.14
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 31 3.84 4.06 0.00 47.35
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 25 16.76 12.87 0.00 *63.96
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 23 10.74 9.12 0.00 *68.61
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 19 2.16 9.63 0.00 70.53
皮膚科では、良性及び悪性皮膚腫瘍の診断、治療において豊富な経験があります。悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病や稀な腫瘍も含む皮膚悪性腫瘍の診断、手術治療、放射線治療、薬物療法を行っています。当院皮膚科は日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)に属しているため、悪性腫瘍の最新治療を受けたり、治験薬を使うこともできます。
腫瘍以外にも、帯状疱疹や蜂窩織炎から壊死性筋膜炎などの急性皮膚感染症の外科的、内科的な治療や、膠原病、種々の水疱症、アレルギー疾患の精査、治療、アトピー性皮膚炎、脱毛症や無汗症の集中治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 65 12.51 11.89 0.00 68.83
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 なし 65 8.95 7.13 0.00 *74.40
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 62 3.47 2.54 0.00 71.16
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 60 3.22 4.13 3.33 *67.63
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 37 11.68 11.03 5.41 64.97
当院ではもちろん悪性腫瘍(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌、陰茎癌)の診療が中心となっていることは間違いないと思われ、膀胱腫瘍、前立腺線種および腎腫瘍に対する手術が上位を占めています。
また非悪性疾患の診療も広く行っており、地域的な特徴上、道北圏内の泌尿器科常勤医の不在地域からの患者も多く受け入れております。PSA検診後の前立腺生検や尿路結石に伴う尿路感染症などに対する尿管ステント留置が多くを占めているのはそういった要素があるからと思われます。
上述以外にも男性不妊に多雨する精巣内精子採取や精索静脈瘤の手術、女性泌尿器(尿失禁や骨盤臓器脱)、小児泌尿器科疾患、副腎疾患に対する外科治療など泌尿器科領域を広く網羅する診療を行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 319 6.11 4.95 0.31 *74.47
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 248 3.36 2.76 0.00 *71.86
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 93 3.02 3.15 0.00 28.55
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり 片眼 85 6.00 5.79 0.00 68.66
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 85 11.02 8.97 0.00 *56.48
入院での白内障手術に対応しており、遠方の方は両眼の手術を一度の入院で行っています。
白内障の他、網膜疾患、緑内障、斜視、角膜疾患等、全ての眼疾患の治療が可能であり、旭川市内のみならず地域の関連病院から多くの紹介を受けております。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 25 7.84 6.71 0.00 60.80
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 23 9.13 7.52 0.00 42.83
030428xxxxxxxx 突発性難聴 21 9.00 8.81 0.00 61.14
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 20 8.75 9.17 0.00 58.40
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 17 8.94 8.69 0.00 28.00
耳鼻咽喉科領域では慢性副鼻腔炎の頻度が高く、手術を必要とする症例も少なくありません。市中のクリニックからは手術適応となる比較的重症の慢性副鼻腔炎が紹介され、当院では多くの症例に内視鏡下鼻副鼻腔手術をおこなっています。
慢性化膿性中耳炎や中耳真珠腫に対する外科治療は、鼓室形成術が一般的です。道北・道東圏には鼓室形成術をおこなえる施設が少ないため、地域の病院を初診した手術適応の患者はほぼ全例が当院へ紹介され、手術を受けています。
突発性難聴に代表される急性感音難聴や顔面神経痳痺は頻度が高く、症例の大部分が市中のクリニックを初診しています。治療はステロイドの投与が主体であり、副作用への対応のため入院での治療を勧められる場合が多く、クリニックからの紹介で入院加療をおこなう症例が増えています。
急性扁桃炎、急性咽喉頭炎、扁桃周囲膿瘍などの急性感染症は、軽症であれば市中のクリニックへの通院加療で問題ありませんが、重症化すると経口摂取が不能となり、気道閉塞による窒息の危険性が高くなるため、入院加療が必要となります。また、急性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍は反復するケースが多いので、当院で入院治療を受けた症例については、根本的な治療として扁桃摘出術などの外科治療をおすすめしています。そのために扁桃周囲膿瘍や急性扁桃炎の既往のある患者の手術を目的とした入院が多くなっています。
頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1 なし 57 8.54 8.50 0.00 56.35
03001xxx99x31x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 あり 21 65.90 43.67 0.00 64.62
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 21 9.19 7.20 0.00 59.33
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 16.61 13.68 0.00 68.00
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 11 5.55 12.17 0.00 76.73
甲状腺悪性腫瘍の手術症例が最も多く、頭頸部悪性腫瘍に化学療法と放射線治療の併用療法をおこなった症例、また耳下腺や顎下腺などの大唾液腺の腫瘍摘出術をおこなった症例が続いています。高齢化が加速しているため、頭頸部悪性腫瘍で手術治療をおこなった症例、治療後の再発症例、遠隔転移で全身状態が悪化して自宅療養が難しくなった症例の入院が徐々に増えています。
甲状腺良性腫瘍と甲状腺早期癌に対しては、頸部に傷がはいらない、内視鏡下手術を積極的におこなっています。当院では2009年からこの内視鏡下甲状腺手術をおこなっていて、保険収載となった2018年以降では、国内でトップの症例数になっています。一方、進行した甲状腺癌では手術後にヨード放射線治療や分子標的薬治療を含む最新の治療を、他の診療科と連携をとりながらすすめています。頭頸部悪性腫瘍の手術症例には、近年増加傾向にある内視鏡下での早期咽頭癌を対象とした経口腔的腫瘍切除が含まれております。低侵襲であり早期退院が可能です。一方、進行頭頸部癌には放射線療法と化学療法を併用した治療をおこない、できる限り臓器を温存できるような治療をすすめています。頭頸部進行癌の再発症例に使用可能な分子標的薬の適応が拡大され、担癌状態でQOLを損なわずに療養を継続される患者が非常に増えています。当然ですが、治療効果には限界があり、終末期のケアを求めて当院への入院を希望される症例も増えてきています。しかし、手術、放射線治療、化学療法など積極的な治療のために病床を確保する必要があり、終末期のケアは後方支援病院に協力いただいています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 50 8.96 9.45 0.00 34.40
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし 16 25.06 21.68 18.75 31.56
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 13 8.15 9.45 0.00 32.31
120170x101xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 子宮破裂手術等 13 37.46 37.20 0.00 33.31
120170x001xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週以上) 子宮破裂手術等 11 11.27 14.59 0.00 31.45
胎児及び胎児付属物の異常、子宮全摘術等
当院では既往帝切後妊娠など選択帝王切開を行う場合では、手術の前日入院、術後6日目退院で8日間の入院となる。胎児異常・胎児発育不全の母体管理では、入院して胎児状態のモニターを行ってからの帝王切開となるため、選択帝王切開の場合よりも入院管理が長くなる。

早産、切迫早産 手術無し 手術・処置等2なし
切迫早産で入院し、自然早産で経腟分娩となったか分娩とならずに退院となった場合が主である。当院では妊娠34週まで切迫早産の入院管理を行っているため、入院した週数が早く、妊娠期間が延長されたほど入院期間は長くなる。切迫早産の入院管理中に自然早産となった場合は入院期間が短縮される。

分娩の異常 子宮破裂等
胎児機能不全、分娩停止、予定帝王切開者の陣痛発来・前期破水などにより緊急帝王切開となった方が主となる。入院日に帝王切開となる例が多いため、選択帝王切開の場合よりも入院の場合よりも1日短くなる場合が多いと考えられる。

早産、切迫早産34週未満、帝王切開術等
多胎妊娠を含む切迫早産の管理中に早産となったもののうち、経腟分娩の適応ではなく緊急帝王切開となったもので、妊娠34週未満の場合は妊娠期間の延長を図るため、入院期間が長くなる。

早産、切迫早産34週以上 帝王切開術等
34週以降の早産期に陣痛発来・前期破水したが経腟分娩の適応ではなく、帝王切開となったものであるが、妊娠34週以降では妊娠継続を図らずに分娩の方針としているため、34週未満の早産・切迫早産よりも入院期間は短くなっている。

当院は道北地域で唯一、集学的周産期医療が可能であり、胎児異常の診断・治療の拠点となっている。胎児異常・早産症例・合併症妊娠など周産期全般の異常を認める症例が数多く紹介され、症例によっては入院期間が長くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 165 3.29 4.44 0.00 58.84
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 64 5.89 6.10 0.00 45.59
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 61 3.25 4.34 0.00 59.39
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 57 3.28 4.24 0.00 63.74
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 52 5.88 6.16 0.00 42.62
当院では、子宮筋腫や卵巣腫瘍等の良性疾患をはじめ、早期の子宮体癌、子宮頸癌症例に対しても積極的に腹腔鏡下手術を行っており、患者様の早期の日常生活への復帰を目指しています。また、良性疾患に対してはロボット支援手術にも対応しています。
当院は、放射線科、泌尿器科、精神科等も有しており、道北地域で唯一、婦人科疾患に対して集学的治療が可能な施設であり、婦人科悪性腫瘍についても広く受け入れ治療しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 50 14.54 6.15 0.00 62.10
100140xx99x2xx 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 9.36 - -
100020xx99x5xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり - - 8.51 - -
100020xx99x00x 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.55 - -
- - - - - - -
甲状腺の悪性腫瘍・バセドウ病を含んだ機能亢進症に対し、放射性ヨードを用いた内用療法を行っています。放射性ヨードの病院別薬剤使用量は全国の病院を対象とした統計でも上位に位置しており、多くの患者様が当院で治療を受けておられます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 13.55 15.64 44.83 70.34
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 20.92 21.17 4.17 56.88
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 16.41 18.86 81.82 69.00
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 21 2.10 3.04 0.00 64.19
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 10.95 9.68 25.00 *81.05
DPCコードによる分類上、脳梗塞の症例が最も多い結果となりました。
当院では開頭クリッピング術に加え、脳血管内治療によるコイル塞栓術も行っているため、術前の精密な検査を重要視しています。
その次に脳腫瘍の入院が多い血管となりました。当院では良性・悪性に関わらず集学的な脳腫瘍治療を実施しており、他院からの紹介が多いためと考えられます。
続いて外科的治療を必要としなかった頭蓋内出血、脳梗塞、さらに穿頭ドレナージを行った慢性硬膜下血腫の症例が多い結果となりました。
救急患者の積極的な受け入れを行っていることに起因していると考えられます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 2.86 3.81 13.64 47.77
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 19 5.37 13.00 68.42 *84.26
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 10.51 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.68 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.18 - -
当科では専門診療科での介入を必要としない中等症から重症例または複数科にまたがる中等症から重症例の入院治療を担当していることから上記のような入院症例が多い傾向が反映されていると考えられます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 63 15 13 18 12 68 1 8,7
大腸癌 44 36 66 60 21 326 1 7
乳癌 112 127 26 10 - 44 1 7
肺癌 99 15 35 65 11 152 1 7
肝癌 10 31 12 - - 105 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数としては大腸癌が最も多く、次いで肺癌、乳癌の順に多い結果となりました。
当院は「がん診療連携拠点病院」として、手術だけでなく、抗がん剤治療、放射線治療など患者さんに合わせた治療法を選択し、総合的に管理しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 19 13.11 *75.68
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
前年度と比較し、市中肺炎の患者数は減少しています。
今年度は中等度が最も多い結果となりました。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 118 16.22 *74.43 48.53
その他 18 14.50 *78.00 5.88
脳梗塞では、87%の患者さんが発症日から3日以内に治療を受けています。脳梗塞治療では、迅速に治療を行うことがその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。当院では、緊急に治療が必要な患者さんを常に受け入れることが可能な体制となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 103 2.39 3.03 0.97 64.29
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 54 4.70 3.43 5.56 74.02
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 48 7.96 10.58 12.50 *84.46
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 28 2.57 9.32 10.71 *78.25
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 19 0.11 11.05 15.79 73.95
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 31 18.68 5.87 3.23 66.52
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K510-22 光線力学療法(その他のもの) - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) - - - - -
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 196 0.72 1.12 0.00 66.22
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 108 2.96 8.13 8.33 73.29
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 76 4.83 7.88 1.32 68.83
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 52 1.65 5.21 0.00 75.06
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 47 2.77 9.23 2.13 70.94
血液・腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 21 18.95 9.52 4.76 72.14
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - -
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 10 0.00 41.20 0.00 0.00
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独のもの) - - - - -
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独のもの) - - - - -
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) - - - - -
心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 47 3.32 20.36 48.94 70.98
K5551 弁置換術(1弁のもの) 33 4.21 16.73 36.36 72.52
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 28 2.39 12.75 25.00 *78.93
K597-2 ペースメーカー交換術 20 1.40 1.00 0.00 *78.90
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈)(その他のもの) 18 0.11 17.67 77.78 *74.61
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 106 2.42 9.17 16.04 *70.62
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈) 53 12.04 36.15 45.28 69.11
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 51 2.04 9.00 9.80 *76.98
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 13 4.54 19.31 7.69 69.69
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 3.08 10.00 15.38 70.38
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 等 73 1.58 12.34 12.33 68.78
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 29 2.24 7.55 0.00 68.48
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 1.64 9.00 0.00 71.73
K5132 胸腔鏡下肺切除術(部分切除) 10 2.20 8.30 0.00 63.30
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 103 1.57 8.05 0.97 62.60
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) 102 1.49 7.06 0.00 58.41
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 51 1.35 6.29 0.00 56.86
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル以上) 35 1.11 3.60 0.00 49.83
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 32 1.34 7.19 0.00 60.28
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.00 1.00 0.00 3.03
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 14 1.00 0.86 0.00 2.93
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) - - - - -
K667-2 腹腔鏡下噴門形成術 - - - - -
K804 尿膜管摘出術 - - - - -
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 3.96 12.96 6.25 *71.56
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)(内視鏡手術用支援機器を用いて行った場合) 等 33 4.61 17.73 12.12 *68.06
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 32 1.53 2.69 3.13 72.41
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 30 2.73 9.77 3.33 69.20
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 等 30 6.70 11.03 0.00 *72.20
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 221 1.96 18.27 27.15 *69.31
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 91 1.37 12.00 16.48 69.90
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 43 1.40 11.72 76.74 *79.65
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 28 2.07 18.50 75.00 *68.82
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 27 0.93 1.78 0.00 42.15
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 64 1.02 7.33 1.56 *78.34
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 13 1.00 1.77 0.00 33.15
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
K0151 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25未満) - - - - -
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 83 2.07 6.00 0.00 *73.71
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 74 0.80 2.65 4.05 *68.04
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 64 2.02 9.22 0.00 68.88
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 23 3.30 11.83 21.74 66.96
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 21 2.71 7.76 0.00 63.90
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 547 2.67 1.17 0.00 *73.78
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 206 1.36 7.19 0.00 *64.77
K2683 緑内障手術(濾過手術) 63 1.16 10.68 0.00 67.24
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 52 1.96 3.42 0.00 *70.40
K2423 斜視手術(前転法及び後転法の併施) 48 1.00 1.02 0.00 36.02
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1.73 6.47 0.00 31.10
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 28 1.64 5.25 0.00 57.86
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 13 1.62 6.54 0.00 44.46
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 13 2.31 5.62 0.00 36.31
K4503 唾石摘出術(一連につき)(腺体内に存在するもの) - - - - -
頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 14 2.29 6.43 0.00 58.86
K4611 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 12 1.33 5.75 0.00 63.58
K461-21 内視鏡下甲状腺部分切除、腺腫摘出術(片葉のみの場合) 11 1.00 5.64 0.00 47.09
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)(頸部外側区域郭清を伴うもの) 10 1.80 6.40 0.00 53.20
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)(頸部外側区域郭清を伴わないもの) - - - - -
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 52 9.02 6.58 0.00 33.50
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 50 3.38 6.00 0.00 34.16
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) - - - - -
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶもの) - - - - -
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - -
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 等 62 1.05 4.16 0.00 49.63
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 等 58 1.10 3.88 0.00 42.78
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 39 2.05 11.31 0.00 58.51
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.00 0.97 0.00 37.58
K879 子宮悪性腫瘍手術 23 3.04 8.78 0.00 52.17
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 51 8.80 32.69 13.73 62.86
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.42 10.15 23.08 *79.23
K1781 脳血管内手術(1箇所) 19 3.11 15.84 15.79 61.47
K1742 水頭症手術(シャント手術) 12 8.25 13.08 41.67 67.08
K178-4 経皮的脳血栓回収術 12 0.67 21.17 75.00 70.67
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 19 0.15
180010 敗血症 同一 15 0.12
異なる 30 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 92 0.71
異なる - -
外傷による臓器損傷や消化器系の大手術後に血液の凝固異常をきたす播種性血管内凝固を起こす場合があります。また、様々な感染症などから血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。
手術・処置等の合併症については、入院のきっかけとなった病名と最も医療資源を投入した病名が同一である症例でした。これは手術・処置等の合併症を主訴として入院し治療を受けた患者さんが多いということです。
手術や処置などは合併症を起こさないよう細心の注意を払って施行していますが、どうしても一定の確率で起こりえます。当院では事前に充分な説明を行い同意をいただくよう努めております。
更新履歴
2021/9/29
令和2度年度病院指標を公開しました。
本内容は、厚生労働省の「医療法における病院等の広告規制について」(ページ右最上部にリンクあり)を遵守して記載を行っております。