施設利用の手続き 

1. 放射性同位元素技術支援部門を利用するための手続き

    医学部において、研究のために用いるラジオアイソトープ(RI)は、当施設管理区域内の作業室でしか取り扱うことが出来ません。そのため当施設

  を利用するには、旭川医科大学放射線障害予防規程に定められた放射線業務従事者として登録する必要があります。

2. 放射線業務従事者の登録手続き

 (1) 放射線業務従事者登録申請書 (Excel) (PDF) の提出

   @基礎系の場合は学長宛に、臨床系で医療業務に携わる場合は、学長と病院長宛に2枚の申請書を総務課総務係に提出します。

 (2) 健康診断の受診

   管理区域に立ち入る前に必ず受診が必要です。

   @ 血液(一般抹消血)検査結果(6か月以内)

   A 皮膚視診結果 (Excel) (PDF

   B 問診票 (Excel) (PDF

   基礎系は当施設管理室、臨床系は総務課総務係まで提出して下さい。

 (3) 教育訓練講習会の受講

   @ 新規登録者

   予防規程に定められた内容について年4回実施しています。

   管理区域に初めて入る前に1回受講して下さい。

   A 年次更新者

   年1〜4回実施される予防委員会主催の全学の教育訓練を毎年受講して下さい。

 (4) 個人被ばく線量計の貸与
    

   上記(1)〜(3)までの手続きを終えたら個人被ばく線量計(クイクセルバッジ)が貸与され、被ばく線量の測定に使用します。
        
 (5) 放射線業務従事者の登録完了

   手続き等が完了しましたら,翌月の1日から管理区域への出入りが出来、RIを使用した実験が出来ます。

3. 放射線業務従事者の登録停止の手続き

   当施設を利用しなくなった時、又は本学職員等に該当しなくなった場合は、放射線業務従事者登録取消届 (Excel) (PDF) を管理室に提出して下さい。

4. 継続または新規の利用

   講座等が当施設を継続または新規に利用する場合、次の書類を管理室に提出して下さい。

   放射線同位元素研究施設使用届 (Excel)  (PDF)  (記入例)、(別紙) (Excel)  (PDF)  (記入例) 

国立大学法人旭川医科大学教育研究推進センター|〒 078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号|電話 : 0166-68-2886
問い合わせ 情報の取り扱い アクセス マスコミの方へ
Copyright(C) 2012 Center for Advanced Research and Education, Asahikawa Medical University.