国立大学法人 旭川医科大学

大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ≫ ニュース/トピックス
「北海道における地域周産期医療の確保に関する協定」を締結しました
平成29年03月29日

協定締結式(左・千石教授)

 3月28日(火)午前10時から北海道庁6階会議室において、旭川医科大学と北海道は「北海道における地域周産期医療の確保に関する協定締結式」を行い、本学からは産婦人科学講座 千石一雄教授が出席しました。
 これは、北海道における地域の周産期医療を確保し、道民が安心して産み育てられるよう、旭川医科大学と本学に関係する分娩取扱医療機関に対する支援についての協定です。
 千石教授は、「持続可能な周産期医療の確保、産婦人科医師の養成・育成について支援をいただき、大変心強い。」と挨拶をのべました。

旭川医科大学総務部企画広報評価課

 このページのトップへ
 
 
当サイト内ページの一部及び、ファイル閲覧の際には下記プラグインが必要となります。お使いのパソコンで閲覧ができない場合は、各サイトからダウンロードしてご利用ください。

Macromedia Flash
トップページのFLASH画像が閲覧できない場合は、ダウンロードしてご覧ください。


Adobe Reader
サイト内にある申込書などのPDFファイルが閲覧できない場合は、ダウンロードしてご利用ください。