国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問い合わせ | ENGLISH |
     
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 病理学講座 腫瘍病理分野
 病理学(pathology)は疾患の成り立ちを研究する学問で、長い歴史を持ち、臨床医学と共同しながら医学の基盤を形作ってきました。現代の病理学は、従来からの顕微鏡を用いた形態学的方法だけではなく、細胞生物学、分子生物学を含めた様々な手法を駆使しています。
 私たちは、疾患の場において、どのような細胞がどのように相互作用しているのか、いわば細胞社会学を常に念頭におきながら、未解決の病理学的テーマに取り組んでいきたいと考えています。     
 
教授挨拶
教育
研究
スタッフ
独自ページリンク
 
トピックス
 
トピックスはありません
教授挨拶
 

教 授 : 西川 祐司 (にしかわ ゆうじ)

 私は本学に6期生として入学し、卒業後、初代教授 故下田晶久先生が主宰される病理学第一講座において大学院生として病理学を学びました。大学院修了後、第2代教授として赴任された小川勝洋先生(現名誉教授)のもとで助手を務め、1993年12月から米国ピッツバーグ大学移植研究所のブライアン・カー教授の研究室で実験に専念しました。1998年5月からは榎本克彦教授の主宰される秋田大学医学部病理学第一講座(現在は秋田大学大学院医学系研究科 分子病態学・腫瘍病態学講座)で講師、准教授として研究、教育、診断に従事し、2009年11月16日付けで本学に戻ってまいりました。
 赴任して以来、皆様の暖かいご支援のおかげで、順調に教室の基盤を整えることができました。ご協力に心より感謝いたします。これからスタッフ一同、本格的に病理学教室としての活動を開始したいと考えております。
 現在の私たちの主な研究分野は、線維化を伴う慢性肝障害における肝構成細胞の病理です。特に、胆管が異常に増加する現象(細胆管反応)について興味を持ち、研究を進めてきました。最近はこれらの研究を応用して、古くて新しいテーマである肝内・肝外胆管発生過程の解明に向けて、遺伝子改変動物を用いた検討を行っています。また、肝障害に伴う肝細胞の分化異常、増殖異常(発癌)を個体レベルで調べるため、肝細胞を標識し、長期間追跡する動物実験モデルの構築を目指しています。その他、肝以外の慢性炎症性疾患(肺,腎,腹膜線維症など)の病態解明や治療法開発に向けた研究を行うとともに、当教室がこれまで培ってきた分子腫瘍学的研究をさらに推し進めていきます。上記の研究活動とともに、病理学教室の根幹をなす病理診断には病理部、免疫病理分野の先生方と協力しながら、意欲的に取り組んでいきます。また、学内・学外を問わず、共同研究を進めていきたいと考えておりますので、私たちに何かお手伝いできることがあれば、いつでもお声をお掛けください。
 学生教育も私たちにとり重要な課題です。特に最近は、医学における基礎医学の意義、研究することの意味が忘れられていく傾向にありますが、病理学の豊かな世界を通じて大切なメッセージを伝えられるよう、自ら研鑽していく所存です。教室はできるだけ開放的な雰囲気に保ち、抄読会や輪読会などの課外活動も積極的に行っています。学生の皆さん、いつでも遠慮せずに、私たちの教室を訪ねてください。教室の中では権威の方法を可能な限り排除し、科学の方法によって一緒に考え、ディスカッションできるよう心がけています。
「此の道(学道)は人人具足なれども、道を得る事は衆縁による。人人利なれども、道を行ずることは衆力を以つてす」(正法眼蔵随聞記第四)は私の座右銘の1つです。今後、病理学教室が多くの人々が集う、自由で生き生きした学問の場になるよう、微力ながら努力を続ける所存ですので、これからもご指導、ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 このページのトップへ
教育
 
第2学年
組織学【前期】
機能形態基礎医学【後期】
基礎医学特論【後期】
第3学年
病理学実習【前期】
腫瘍学1【後期】
医学英語W A【後期】
選択必修コース(講座配属)【後期】
選択必修コースU(加齢と適応の医学)【後期】
選択必修コースU(EBM・CPC)【後期】
第4学年
医学英語W B・医学研究特論【前期】
腫瘍学2【前期】
選択必修コースX(加齢と適応の医学)【後期】
選択必修コースX(EBM・CPC)【後期】
第6学年
アドバンス臨床実習【前期】
統合演習(病理学)【後期】
 このページのトップへ
研究
 

慢性肝傷害の病理

(1)細胆管反応のメカニズム

 線維化を伴う慢性肝障害(肝硬変など)では小型で不規則な胆管が増生する細胆管反応が高頻度で認められます。この現象は通常、肝細胞と胆管上皮細胞いずれにも分化できる肝ステム(幹)細胞の再生性増殖に基づくと解釈されています。しかし、肝細胞は一旦成熟した後も微小環境の変化に伴い胆管上皮細胞に分化しうる能力を持つことが、三次元培養系を用いた私たちの研究で明らかになりました。現在は、この分化転換現象のメカニズムを詳細に検討するとともに、遺伝子改変マウスを組み合わせた動物モデルを用いて個体レベルで分化転換を証明することを目指しています。

(2)肝細胞癌発生のメカニズム

 肝細胞癌のほとんどは肝硬変などの慢性肝障害を基盤として発生しますが、発癌メカニズムの詳細は不明です。私たちはマウスやラットを用いた実験モデルを用い、なぜ慢性肝障害が肝細胞癌を誘導するのか、今後明らかにしていきたいと考えています。

(3)星細胞活性化とその抑制

 肝において線維増生をもたらすのは活性化した星細胞であることが知られています。私たちは蛋白チロシン脱リン酸化酵素阻害剤であるバナジウム酸が星細胞活性化を強く抑制し、実験肝線維化モデルにおいても線維化を軽減することを見出しました。今後はバナジウム酸の作用メカニズムをより詳細に解明し、肝以外の慢性炎症性疾患(間質性肺炎、間質性腎炎、線維性腹膜炎など)へ研究を発展させていきます。

肝内・肝外胆管の発生過程の研究

 これは肝細胞から胆管上皮細胞への分化転換の研究の副産物ですが、現在、重点的に研究を進めているテーマの1つです。胆管系の発生に関しては不明の点がまだ多いのですが、私たちは遺伝子改変動物を用い、肝内胆管、肝外胆管がどのようにして形成され、連続性を確立していくのかを調べています。このような基礎的研究は将来的に胆管系の種々の病態を理解するのに有益であると信じています。

 このページのトップへ
スタッフ
 

平成28年3月1日現在

教授 西川 祐司
助教 山本 雅大
助教 大塩 貴子
大学院生 陳 錫
大学院生 辛 氷
技術補助員 岡田 陽子
事務補助員 千葉 弘子
 このページのトップへ
 

| サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 


 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)