国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
 
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 病理学講座 免疫病理分野

 本講座では,病理学・免疫学を主体とした講義・実習,研究,病理組織診断,病理解剖を行っています。
 病理学は,病的組織の形態学とともに,病気における分子レベルの機能や構造の異常に関する知識と,その個体への影響の理解を含む学問です。そのため,臨床医学や医学教育において,現代医学を理解したり,実践したりする上で,最も必要な科学的知識,考え方,研究方法の根幹部分を形成しています。免疫学は,外来微生物の侵入をどのように宿主が防いでいるか(生体防御)を解明する学問です。それら生体防御に関わる細胞集団全体の反応を免疫系と呼び,ヒトが生きていくうえで必須のものです。したがって,多くの病気でそれら免疫系がどのように働いているかを理解することが医学の基礎となります。本学の医学生には,これらの病理学・免疫学の基礎を理解するとともに,臨床医学に応用できる幅広い知識の習得が望まれます。
 免疫を基盤としたテーマで研究を行っています。移植免疫、アレルギー、腫瘍免疫、自然免疫について,ヒトのリンパ球やマウスの細胞などを使った実験・解析が行われています。

 
教授挨拶
教育
研究
独自ページリンク
 
トピックス
 
トピックスはありません
教授挨拶
 

教 授 : 小林 博也 (こばやし ひろや)

 このページのトップへ
教育
 
  • 組織学(病理学序論・炎症総論)(医学科2年・前期)
  • 免疫学(医学科2年・前期)
  • 免疫学実習(医学科2年・前期)
  • 医学チュートリアルU(免疫)
  • 機能形態基礎医学(呼吸器、循環器、腎、性器、感染症)(医学科2年・後期)
  • 病理学実習(腎、循環器、呼吸器、女性性器、乳腺、男性性器、血液)(医学科3年・前期)
  • 医学英語WA,選択必修コース(医学科3年・後期)
  • 医学英語WB,医学研究特論(医学科4年・前期)
  • 基礎医学特論(医学科2年・後期)
  • 選択必修コースW「生体構造機能蛋白・病態解析コース」(医学科4年)
  • 選択必修コースX「EBM・CPCコース」(医学科4年)
  • 臨床実習選択(病理)(医学科6年)
 このページのトップへ
研究
 

おもな研究テーマ

小林博也 教授

  1. 腫瘍免疫学
  2. 人体病理学

青木直子 講師

  1. 骨髄系細胞におけるDAP12シグナルの解析
  2. マクロファージ活性化に関与する新規分子の探索
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)