地域連携クリティカルパス

地域連携クリティカルパスとは

地域連携クリティカルパス(通称;連携パス)とは、手術などの初期治療を行ったがん診療連携拠点病院と、地域の一般医療機関の「かかりつけ医」が同じ診療方針のもとに共同で患者さんの治療に携わるために作成した「共同診療計画書」のことです。 がん診療連携拠点病院では、患者さんを中心に地域の医療機関と情報交換を行い、地域の病院や診療所と同じ診療方針で安全で質の高い医療を目指して、地域連携クリティカルパスを活用しています。
胃がん見本PDFダウンロード

地域医療連携フローチャート

地域医療連携の流れ 地域医療連携フローチャート

私のカルテ

私のカルテ(表紙) ご自身の身体の状態を複数の医師に知らせるために活用する患者さんご自身にお持ちいただくカルテです。
  1. 「私のカルテ」について
  2. 決定した連携先医療機関とがん診療連携拠点病院の連絡先
  3. 地域連携クリティカルパスのご説明
  4. わたしの診療情報
  5. 通信欄
  6. 質問メモ用紙
  7. 患者さん用 共同診療計画表
  8. おくすり手帳、薬説明の小冊子、薬剤情報提供書など等が綴じられています。
私のカルテ見本PDFダウンロード

私のカルテ(内容)
地域連携クリティカルパスは、患者さんに納得していただいたうえで、患者さんも含めて、医師・看護師・薬剤師等が共同で利用できる診療体制、スケジュールを記載した表です。「連携パス」に基づいて主治医が複数になり、協力して診療を行います。
旭川医科大学病院 腫瘍センター 地域がん診療連携拠点病院
〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL 0166-69-3232 FAX 0166-69-3239

Copyright (C) 2010-2014 Asahikawa Medical College Hospital.