多職種連携で活動する部署紹介

入退院センター

写真:入退院センター

入退院センターは、入院が決まった患者さんに安心して入院していただけるよう、看護師と事務職員が外来の診察終了後に面談をしています。患者さんとのお話から、必要時、認定看護師、がん相談診療支援センターの紹介など各専門部署へ看護をつなぎ必要なサポートを得られるように調整しています。

また、地域医療連携室看護師と連携し、入院前より退院調整や在宅療養支援が得られるよう調整を行っています。 そのほか、入院決定時の電話連絡、中止薬や前処置の連絡などを行い、検査や治療が予定通り安全に実施できるよう支援しています。

センターを利用した患者さんからは「病気についての不安を相談できてよかった。」「丁寧に説明してもらい安心した」「入院前に医療費について聞けて良かった」等の声をいただいています。

今後も、外来での診察・検査などを終えた患者さんが、安らげる環境の中で面談を行い、多職種と連携しながら、患者さんやご家族の心身の負担を少しでも和らげられるよう努めていきます。

地域医療連携室

写真:地域医療連携室

地域医療連携室では、継続ケア看護師と医療ソーシャルワーカーとが協働し、患者さんの退院支援及び地域での療養生活のサポートを行っています。特に継続ケア看護師は、患者さんの病状をふまえながら、その人らしい生活ができるように医療・看護面を中心とした調整・支援を行なっています。入退院センターとも連携し、入院前にお困りの患者さんの相談にも対応しています。

患者さんが安心して過ごせるよう、外来・病棟・地域の看護がつながっていくことを大切に活動しています。

腫瘍センター、点滴センター、緩和ケア ナースステーション

写真:点滴センター

点滴センターでは、外来化学療法中の患者さんが安全・確実・安楽に外来化学療法を継続できるよう8名の看護師(1名のがん化学療法認定看護師を含む)が勤務しています。11床のリクライニングチェアと9床のベッドの計20床で年間7,000件以上の治療を行っています。外来治療を行いながら生活をする上での不安や迷いを一緒に考え、意思決定支援や症状マネジメントを通して、安心して生活を送れるよう関わりを大切にしています。また、患者さんが抗がん剤治療と向き合い頑張る姿勢を多職種と連携しながらチームで支えています。

がん相談支援センター

がん相談支援センターでは、疾患や治療に関する正しい知識、告知後の精神面への支援や家族のがん闘病を支える苦悩など年間約1,000件を超える相談に、がん専門相談員の看護師が応じています。さらに、毎月第1・第3金曜日には、がん患者とそのご家族の交流・親睦・情報交換の場としてがん患者サロン「ほっとピア」を、毎月第4月曜日には子育て中がん患者サロン「ななかまど」を開催しています。また、第3金曜日には、がんをテーマにした「ほっとピア・セミナー」を実施し、がんの疾患や治療、食事、生活、リラクゼ-ションをテーマに、毎回好評を得ています。

緩和ケア

緩和ケアは、がんと診断された時から始まります。患者さん、ご家族が抱える身体的、心理的、社会的苦痛をトータルペインとしてとらえ、マネジメントしながら、患者さんのがん治療、療養生活をサポートします。

緩和ケア認定看護師は、入院中、外来通院中の様々な時期の患者さん、ご家族がよりよい生活を送れるよう緩和ケアチームの一員として多職種と協働しながら看護を実践しています。患者さん、ご家族にとって身近な存在として思いをしっかりと受け止め、ほっとできるような看護を提供したいと考えます。

看護職キャリア支援

職場適応担当

写真:職場適応担当

私たちは、「ひとりひとりが主役」をモットーに、新人看護職員・中途採用者・復職者の職場適応を支援しています。「しんじんの時間」と称して、支援担当看護師と新人が語り合える時間を定期的に設け、週3回「いるかサロン」をオープンし、日頃の悩みや仕事と育児の両立、キャリアアップのことなど、共に語り合い、ひと息つける場となるよう心がけています。二輪草センターとも協同して、看護師・看護学生に対してふれあいランチタイムやセミナー開催や、潜在看護師や訪問看護師など、地域の看護職への研修も企画・運営しております。

教育担当

写真:看護職キャリア支援教育担当

看護職キャリア支援教育担当は、看護師が専門職として成長していく過程を支援します。 私たちは、部署の教育担当者と協力し、集合研修と部署教育の連動を目指しています。

技術研修では、看護部独自で制作した看護教育DVDをインストールしているタブレットを用いて演習を行っています。研修後、タブレットは各部署にあるため、いつでも確認することができます。また、集合研修で事例検討やリフレクションを用いてグループワークを行い、実践を振り返ることで学びを得て、明日からの実践につなげています。看護を語り合うことでやりがいや誇り、キャリアのきっかけに気づくこともあります。 私たちは、部署の教育担当者とともに、個々の新人看護師を支援し、それぞれに経験を重ね、2年目、3年目と頼もしくなっていく姿を見守っています。

倫理・研究担当

写真:倫理・研究担当

看護師は日常の看護の中でさまざまな困難に直面します。どうしたらよいか迷うこともあります。倫理・研究担当は、患者を尊重し、その 人らしい生き方ができるように思う看護師の気持ちが、研究や倫理的思考につながるように支えます。

輸血部専従看護師

輸血部専従看護師

2006年に開設された輸血部を前任者より引き継ぎ、 臨床輸血看護師の認定を取得し2014年4月より勤務しています。

輸血部では、手術前の自己血貯血、末梢血幹細胞採取などのアフェレーシス、多血症や慢性肝疾患に対する瀉血療法を行っています。 自己血貯血は、昨年度までに2500件を超え年々増加傾向にあります。

診療科では、整形外科の患者さんが最も多く、他には、腎泌尿器外科、 周産母子科(産科)女性医学科(婦人科)、脳神経外科、心臓血管外科などの 患者さんが輸血部に来室しています。

看護師は、医師・臨床検査技師などの他職種と連携し、安全な輸血医療に取り組んでいます。

PAGE TOP