菌名情報 Data base


 各種菌名についての情報を提供いたします。 情報は参考程度とし、詳細については専門書等で 確認されることを強くお勧めします。  情報の誤り等を発見された方は、お手数ですが E-mail でお知らせ下さい。
<属名検索>

A

  • Achromobacter
  • Acidaminococcus
  • Acinetobacter
  • Actinobacillus
  • Actinomyces
  • Aerococcus
  • Aeromonas
  • Agrobacterium
  • Alcaligenes
  • B

  • Bacteroides
  • Bifidobacterium
  • Bordetella
  • Branhamella
  • Budvicia
  • Burkholderia
  • Buttiauxella
  • C

  • Campylobacter
  • Capnocytophaga
  • Cardiobacterium
  • Cedecea
  • Chlamydia
  • Chromobacterium
  • Chryseomonas
  • Citrobacter
  • Clostridium
  • CNS
  • Comamonas
  • Corynebacterium
  • E

  • Edwardsiella
  • Eikenella
  • Enterobacter
  • Enterococcus
  • Erwinia
  • Escherichia
  • Eubacterium
  • Ewingella
  • F

  • Flavobacterium
  • Fusobacterium
  • G

  • Gaffkya
  • Gemella
  • H

  • Haemophilus
  • Hafnia
  • Helicobacter
  • K

  • Kingella
  • Klebsiella
  • Kluyvera
  • Koserella
  • L

  • Lactobacillus
  • Leclercia
  • Legionella
  • Leminorella
  • Listeria
  • Listonella
  • M

  • Megasphaera
  • Micrococcus
  • Mobiluncus
  • Moraxella
  • Morganella
  • Mycobacterium
  • Mycoplasma
  • N

  • Neisseria
  • Nocardia
  • O

  • Obesumbacterium
  • Oligella
  • P

  • Pantoea
  • Paragia
  • Pasteurella
  • Peptococcus
  • Peptostreptococcus
  • Plesiomonas
  • Porphyromonas
  • Prevotella
  • Propionibacterium
  • Proteus
  • Pseudomonas
  • R

  • Rahnella
  • S

  • Salmonella
  • Serratia
  • Shewanella
  • Shigella
  • Sphingobacterium
  • Sphingomonas
  • Staphylococcus
  • Stenotrophomonas
  • Stomatococcus
  • Streptococcus
  • T

  • Tissierella
  • U

  • Ureaplasma
  • V

  • Veillonella
  • Vibrio
  • W

  • Weeksella
  • X

  • Xanthomonas
  • Xenorhabdus
  • Y

  • Yersinia
  • Yokenella

  • Achromobacter

    <Achromo.xylosoxidans>
    非発酵陰性桿菌。See →Alcaligenes xylosoxidans subsp xylosoxidans

    Acidaminococcus

    <Acidaminococcus spp>
    嫌気性陰性球菌。下部消化管常在菌。

    Acinetobacter

    <Acineto.calco.var.alcaligenes>
    非発酵陰性桿菌。See →Acinetobacter alcaligenes
    <Acineto.calco.var.anitratus>
    非発酵陰性桿菌。See →Acinetobacter baumannii
    <Acineto.calco.var.calcoaceticus>
    非発酵陰性桿菌。See →Acinetobacter calcoaceticus
    <Acineto.calco.var.lwoffii>
    非発酵陰性桿菌。See →Acinetobacter lwoffii
    <Acinetobacter alcaligenes>
    非発酵陰性桿菌。
    <Acinetobacter anitratus>
    非発酵陰性桿菌。See →Acinetobacter baumannii
    <Acinetobacter baumannii>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。Glucose分解。
    <Acinetobacter calcoaceticus>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。
    <Acinetobacter haemolyticus>
    非発酵陰性桿菌。稀に喀痰などから検出。
    <Acinetobacter lwoffii>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。Glucose非分解。
    <Acinetobacter spp>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。合計約7菌種ある。

    Actinobacillus

    <Actinobacillus actinomycetemcomitans>
    陰性桿菌。口腔内常在菌。内因性感染菌。心内膜炎、菌血症、肺炎、肺化膿症、膿胸などの起炎菌。
    <Actinobacillus capsulatus>
    陰性桿菌。ヒトへの感染は稀。
    <Actinobacillus equuli>
    陰性桿菌。ヒトへの感染は稀。
    <Actinobacillus hominis>
    陰性桿菌。ヒトへの感染は稀。
    <Actinobacillus lignieresii>
    陰性桿菌。ヒトへの感染は稀。
    <Actinobacillus spp>
    陰性桿菌。通性嫌気性菌。血液寒天に発育。オキシダーゼ陰性。
    <Actinobacillus suis>
    陰性桿菌。ヒトへの感染は稀。
    <Actinobacillus ureae>
    陰性桿菌。上気道から分離される。肺炎、上顎洞炎、気管支炎、敗血症を起こすこともある。

    Actinomyces

    <Actinomyces bovis>
    嫌気性陽性桿菌
    <Actinomyces israelii>
    嫌気性陽性桿菌。口腔内常在菌。腸管、女性性器から分離。胸部、腹部の放線菌症を起こす。
    <Actinomyces meyeri>
    嫌気性陽性桿菌。歯牙周囲の溝に常在。脳脳瘍、胸水からも分離される。時に頚部、手、足、咬傷感染からも分離。
    <Actinomyces naeslundii>
    嫌気性陽性桿菌。口腔内、上気道常在菌。頚管分泌物からも分離。放線菌病巣部、眼感染症、女性性器感染症、歯周病から分離。
    <Actinomyces odontolyticus>
    嫌気性陽性桿菌。ヒトの虫歯から検出される。眼感染症からもよく分離される。
    <Actinomyces pyogenes>
    嫌気性陽性桿菌。化膿性感染症の起炎菌。急性咽頭炎、尿道炎や皮膚感染症を起こす。
    <Actinomyces spp>
    嫌気性陽性桿菌。合計約14菌種ある。
    <Actinomyces viscosus>
    嫌気性陽性桿菌。放線菌症と混在する。眼感染症やIUDを使う女性の頚管炎、歯周病、虫歯と関連がある。

    Aerococcus

    <Aerococcus spp>
    陽性球菌。
    <Aerococcus viridans>
    陽性球菌。ヒトの各種感染症から分離。緑レン菌と類似のコロニー。

    Aeromonas

    <Aeromonas caviae>
    陰性桿菌。淡水、河川、汚水、淡水魚から分離される。
    <Aeromonas hydrophila>
    陰性桿菌。食中毒の原因菌。日和見感染、敗血症、尿路感染、術後感染、創傷感染、軟部組織感染、心内膜炎、髄膜炎などを起こす。各種臨床材料から分離。水、下水、魚から分離される。ペニシリン、セフェム剤耐性。アミノ配糖体、テトラサイクリン感受性。
    <Aeromonas punctata>
    陰性桿菌。See →Aeromonas caviae
    <Aeromonas salmonicida ssp achromogenes>
    陰性桿菌。低温菌。ヒトの臨床材料からほとんど分離されない。37℃非発育。
    <Aeromonas salmonicida ssp masoucida>
    陰性桿菌。低温菌。ヒトの臨床材料からほとんど分離されない。37℃非発育。
    <Aeromonas salmonicida ssp salmonicida>
    陰性桿菌。低温菌。ヒトの臨床材料からほとんど分離されない。37℃非発育。
    <Aeromonas sobria>
    陰性桿菌。食中毒の原因菌。
    <Aeromonas spp>
    陰性桿菌。飲料水、淡水魚を介して感染する。

    Agrobacterium

    <Agrobacterium spp>
    非発酵陰性桿菌。土壌菌。環境菌。咽頭、喀痰から検出されることがある。粘稠性コロニー。臨床的意義は不明。

    Alcaligenes

    <Alcaligenes denitrificans subsp. xylosoxidans>
    非発酵陰性桿菌。See →Alcaligenes xylosoxidans subsp xylosoxidans
    <Alcaligenes faecalis>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。環境菌。尿、血液、痰、胸水など各種臨床材料から分離。A.faecalis = A.odorans
    <Alcaligenes odorans>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。環境菌。尿、血液、痰、胸水など各種臨床材料から分離。A.odorans = A.faecalis
    <Alcaligenes spp>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。環境菌。尿、血液、痰、胸水など各種臨床材料から分離。
    <Alcaligenes xylosoxidans subsp. xylosoxidans>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。消毒薬耐性菌。院内感染菌。環境菌。各種臨床材料から分離。

    Alteromonas

    <Alteromonas putrefaciens>
    非発酵陰性桿菌。See → Shewanella putrefaciens

    Bacteroides

    <Bacteroides bivius>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella bivia
    <Bacteroides buccae>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella buccae
    <Bacteroides buccalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oralis Group
    <Bacteroides caccae>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔など各種臨床材料から分離。B.distasonisと類似菌。
    <Bacteroides capillosus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。嚢胞、傷、口腔、顔から分離。
    <Bacteroides corporis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See → Prevotella corporis
    <Bacteroides corrodens>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Eikenella corrodens
    <Bacteroides corrodens>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Bacteroides ureolyticus
    <Bacteroides denticola>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella denticola
    <Bacteroides disiens>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella disiens
    <Bacteroides distasonis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。腸管常在菌。各種臨床材料から分離。B.caccae,B.merdaeと類似菌。
    <Bacteroides eggerthii>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。非B.fragilisグループ。胆汁抵抗性。各種臨床材料から分離。
    <Bacteroides endodontalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Porphyromonas endodontalis
    <Bacteroides fragilis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。軟部組織感染症、敗血症からよく分離される。傷、術創、血液、虫垂炎、腹膜炎、膿瘍など広く各種臨床材料から分離。
    <Bacteroides gingivalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Porphyromonas gingivalis
    <Bacteroides gracilis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉の裂け目から分離。臨床的意義は不明。
    <Bacteroides intermedius>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella intermedia
    <Bacteroides levii>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。
    <Bacteroides loescheii>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella loescheii
    <Bacteroides melaninogenicus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella melaninogenica
    <Bacteroides merdae>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔の常在菌。各種臨床材料から分離。
    B.thetaiotaomicronに似たコロニー。<Bacteroides oralis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oralis Group
    <Bacteroides oris>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oris
    <Bacteroides ovatus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔など各種臨床材料から分離。
    B.thetaiotaomicronと類似菌。<Bacteroides splanchnicus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。非B.fragilisグループ。胆汁抵抗性。顔、腟から分離。
    時に各種臨床材料から分離。<Bacteroides spp>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。
    <Bacteroides stercoris>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔など各種臨床材料から分離。
    <Bacteroides thetaiotaomicron>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔など各種臨床材料から分離。B.ovatusと類似菌。
    <Bacteroides uniformis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔など各種臨床材料から分離。
    B.ovatus,B.thetaiotaomicronと類似菌。<Bacteroides ureolyticus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。気道、腸管、血液、泌尿器から分離。寒天にくぼみを作り発育至適環境を作る。旧名 B.corrodens
    <Bacteroides vulgatus>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。B.fragilisグループ。顔の常在菌。各種臨床材料から分離。

    Bifidobacterium

    <Bifidobacterium spp>
    嫌気性陰性桿菌。ビフィズス菌。合計約52菌種ある。ヒトと共生関係。起炎菌となることはない。虫歯、膿瘍、腹部感染症からも見つかることがある。

    Bordetella

    <Bordetella avium>
    陰性桿菌。鳥類から分離される。ヒトへの病原性は不明。
    <Bordetella bronchiseptica>
    陰性桿菌。動物の上気道から分離される。動物、鳥類ペット愛好家の上気道からも分離される。
    <Bordetella parapertussis>
    陰性桿菌。パラ百日咳菌。血液寒天、チョコ寒天で発育。
    <Bordetella pertussis>
    陰性桿菌。百日咳菌。届出伝染病。ボルデージャング培地で3〜4日培養。血液寒天、チョコ寒天には発育しない。
    <Bordetella spp>
    陰性桿菌。合計4菌種ある。

    Branhamella

    <Branhamella catarrhalis>
    陰性球菌。口腔、鼻咽頭、性器分泌物から分離される。日和見感染菌。肺炎を起こす。髄膜炎も起こすことがある。カタラーゼ陽性。オキシダーゼ陽性。
    <Branhamella spp>
    陰性球菌。モラクセラ属の亜属に分類される。4菌種ある。カタラーゼ陽性。オキシダーゼ陽性。

    Budvicia

    <Budvicia aquatica>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水、便などで増殖。各種臨床材料から分離される。病原性は不明。1菌属1菌種。

    Burkholderia

    <Burkholderia cepacia>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。日和見感染菌。各種臨床材料から分離。消毒薬耐性菌。旧名Pseudomonas cepacia
    <Burkholderia mallei>
    非発酵陰性桿菌。鼻疽菌。馬鼻疽菌。ヒトに感染する。旧名Pseudomonas mallei
    <Burkholderia pickettii>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。旧名Pseudomonas pickettii
    <Burkholderia pseudomallei>
    非発酵陰性桿菌。類鼻疽菌。旧名Pseudomonas pseudomallei

    Buttiauxella

    <Buttiauxella agrestis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ヒトへの病原性は不明。1菌属1菌種。

    Campylobacter

    <Campylobacter coli>
    陰性桿菌。食中毒の原因菌。
    <Campylobacter fetus ssp fetus>
    陰性桿菌。敗血症、髄膜炎、関節炎などを起こすこともある。
    <Campylobacter jejuni ssp jejuni>
    陰性桿菌。食中毒の原因菌。ヒトの腸管にはほとんどいない。イヌ、ヤギ、ブタ、ニワトリの腸管から分離される。
    <Campylobacter spp>
    陰性桿菌。家畜の病原菌。
    <Campylobacter sputorum ssp fecalis>
    陰性桿菌。家畜の病原菌。
    <Campylobacter sputorum ssp sputorum>
    陰性桿菌。家畜の病原菌。

    Capnocytophaga

    <Capnocytophaga>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。口腔内常在菌。歯周病菌。軟部組織炎からも分離。

    Cardiobacterium

    <Cardiobacterium hominis>
    陰性桿菌。上気道、鼻咽頭、便から分離。稀に心内膜炎を起こす。

    Cedecea

    <Cedecea davisae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。各種臨床材料から分離。
    <Cedecea lapagei>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。各種臨床材料から分離。
    <Cedecea neteri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。各種臨床材料から分離。
    <Cedecea spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。各種臨床材料から分離。3菌種がある。

    Chlamydia

    <Chlamydia pneumoniae>
    上気道炎、肺炎、気管支炎を起こす。ヒトからヒトへ伝播される。
    <Chlamydia psittaci>
    オウム病クラミジア。人畜共通感染症。
    <Chlamydia trachomatis>
    トラコーマクラミジア。結膜炎、鼠径リンパ肉芽腫、尿道炎、直腸炎、新生児肺炎、非りん菌性尿道炎を起こす。STD

    Chromobacterium

    <Chromobacterium violaceum>
    陰性桿菌。土壌細菌。血液、皮膚、傷など各種感染症から分離。紫色色素を産生する。

    Chryseomonas

    <Chryseomonas luteola>
    非発酵陰性桿菌。腐った植物やヒトと共生している。各種臨床材料から分離。通常黄色色素産生。旧名 Pseudo. luteola

    Citrobacter

    <Citrobacter amalonaticus>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、菌血症、中耳炎など各種膿瘍の原因菌。腸管内自然界に広く分布。
    <Citrobacter diversus>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、菌血症、中耳炎など各種膿瘍の原因菌。腸管内自然界に広く分布。
    <Citrobacter freundii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、菌血症、中耳炎など各種膿瘍の原因菌。腸管内自然界に広く分布。各種感染症から分離。硫化水素産生。IND(-)。
    <Citrobacter spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、菌血症、中耳炎など各種膿瘍の原因菌。腸管内自然界に広く分布。合計約9菌種ある。

    Clostridium

    <Clostridium barati>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。顔の常在菌。眼感染症、傷、腹部、前立腺感染症など各種臨床材料から分離。ウェルシュ類似菌。
    <Clostridium beijerinckii>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。顔、腸管、傷から分離。C.butyricumと類似菌。
    <Clostridium bifermentans>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。傷、膿瘍、血液など各種臨床材料から分離。C.sordelliiと類似菌。ウレアーゼ非産生が違い。
    <Clostridium botulinum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。ボツリヌス食中毒を起こす。臨床材料からはめったにみられない。C.sporogenesと類似菌。グループ・はA型トキシンと非タンパク溶解株のB型、F型トキシンから成る。グループ・はE型トキシンと非タンパク溶解株のB型、F型トキシンから成る。
    <Clostridium butyricum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。血液、尿、下気道、傷、膿瘍など各種臨床材料から分離。
    <Clostridium cadaveris>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。顔、傷、膿瘍、血液など各種臨床材料から分離。
    <Clostridium chauvoei>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。
    <Clostridium clostridiiforme>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。通常陽性桿菌だが陰性桿菌にも染まる。卵円形の菌。胆汁抵抗性。各種臨床材料から分離。
    <Clostridium difficile>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。偽膜性腸炎を起こす。菌交代下痢症で問題となる。A、Bトキシン産生株あり。
    <Clostridium fallax>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。
    <Clostridium glycolicum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。顔、傷、膿瘍、腹水など各種臨床材料から分離。
    <Clostridium hastiforme>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。土壌菌。傷。膿瘍、血液など各種臨床材料から分離。
    C.subterminaleと類似菌。<Clostridium histolyticum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。CO2培養で発育。傷、壊疽、腸管内容物、歯のプラークから分離。
    <Clostridium innocuum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。腸管常在菌。各種臨床材料から分離。
    <Clostridium limosum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。各種感染症から分離。
    <Clostridium novyi>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。土壌、環境菌。稀に各種感染症から分離。
    <Clostridium paraperfringens>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。See →Clostridium barati
    <Clostridium paraputrificum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。顔から分離。腹水、虫垂炎、血液からも分離される。
    <Clostridium perfringens>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。ウェルシュ菌。各種感染症から最も良く分離。virulence factorの5種のトキシン産生が知られている。
    <Clostridium putrificum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。
    <Clostridium ramosum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。各種感染症から分離。通常陽性桿菌だが陰性桿菌にも染まる。長くフィラメント状の菌、長鎖を作る。
    <Clostridium septicum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。各種壊死性感染巣から分離される。溶血、壊死性トキシン産生で急性致死性感染症を起こす。寒天上を遊走する。
    <Clostridium sordellii>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。傷、病巣部、血液、膿瘍、腹部、帯下など各種臨床材料から分離。
    <Clostridium sphenoides>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。
    <Clostridium sporogenes>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。C.botulinumグループと類似菌。各種臨床材料から分離。C.botulinumが疑われる時は毒素中和テストを行うこと。
    <Clostridium spp>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。合計約110菌種ある。
    <Clostridium subterminale>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。血液、軟部組織感染巣から分離される。抗生剤投与後の下痢症からも分離。
    <Clostridium tertium>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。非病原菌。CO2培養で発育。顔、歯周など健常人の各所から分離。
    <Clostridium tetani>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。破傷風菌。環境細菌。外傷性の軟部組織感染症を起こす。歯茎、角膜、中耳感染症から分離される。
    <Clostridium tyrobutyricum>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。
    <Clostridium welchii>
    嫌気性有芽胞陽性桿菌。See →Clostridium perfringens

    CNS

    <CNS>
    陽性球菌。Coagulase陰性ブドウ球菌の総称。ヒト鼻咽頭常在菌。環境からも検出される。

    Comamonas

    <Comamonas acidovorans>
    非発酵陰性桿菌。See →Pseudomonas acidovorans
    <Comamonas testosteroni>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。臨床的意義はほとんどない。

    Corynebacterium

    <Corynebacterium diphtheriae>
    陽性桿菌。ジフテリアの起炎菌。EM,CPZ,ペニシリン剤が有効。
    <Corynebacterium pseudodiphtheriae>
    陽性桿菌。偽ジフテリア菌。ヒトの鼻腔、口腔内、皮膚に常在している。
    <Corynebacterium renale>
    陽性桿菌。
    <Corynebacterium spp>
    陽性桿菌。別称ジフテロイド。ヒトの鼻腔、口腔内、皮膚に常在している。FOM無効。約30菌種あり。
    <Corynebacterium xerosis>
    陽性桿菌。ヒトの鼻腔、口腔内、皮膚に常在している。

    Edwardsiella

    <Edwardsiella hoshinae>
    陰性桿菌。腸管常在菌ではない。稀にヒトの下痢便、創傷、血液から分離される。通常爬虫類の腸管、水、淡水魚から分離される。
    <Edwardsiella ictaluri>
    陰性桿菌。腸管常在菌ではない。稀にヒトの下痢便、創傷、血液から分離される。通常爬虫類の腸管、水、淡水魚から分離される。
    <Edwardsiella spp>
    陰性桿菌。腸管常在菌ではない。稀にヒトの下痢便、創傷、血液から分離される。通常爬虫類の腸管、水、淡水魚から分離される。
    <Edwardsiella tarda>
    陰性桿菌。腸管常在菌ではない。稀にヒトの下痢便、創傷、血液から分離される。通常爬虫類の腸管、水、淡水魚から分離される。

    Eikenella

    <Eikenella corrodens>
    陰性桿菌。1菌属1菌種。口腔内、歯根に常在。XV因子要求性。CO2要求性。各種感染症から分離。

    Enterobacter

    <Enterobacter aerogenes>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。
    <Enterobacter agglomerans>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。See →Erwinia stewartii, Erwinia uerdovora
    <Enterobacter amnigenus>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。
    <Enterobacter cloacae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。
    <Enterobacter gergoviae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。
    <Enterobacter intermedius>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。
    <Enterobacter sakazakii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。黄色色素産生株。
    <Enterobacter spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。合計約12菌種ある。
    <Enterobacter taylorae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。尿路感染症、敗血症、創傷感染、髄膜炎などを起こす。ペニシリン、セフェム剤に耐性菌が多い。日和見感染菌。水、土壌、動物、ヒトの腸管に広く分布。

    Enterococcus

    <Enterococcus avium>
    陽性レンサ球菌。腸球菌。腸管内常在菌。日和見感染菌。多剤耐性株が多い。
    <Enterococcus faecalis>
    陽性レンサ球菌。腸球菌。腸管内常在菌。日和見感染菌。ペニシリン剤は中程度抗菌活性を示す。
    <Enterococcus faecium>
    陽性レンサ球菌。腸球菌。腸管内常在菌。日和見感染菌。多剤耐性株が多い。
    <Enterococcus spp>
    陽性レンサ球菌。腸球菌。腸管内常在菌。日和見感染菌。

    Erwinia

    <Erwinia amylovora>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia ananas>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia carotovora>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia chrysanthemi>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia cypripedii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia mallotivora>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia quercina>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia rhapontici>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia rubrifaciens>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia salicis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia stewartii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。
    <Erwinia uredovora>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。植物の病原菌。

    Escherichia

    <Escherichia blattae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。膿汁、創傷、喀痰、血液、便など各種臨床材料から分離。自然界での分布は不明。
    <Escherichia coli>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。大腸菌。腸管以外の臓器に侵入すると病変を起こす。各種臨床材料から分離。
    <Escherichia fergusonii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。膿汁、創傷、喀痰、血液、便など各種臨床材料から分離。自然界での分布は不明。
    <Escherichia hermannii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。膿汁、創傷、喀痰、血液、便など各種臨床材料から分離。自然界での分布は不明。
    <Escherichia spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。膿汁、創傷、喀痰、血液、便など各種臨床材料から分離。自然界での分布は不明。
    <Escherichia vulneris>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。膿汁、創傷、喀痰、血液、便など各種臨床材料から分離。自然界での分布は不明。

    Eubacterium

    <Eubacterium aerofaciens>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。腸管常在菌の6〜10%を構成する。血液など各種臨床材料から分離。
    <Eubacterium alactolyticum>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。
    <Eubacterium lentum>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。口腔内、腸管常在菌。血液、傷、術創、膿など各種感染症から分離。2連〜短連の球桿菌。
    <Eubacterium limosum>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。口腔内、腸管常在菌。直腸や腟部膿瘍、血液、傷など各種感染症から分離。
    <Eubacterium spp>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。合計約45菌種ある。

    Ewingella

    <Ewingella americana>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。日和見病原菌。1菌属1菌種。

    Flavimonas

    <Flavimonas oryzihabitans>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。黄色色素産生。

    Flavobacterium

    <Flavobacterium breve>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。時に各種臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Flavobacterium indologenes>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。医療器具からも分離される。各種臨床材料から分離。臨床的意義はほとんど無い。
    <Flavobacterium meningosepticum>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。院内感染菌。土、水、院内環境、ヒトの体液から分離。髄膜炎、心内膜炎を起こすこともある。
    <Flavobacterium multivorum>
    非発酵陰性桿菌。See →Sphingobacterium multivorum
    <Flavobacterium odoratum>
    非発酵陰性桿菌。芳香性。多剤耐性菌。環境菌。各種臨床材料から分離。果実臭。臨床的意義はほとんど無い。
    <Flavobacterium spp>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。

    Fusobacterium

    <Fusobacterium polymorphum>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Fusobacterium nucleatum
    <Fusobacterium mortiferum>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。多形態の球桿菌。腸管、顔、血液など各種臨床材料から分離。
    <Fusobacterium necrogenes>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。顔、上気道、術創、腹膜炎など各種臨床材料から分離。
    <Fusobacterium necrophorum>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。多形態の菌。壊死部、膿瘍、血液など各種臨床材料から分離。
    <Fusobacterium nucleatum>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。細い紡錘状の菌。パンくず様のコロニー。歯肉、上気道など各種臨床材料から分離。
    <Fusobacterium spp>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。口腔内、歯垢、上気道、消化管、腟、外尿道に常在する。呼吸器感染症、女性性器感染症、膿瘍などを起こす。
    <Fusobacterium varium>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。顔、上気道、術創、腹膜炎など各種臨床材料から分離。

    Gaffkya

    <Gaffkya anaerobia>
    陽性レンサ球菌。See →Peptostreptococcus tetradius

    Gemella

    <Gemella haemolysans>
    陽性桿菌〜陰性桿菌。1979年までは陰性桿菌に分類されていた。
    <Gemella morbillorum>
    陽性レンサ球菌。歯性感染症、上顎洞炎などの起炎菌で各種臨床材料から分離。初代培養では嫌気で発育、継代培養では好気で発育。旧名 Str.morbillorum

    Haemophilus

    <Haemophilus aegyptius>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus aphrophilus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus avium>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus ducreyi>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus haemoglobinophilus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus haemolyticus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus influenzae>
    陰性桿菌。インフルエンザ菌。口腔、上気道常在菌。髄膜炎、菌血症、気管支炎、中耳炎、喉頭蓋炎、心内膜炎などの化膿性疾患を起こす。
    <Haemophilus paragallinarum>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus parahaemolyticus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus parainfluenzae>
    陰性桿菌。口腔、上気道常在菌。心内膜炎、菌血症、髄膜炎を起こすこともある。
    <Haemophilus paraphrohaemolyticus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus paraphrophilus>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus pleuropneumoniae>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus segnis>
    陰性桿菌。
    <Haemophilus spp>
    陰性桿菌。

    Hafnia

    <Hafnia alvei>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。臨床材料からの分離は稀。便、下水、水、土壌から分離される。1菌属1菌種。Enterobacter と類似の性状。

    Helicobacter

    <Helicobacter pylori>
    陰性桿菌。慢性胃炎患者の胃生検から分離される。微好気培養菌。空気中で死滅しやすい。ウレアーゼ活性が強い。

    Kingella

    <Kingella denitrificans>
    非発酵陰性桿菌。気道、尿道から分離。臨床的意義は不明。
    <Kingella indologenes>
    非発酵陰性桿菌。See →Suttonella indologenes
    <Kingella kingae>
    非発酵陰性桿菌。婦人性器、上気道、血液、関節液、傷、尿などから分離される。Haemophilus類似コロニー。子供の関節炎を起こすこともある。旧名 Morax. kingae
    <Kingella spp>
    非発酵陰性桿菌。血液、鼻咽頭、結膜から分離される。ナイセリア科に属するモラクセラ属に含まれていた。

    Klebsiella

    <Klebsiella oxytoca>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。IND(+)。
    <Klebsiella planticola (K.trevisanii)>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。
    <Klebsiella pneumoniae ssp ozaenae (K.ozaenae)>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。
    <Klebsiella pneumoniae ssp pneumoniae (K.pneumoniae)>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。肺炎桿菌。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。運動性(-)、IND(-)。
    <Klebsiella pneumoniae ssp rhinoscleromatis (K.rhino.)>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。
    <Klebsiella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。合計約9菌種ある。
    <Klebsiella terrigena>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。呼吸器感染症、尿路感染症、肝、胆道系感染症、敗血症、腹膜炎、骨髄炎、創傷感染などの起炎菌。内因性感染、院内感染として発症することが多い。

    Kluyvera

    <Kluyvera ascorbata>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。環境細菌。稀に喀痰、尿などから分離される。病原性は不明。
    <Kluyvera cryocrescens>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。環境細菌。稀に喀痰、尿などから分離される。病原性は不明。
    <Kluyvera spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。環境細菌。稀に喀痰、尿などから分離される。病原性は不明。2菌種ある。

    Koserella

    <Koserella trabulsii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。1菌属1菌種。

    Lactobacillus

    <Lactobacillus acidophilus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus brevis>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus buchneri>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus casei>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。腸管、口腔、腟から分離。数亜種から成る。
    <Lactobacillus casei ssp casei>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus catenaformis>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus cellobiosus>
    嫌気性陰性桿菌。See →Lactobacillus fermentum
    <Lactobacillus coprophilus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus crispatus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus curvatus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus delbrueckii ssp bulgaricus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus delbrueckii ssp delbrueckii>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus delbrueckii ssp lactis>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus fermentum>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。口腔、腸管の常在菌。各種感染症に連座する。旧名 Lactobacillus cellobiosus 。
    <Lactobacillus fructivorans>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus helveticus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus helveticus ssp jugurti>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus jensenii>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。腸管、口腔、腟から分離。帯下や血液からも分離される。
    <Lactobacillus leichmannii>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus minutus>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。膿瘍、傷から分離される。
    <Lactobacillus paracasei ssp paracasei (Lacto.casei pseudop.)>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus plantarum>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus rhamnosus (Lactobacillus casei ssp rhamnosus)>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus salivarius>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactobacillus spp>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。大部分微好気性菌、好気培養で小さなコロニー。合計約52菌種ある。
    <Lactobacillus viridescens>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。

    Lactococcus

    <Lactococcus lactis ssp cremoris (Str.cremoris)>
    陽性レンサ球菌。緑レン菌と類似のコロニー。口腔内、上気道の常在菌。
    <Lactococcus lactis ssp diacitilactis>
    陽性レンサ球菌。
    <Lactococcus lactis ssp hordniae (Lactobacillus hordniae)>
    嫌気性陰性桿菌。乳酸桿菌。
    <Lactococcus lactis ssp lactis>
    陽性レンサ球菌。緑レン菌と類似のコロニー。口腔内、上気道の常在菌。
    <Lactococcus raffinolactis (Str.raffinolactis)>
    陽性レンサ球菌。

    Leclercia

    <Leclercia adecarboxylata>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水、便などで増殖。各種臨床材料から分離される。病原性は不明。1菌属1菌種。

    Legionella

    <Legionella anisa>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella bozemanii>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella dumoffii>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella feeleii>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella jordanis>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella longbeachae>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella micdadei>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella oakridgensis>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella pneumophila>
    陰性桿菌。在郷軍人病の原因菌。肺炎を起こす。日和見感染菌。水、土壌に常在する。ヒトからヒトへの感染はない。
    <Legionella sainthelensi>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella spp>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。
    <Legionella wadsworthii>
    陰性桿菌。水、土壌に常在する。日和見感染し肺炎を起こす。

    Leminorella

    <Leminorella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。

    Listeria

    <Listeria monocytogenes>
    陽性桿菌。化膿性の髄膜炎を起こす。
    <Listeria spp>
    陽性桿菌。合計約7菌種ある。

    Listonella

    <Listonella damsela>
    陰性桿菌。

    Megasphaera

    <Megasphaera spp>
    嫌気性陰性球菌。下部消化管常在菌。

    Micrococcus

    <Micrococcus kristinae>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus luteus>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus lylae>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus mucilaginosus>
    陽性球菌。See →Stomatococcus mucilaginosus
    <Micrococcus nishinomiyaensis>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus roseus>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus sedentarius>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus spp>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。
    <Micrococcus varians>
    陽性球菌。ヒトの常在菌。自然界に広く分布。MAN,SAC非分解。

    Mobiluncus

    <Mobiluncus curtisii>
    嫌気性陽性〜陰性桿菌。細菌性腟炎の起炎菌となる。
    <Mobiluncus holmesii>
    嫌気性陽性〜陰性桿菌。細菌性腟炎の起炎菌となる。
    <Mobiluncus mulieris>
    嫌気性陽性〜陰性桿菌。細菌性腟炎の起炎菌となる。
    <Mobiluncus sp>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌〜陰性桿菌。細菌性腟炎を起こす。運動性あり。

    Moraxella

    <Moraxella atlantae>
    非発酵陰性桿菌。稀に体液から分離。臨床的意義は不明。
    <Moraxella bovis>
    非発酵陰性桿菌。
    <Moraxella CDC gr.M5>
    非発酵陰性桿菌。動物咬傷から分離。
    <Moraxella kingae>
    非発酵陰性桿菌。See → Kingella kingae
    <Moraxella lacunata>
    非発酵陰性桿菌。モラー・アクッセンフェルト菌。稀に結膜炎を起こす。気道からも検出。
    <Moraxella liquefaciens>
    非発酵陰性桿菌。See → Moraxella lacunata
    <Moraxella nonliquefaciens>
    非発酵陰性桿菌。鼻腔内常在菌。気道系各種感染症から分離。臨床的意義はほとんど無い。
    <Moraxella osloensis>
    非発酵陰性桿菌。眼感染から分離されるほか各種臨床材料からも分離。
    <Moraxella phenylpyruvica>
    非発酵陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Moraxella spp>
    非発酵陰性桿菌。結膜炎、呼吸器感染症、菌血症を起こすこともある。各種臨床材料から分離。
    <Moraxella urethralis>
    非発酵陰性桿菌。See → Oligella urethralis

    Morganella

    <Morganella morganii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。モルガン菌。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染を起こす。各種臨床材料から分離。
    <Morganella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染を起こす。各種臨床材料から分離。

    Mycobacterium

    <Mycobacterium africanum>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium asiaticum>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium avium>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium bovis>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium chelonae>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium fortuitum>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium gordonae>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium kansasii>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium malmoense>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium marinum>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium phlei>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium scrofulaceum>
    陽性桿菌。 非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium smegmatis>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium spp>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。Mycobacterium属は約62菌種ある。
    <Mycobacterium terrae>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium tuberculosis>
    陽性桿菌。ヒト型結核菌。
    <Mycobacterium ulcerans>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。
    <Mycobacterium xenopi>
    陽性桿菌。非定型抗酸菌。

    Mycoplasma

    <Mycoplasma fermentans>
    泌尿、生殖器の粘膜に常在。尿道炎、前立腺炎、卵管炎、腟炎などの関連が考えられる。
    <Mycoplasma hominis>
    泌尿、生殖器の粘膜に常在。尿道炎、前立腺炎、卵管炎、腟炎などの関連が考えられる。
    <Mycoplasma orale>
    口腔内、上気道に常在。
    <Mycoplasma pneumoniae>
    原発性異型肺炎(マイコプラズマ肺炎)を起こす。中耳炎、心筋炎、関節炎なども起こす。
    <Mycoplasma spp>
    ヒトへの病原性は確証されていない。哺乳動物、鳥類など広く寄生。

    Neisseria

    <Neisseria elongata ssp elongata>
    陰性球菌。
    <Neisseria flava>
    陰性球菌。
    <Neisseria flavescens>
    陰性球菌。
    <Neisseria gonorrhoeae>
    陰性双球菌。りん菌。STD。オキシダーゼ陽性。30℃以下、40℃以上で死滅する。
    <Neisseria lactamica>
    陰性球菌。
    <Neisseria meningitidis>
    陰性双球菌。髄膜炎菌。法定伝染病。髄膜炎、菌血症を起こす。ヒトへの病原性は不明。飛沫感染。鼻咽頭から分離される。2〜5%の健康保菌者。
    <Neisseria mucosa>
    陰性球菌。
    <Neisseria perflava>
    陰性球菌。
    <Neisseria polysaccharea>
    陰性球菌。
    <Neisseria sicca>
    陰性球菌。
    <Neisseria spp>
    陰性球菌。
    <Neisseria subflava>
    陰性球菌。

    Nocardia

    <Nocardia asteroides>
    陽性桿菌。肺に浸潤、膿瘍を作る。血行性に他臓器を侵す。弱い抗酸性を示す。
    <Nocardia spp>
    陽性桿菌 合計約7菌種ある。

    Obesumbacterium

    <Obesumbacterium proteus>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水、便などで増殖。各種臨床材料から分離される。病原性は不明。1菌属1菌種。

    Oligella

    <Oligella urethralis>
    非発酵陰性桿菌。尿道常在菌。時に尿又は泌尿器から分離される。日和見菌。旧名 Morax. urethralis

    Pantoea

    <Pantoea spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。

    Paragia

    <Paragia fontium>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水、便などで増殖。各種臨床材料から分離される。病原性は不明。1菌属1菌種。

    Pasteurella

    <Pasteurella aerogenes>
    陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Pasteurella gallinarum>
    陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Pasteurella haemolytica>
    陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Pasteurella multocida ssp multocida>
    陰性桿菌。動物咬傷から分離され、蜂窩織炎、膿瘍、慢性呼吸器疾患を起こす。各種臨床材料から分離。旧名 Past. septica
    <Pasteurella pneumotropica>
    陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Pasteurella septica>
    陰性桿菌。See →Pasteurella multocida ssp multocida
    <Pasteurella spp>
    陰性桿菌。稀に臨床材料から分離。臨床的意義は不明。
    <Pasteurella ureae>
    陰性桿菌。See → Actinobacillus ureae

    Peptococcus

    <Peptococcus indolycus>
    嫌気性陽性球菌。See →Peptostreptococcus indolicus
    <Peptococcus niger>
    嫌気性陽性球菌。1菌属1菌種。

    Peptostreptococcus

    <Peptostreptococcus anaerobius>
    嫌気性陽性レンサ球菌。膿瘍、血液、関節液など各種臨床材料から検出される。
    <Peptostreptococcus asaccharolyticus>
    嫌気性陽性レンサ球菌。膿瘍など各種臨床材料から検出される。
    <Peptostreptococcus constellatus>
    陽性レンサ球菌。See →Streptococcus constellatus
    <Peptostreptococcus hydrogenalis>
    嫌気性陽性レンサ球菌。臨床材料から検出されることは稀。
    <Peptostreptococcus indolicus>
    嫌気性陽性レンサ球菌。牛、豚、羊から分離。稀にヒトからも分離される。旧名 Peptococcus indolycus
    <Peptostreptococcus intermedius>
    陽性レンサ球菌。See →Streptococcus intermedius
    <Peptostreptococcus magnus>
    嫌気性陽性レンサ球菌。尿道常在菌。横隔膜より下の感染症からよく検出される。Ps microsと類似の菌。大きな菌塊又は双球菌として見える。
    <Peptostreptococcus micros>
    嫌気性陽性レンサ球菌。口腔常在菌。横隔膜より上の感染症からよく検出される。Ps magnusと類似の菌。
    <Peptostreptococcus morbillorum>
    陽性レンサ球菌。See →Gemella morbillorum
    <Peptostreptococcus prevotii>
    嫌気性陽性レンサ球菌。皮膚、腟、口腔、食物から分離。各種感染症に連座する。
    <Peptostreptococcus productus>
    嫌気性陽性レンサ球菌。大腸や顔の常在菌。稀に感染症に連座する。
    <Peptostreptococcus spp>
    嫌気性陽性レンサ球菌。各種臨床材料から検出される。
    <Peptostreptococcus tetradius>
    嫌気性陽性レンサ球菌。帯下や化膿巣から分離される。旧名 Gaffkya anaerobia

    Plesiomonas

    <Plesiomonas shigelloides>
    陰性桿菌。食中毒を起こす。Shigella sonneiと共通の菌体抗原を持つ。1菌属1菌種。

    Porphyromonas

    <Porphyromonas asaccharolytica (Bac.asaccharolyticus)>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。口腔など各種臨床材料から分離。遅く軽度色素産生。旧名 B.melaninogenicus ss asaccharolyticus
    <Porphyromonas endodontalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉の裂け目、歯髄感染、粘膜下膿瘍から分離。5〜15日で軽度色素産生。旧名 Bacteroides endodontalis
    <Porphyromonas gingivalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。各種臨床材料から分離。旧名 Bacteroides gingivalis

    Prevotella

    <Prevotella bivia>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。健常人の3割が腟に常在菌として保有。腹部、泌尿器感染症を起こす。旧名 Bacteroides bivius
    <Prevotella buccae>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。口腔、血液、嚢胞、洞ドレーンなど各種臨床材料から分離。旧名 Bacteroides buccae、起源はBacteroides ruminicola
    <Prevotella buccalis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oralis Group
    <Prevotella corporis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉の裂け目など各種臨床材料から分離。数日で軽度色素産生。旧名 Bacteroides corporis、起源は Bacteroides melaninogenicus ss intermedius
    <Prevotella denticola>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。口腔、歯肉の裂け目など各種臨床材料から分離。5〜15日で軽度色素産生。旧名 Bacteroides denticola、起源は Bacteroides melaninogenicus
    <Prevotella disiens>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。健常人の2割が腟に常在菌として保有。腹部、泌尿器感染症を起こす。旧名 Bacteroides disiens
    <Prevotella intermedia>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉、頭、首、複数感染症、敗血症から分離。数日で軽度色素産生。旧名 Bacteroides intermedius、起源は Bacteroides melaninogenicus
    <Prevotella loescheii>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉の溝、口腔など各種臨床材料から分離。旧名 Bacteroides loescheii、起源は Bacteroides melaninogenicus
    <Prevotella melaninogenica>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉の裂け目など各種臨床材料から分離。5〜15日で軽度色素産生。旧名 Bacteroides melaninogenicus
    <Prevotella oralis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oralis Group
    <Prevotella oralis Group>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。各種臨床材料から分離。Prevotella oralis,Prevotella buccalis,Prevotella veroralisと非色素産生のPrevotella denticola,Prevotella loescheii,Prevotella melaninogenica
    <Prevotella oris>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。歯肉、全身の感染症、膿瘍など各種臨床材料から分離。旧名 Bacteroides oris、起源はBacteroides ruminicola
    <Prevotella ruminicola ssp brevis (Bacteroides)>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。
    <Prevotella ruminicola ssp ruminicola (Bacteroides)>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。
    <Prevotella veroralis>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。See →Prevotella oralis Group

    Propionibacterium

    <Propionibacterium acnes>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。皮膚、皮腺導管内常在菌。ニキビ、傷、血液など各種軟部組織感染症から分離。別称嫌気性コリネバクテリウム、嫌気性ジフテロイド。嫌気培養によく混在する。
    <Propionibacterium avidum>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。皮膚、皮腺導管内常在菌。別称嫌気性コリネバクテリウム、嫌気性ジフテロイド。
    <Propionibacterium granulosum>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。皮膚、皮腺導管内常在菌。ニキビや表層感染の起炎菌。別称嫌気性コリネバクテリウム、嫌気性ジフテロイド。
    <Propionibacterium propionicus>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。口腔内常在菌。放線菌症、涙腺炎を起こすこともある。
    <Propionibacterium spp>
    嫌気性無芽胞陽性桿菌。合計約10菌種ある。

    Proteus

    <Proteus mirabilis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。 院内感染菌。日和見感染菌。菌交代症で出現しやすい。尿路感染症、肝、胆道感染症、腹膜炎、呼吸器感染症、敗血症を起こす。嫌気性菌との複合感染を起こしやすい。各種臨床材料から分離。
    <Proteus penneri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。菌交代症で出現しやすい。尿路感染症、肝、胆道感染症、腹膜炎、呼吸器感染症、敗血症を起こす。嫌気性菌との複合感染を起こしやすい。各種臨床材料から分離。
    <Proteus spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。菌交代症で出現しやすい。尿路感染症、肝、胆道感染症、腹膜炎、呼吸器感染症、敗血症を起こす。嫌気性菌との複合感染を起こしやすい。各種臨床材料から分離。
    <Proteus vulgaris>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。菌交代症で出現しやすい。尿路感染症、肝、胆道感染症、腹膜炎、呼吸器感染症、敗血症を起こす。嫌気性菌との複合感染を起こしやすい。各種臨床材料から分離。

    Providencia

    <Providencia alcalifaciens>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染、下痢を起こす。
    <Providencia rettgeri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染、下痢を起こす。
    <Providencia rustigianii (Providencia friedericiana)>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。臨床細菌にはほとんど関係ない。
    <Providencia spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染、下痢を起こす。
    <Providencia stuartii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、創傷感染、下痢を起こす。

    Pseudomonas

    <Pseudomonas acidovorans>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種感染症から分離。臨床的意義はほとんどない。
    <Pseudomonas aeruginosa>
    非発酵陰性桿菌。緑膿菌。院内感染菌。各種感染症から高頻度に分離される。
    <Pseudomonas alcaligenes>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。各種感染症から分離。日和見感染菌。
    <Pseudomonas alcaligenes>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。日和見感染菌。各種臨床材料から分離。
    <Pseudomonas cepacia>
    非発酵陰性桿菌。See →Burkholderia cepacia
    <Pseudomonas diminuta>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas fluorescens>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas luteola>
    非発酵陰性桿菌。See →Chryseomonas luteola
    <Pseudomonas mallei>
    非発酵陰性桿菌。See → Burkholderia mallei
    <Pseudomonas maltophilia>
    非発酵陰性桿菌。See →Stenotrophomonas maltophilia
    <Pseudomonas mendocina>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas mesophilica>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas paucimobilis>
    非発酵陰性桿菌。See →Sphingomonas paucimobilis
    <Pseudomonas pickettii (CDC gr.VA)>
    非発酵陰性桿菌。See →Burkholderia pickettii
    <Pseudomonas pseudoalcaligenes>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas pseudomallei>
    非発酵陰性桿菌。See →Burkholderia pseudomallei
    <Pseudomonas putida>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas putrefaciens>
    非発酵陰性桿菌。See →Shewanella putrefaciens
    <Pseudomonas spp>
    非発酵陰性桿菌。合計約89種ある。
    <Pseudomonas stutzeri>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。
    <Pseudomonas testosteroni>
    非発酵陰性桿菌。See →Comamonas testosteroni
    <Pseudomonas vesicularis>
    非発酵陰性桿菌。各種感染症から分離。

    Rahnella

    <Rahnella aquatilis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水中、土壌に分布。ヒトへの病原性は不明。1菌属1菌種。

    Salmonella

    <Salmonella choleraesuis subsp. arizonae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。急性腸炎を起こす。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis serovar enteritidis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ゲルトネル氏菌。腸炎菌。急性腸炎を起こす。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis serovar hirschfeldii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。パラチフスC菌。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis serovar schottmuelleri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。パラチフスB菌。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis serovar typhi>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。チフス菌。
    <Salmonella choleraesuis subsp. choleraesuis serovar typhimurium>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ネズミチフス菌。急性腸炎を起こす。
    <Salmonella choleraesuis subsp. gallinarum>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。
    <Salmonella choleraesuis subsp. pullorum>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。
    <Salmonella choleraesuis subsp. typhisuis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。
    <Salmonella paratyphi A>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。菌名から抹消されている。
    <Salmonella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。数百種類ある。

    Serratia

    <Serratia ficaria>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia fonticola>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia liquefaciens>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia marcescens>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。霊菌。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。Serratiaの中では最も検出頻度が高い(90%)。
    <Serratia odorifera>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia plymuthica>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia rubidaea>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。
    <Serratia spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。院内感染菌。日和見感染菌。尿路感染症、肺炎、敗血症を起こす。各種臨床材料から分離。ペニシリン、セフェム剤に耐性。空気、水、ごみなど広く自然界に分布。ヒトの腸管には少ない。合計約10菌種ある。

    Shewanella

    <Shewanella putrefaciens>
    非発酵陰性桿菌。硫化水素産生。

    Shigella

    <Shigella boydii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ボイド赤痢菌。serovar C
    <Shigella dysenteriae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。志賀赤痢菌。serovarA
    <Shigella flexneri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。フレキシネル赤痢菌。serovar B
    <Shigella sonnei>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ソンネ赤痢菌。serovar D
    <Shigella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。

    Sphingobacterium

    <Sphingobacterium multivorum>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。各種臨床材料から分離。臨床的意義はほとんどない。
    <Sphingobacterium spiritivorum>
    非発酵陰性桿菌。環境菌。院内感染菌。各種臨床材料から分離。臨床的意義は不明。

    Sphingomonas

    <Sphingomonas paucimobilis>
    非発酵陰性桿菌。

    Staphylococcus

    <Staphylococcus arlettae>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus aureus>
    陽性球菌。Coagulase(+)。黄色ブドウ球菌。ヒト鼻咽頭常在菌。β溶血をするものとしないものがある。NaCl抵抗性。通常マンニット分解。DNase(+)。病原性が強い。オキサシリン4μg/・に耐性株をMRSAと呼ぶ。
    <Staphylococcus auricularis>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus capitis>
    陽性球菌。CNS ヒトの各種感染症から分離。環境からも検出される。
    <Staphylococcus caprae>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus carnosus>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus chromogenes>
    陽性球菌。CNS ウシの常在菌。環境からも検出される。
    <Staphylococcus cohnii>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus delphini>
    陽性球菌。Coagulase(+)。イルカの常在菌。
    <Staphylococcus epidermidis>
    陽性球菌。CNS ヒトの皮膚、尿道口、鼻腔、上気道、外耳道などに常在。環境からも検出される。
    <Staphylococcus equorum>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus gallinarum>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus haemolyticus>
    陽性球菌。CNS ヒトの各種感染症から分離。溶血を示す。環境からも検出される。
    <Staphylococcus hominis>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus hyicus>
    陽性球菌。Coagulase(±)。ブタ、ウシ、ニワトリなどの常在菌。ヒトからも分離される。環境からも検出される。
    <Staphylococcus intermedius>
    陽性球菌。Coagulase(+)。イヌ、ハト、ウマなどの常在菌。ヒトからも分離される。
    <Staphylococcus kloosii>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus lentus>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus lugdunensis>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus saccharolyticus>
    陽性球菌。顔、上腕、その他各種臨床材料から分離。環境からも検出される。旧名 Ps.saccharolyticus
    <Staphylococcus saprophyticus>
    陽性球菌。CNS 腐性ブドウ球菌。若い女性の尿路感染症の起炎菌となる。
    <Staphylococcus sciuri>
    陽性球菌。CNS 。環境からも検出される。
    <Staphylococcus simulans>
    陽性球菌。CNS ヒトの各種感染症から分離。
    <Staphylococcus warneri>
    陽性球菌。CNS ヒトの各種感染症から分離。
    <Staphylococcus xylosus>
    陽性球菌。CNS ヒトの各種感染症から分離。

    Stenotrophomonas

    <Stenotrophomonas maltophilia>
    非発酵陰性桿菌。多剤耐性菌。消毒薬耐性菌。環境菌。旧名Xanthomonas maltophilia

    Stomatococcus

    <Stomatococcus mucilaginosus>
    陽性球菌。1菌属1菌種。ヒトの各種感染症から分離。

    Streptococcus

    <Streptococcus acidominimus>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus agalactiae>
    陽性レンサ球菌。Group B. β-streptococci. B群溶レン菌。婦人の外性器に常在。産道感染を起こす。
    <Streptococcus anginosus>
    陽性レンサ球菌。ストレプトコッカス・ミレリグループ。Group F. β-streptococci. F群溶レン菌。歯性膿瘍、上顎洞炎、慢性扁桃炎、肝膿瘍などから分離。
    <Streptococcus bovis>
    陽性レンサ球菌。D群レンサ球菌。6.5%NaCl培地発育(-)。
    <Streptococcus canis>
    陽性レンサ球菌。Group G. β-streptococci. G群溶レン菌。各種感染症から分離。
    <Streptococcus constellatus>
    陽性レンサ球菌。ストレプトコッカス・ミレリグループ。歯性感染症、上顎洞炎などの起炎菌で各種臨床材料から分離。初代培養では嫌気で発育、継代培養では好気で発育。
    <Streptococcus dysgalactiae>
    陽性レンサ球菌。Group C. β-streptococci. C群溶レン菌。各種感染症から分離。
    <Streptococcus equi ssp equi>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus equi ssp zooepidemicus (Str.zooepidemicus)>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus equinus>
    陽性レンサ球菌。D群レンサ球菌。6.5%NaCl培地発育(-)。
    <Streptococcus equisimilis (Group C+G)>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus group G>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus group L>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus intermedius>
    陽性レンサ球菌。ストレプトコッカス・ミレリグループ。歯性感染症、上顎洞炎などの起炎菌で各種臨床材料から分離。Str.milleri groupの一員と考えられる。初代培養では嫌気で発育、継代培養では好気で発育。
    <Streptococcus mitis>
    陽性レンサ球菌。α-streptococci. 緑レン菌。口腔内、上気道の常在菌。心内膜炎の起炎菌。
    <Streptococcus morbillorum>
    陽性レンサ球菌。See → Gemella morbillorum
    <Streptococcus mutans>
    陽性レンサ球菌。α-streptococci. 緑レン菌。口腔内、上気道の常在菌。心内膜炎の起炎菌。
    <Streptococcus oralis>
    陽性レンサ球菌。α-streptococci. 緑レン菌。口腔内、上気道の常在菌。心内膜炎の起炎菌。
    <Streptococcus pneumoniae>
    陽性レンサ球菌。肺炎球菌。気道系の感染症から分離。化膿性髄膜炎、腹膜炎、などの起炎菌。
    <Streptococcus porcinus (gr.E, P, & U)>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus pyogenes>
    陽性レンサ球菌。化膿レンサ球菌。Group A. β-streptococci. A群溶レン菌。猩紅熱の起炎菌。
    <Streptococcus salivarius ssp salivarius>
    陽性レンサ球菌。α-streptococci. 緑レン菌。口腔内、上気道の常在菌。心内膜炎の起炎菌。
    <Streptococcus salivarius ssp thermophilus>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus sanguis>
    陽性レンサ球菌。α-streptococci. 緑レン菌。口腔内、上気道の常在菌。心内膜炎の起炎菌。
    <Streptococcus spp>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus suis>
    陽性レンサ球菌。
    <Streptococcus uberis>
    陽性レンサ球菌。

    Suttonella

    <Suttonella indologenes>
    非発酵陰性桿菌。粘膜、気道常在菌。結膜炎、角膜疾患を起こすこともある。インドール陽性 Kingella。旧名 Kingellla indologenes

    Tatumella

    <Tatumella ptyseos>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。喀痰など各種臨床材料から分離。1菌属1菌種。

    Tissierella

    <Tiss. praeacuta>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌。顔、腸管から分離。稀に膿瘍、血液から分離。

    Ureaplasma

    <Ureaplasma urealyticum>
    非りん菌性尿道炎の起炎菌の一種。尿道、外陰部粘膜の常在菌。

    Veillonella

    <Veillonella alcalescens>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌〜球菌。口腔、腸管、外尿道常在菌。
    <Veillonella parvula>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌〜球菌。口腔、腸管、外尿道常在菌。
    <Veillonella spp>
    嫌気性無芽胞陰性桿菌〜球菌。口腔、腸管、外尿道常在菌。口腔からは100%検出される。稀に化膿性疾患を起こすことがある。病原性は低い。

    Vibrio

    <Vibrio alginolyticus>
    陰性桿菌。腸炎ビブリオと類似の性状。海水浴後の中耳炎起炎菌。腸管病原性はない。白糖分解、10%NaCl発育。
    <Vibrio cholerae>
    陰性桿菌。コレラ菌。O-1とnon O-1がある。大量の下痢、嘔吐を伴う。発熱(-)、腹痛(-)が多い。
    <Vibrio damsela>
    陰性桿菌。See → Listonella damsela
    <Vibrio fluvialis>
    陰性桿菌。食中毒の起炎菌。魚介類から分離。易熱性エンテロトキシン産生。
    <Vibrio hollisae>
    陰性桿菌。食中毒の起炎菌。魚介類から分離。
    <Vibrio metschnikovii>
    陰性桿菌。
    <Vibrio mimicus>
    陰性桿菌。NAG-Vibrio。non O-1コレラ菌。白糖非発酵性。VP反応(-)。
    <Vibrio parahaemolyticus>
    陰性桿菌。腸炎ビブリオ。感染型食中毒の起炎菌。魚介類の食中毒。潜伏期間は通常8〜24時間、2〜3時間の場合もある。下痢。発熱、腹痛、悪心、嘔吐を伴う。食塩を含まない培地には発育しないが、血液寒天には発育する。glucose発酵、白糖非分解、10%NaCl非発育が基本性状。
    <Vibrio spp>
    陰性桿菌。
    <Vibrio vulnificus>
    陰性桿菌。腸管外感染を起こす。本菌による感染症の大部分は、肝疾患を有する患者であり、敗血症群、創傷感染群に分かれる。

    Weeksella

    <Weeksella virosa>
    陰性桿菌。尿、泌尿器から分離。臨床的意義はほとんどない。
    <Weeksella zoohelcum>
    陰性桿菌。犬、猫の咬傷から分離される。

    Xanthomonas

    <Xanthomonas campestris>
    非発酵陰性桿菌。
    <Xanthomonas maltophilia>
    非発酵陰性桿菌。See →Stenotrophomonas maltophilia
    <Xanthomonas spp>
    非発酵陰性桿菌。

    Xenorhabdus

    <Xenorhabdus spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。昆虫の病原菌。臨床細菌学的にはほとんど関係ない。

    Yersinia

    <Yersinia aldovae>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。
    <Yersinia enterocolitica>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸炎菌。感染性食中毒を起こす。至適温度は25〜30℃。
    <Yersinia frederiksenii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。
    <Yersinia intermedia>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。
    <Yersinia kristensenii>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。
    <Yersinia pestis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。ペスト菌。至適温度は25〜30℃。
    <Yersinia pseudotuberculosis>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。仮性結核菌。感染性食中毒を起こす。尿路感染症の起炎菌になる。至適温度は25〜30℃。
    <Yersinia ruckeri>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。
    <Yersinia spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。腸管常在菌ではない。動物の腸管、食肉から分離される。

    Yokenella

    <Yokenella spp>
    陰性桿菌(腸内細菌科)。水、便などで増殖。各種臨床材料から分離される。病原性は不明。

    Copyright(c) 1996 Y.TOMODA Department of Clinical Laboratory,

    Asahikawa Medical College Hospital