研究者と臨床実践家の協働により、スキンライフを脅かされた進行非小細胞肺がんを持つ人のケアを提案します。

本研究は、分子標的薬治療を受ける進行非小細胞肺がんを持つ人の脅かされたスキンライフの克服を目指し、がん看護研究者とがん看護専門看護師のネットワーク下で集積したスキンケアエビデンスと医療チームの知恵を統合したスキンケア推奨案を提案します。

スキンライフとは

スキンライフ(Skin Life)とは、障害された皮膚の状態にとどまらず、その人が置かれている環境を含めた生活、人生を意味する言葉です。その人が自分らしく、満足したスキンライフを過ごすためには、身体的環境や医療が提供される環境(物的・人的資源、人間関係、コミュニケーションなど)を含めたスキンケアが重要性になります。

最新のお知らせ

お知らせの一覧を見る