講座のご紹介
教室の沿革
教授ごあいさつ
スタッフ紹介
診療概要
診療実績
研究概要
関連病院
海外関連施設
教授就任15年のあゆみ
業績集
学会発表
論文発表
競争的科学研究資金
学位論文
新聞・雑誌の記事
教室行事記録
医学生・初期研修医の皆様へ
耳鼻科医・頭頸外科医になろう
入局のすすめ
後期研修プログラム
入局・研修などの問い合わせ

論文発表 2016年

著書

『宿題報告2016 進行性鼻壊疽から鼻性NK/T細胞リンパ腫へ』
原渕保明
原渕保明編. 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座, 2016. 旭川.
『 女性医師が語る治療法を変えるべきタイミング −私の経験・方針−』
原渕保明(編集企画)
本庄 巖, 市川銀一郎編. 全日本病医院出版会, 2016. 東京.
『ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編』
原渕保明(委員長), 日本耳科学会ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググループ
日本耳科学会編. 金原出版, 2016. 東京.
『慢性扁桃炎・習慣性扁桃炎』
林 達哉
みみ・はな・のど感染症への上手な抗菌薬の使い方, 鈴木賢二編. 全日本病院出版会 :67-72, 2016. 東京.
『扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍』
林 達哉
今日の治療指針2017, 医学書院 : 2016. 東京.
『鼓膜切開術、鼓膜換気チューブ挿入術』
林 達哉
耳鼻咽喉科・頭頸部手術アトラス 第2版, 医学書院 : 2016. 東京.
『インピーダンスオージオメトリ』
林 達哉
今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版, 医学書院 : 2016. 東京.
『第2章診断と治療 II.診断 6 合併症、続発症 1.上気道病変』
岸部 幹
ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編, 日本耳科学会編. 金原出版 :42-44, 2016. 東京.
『第2章診断と治療 II.診断 8 鑑別すべき疾患 1.真珠腫性中耳炎』
岸部 幹
ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編, 日本耳科学会編. 金原出版 :49, 2016. 東京.
『第2章診断と治療 II.診断 8 鑑別すべき疾患 7.ANCA関連血管炎以外の自己免疫疾患による中耳炎および内耳炎 7)IgG4関連疾患』
岸部 幹
ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編, 日本耳科学会編. 金原出版 :56-57, 2016. 東京.
『第3章OMAAV全国調査 鵯.概要』
岸部 幹
ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編, 日本耳科学会編. 金原出版 :68-71, 2016. 東京.
『第3章OMAAV全国調査 II.調査結果 8 OMAAVと耳病変を伴わないGPAの比較』
岸部 幹
ANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)診療の手引き 2016年版 日本耳科学会編, 金原出版 :84-85, 2016. 東京.
『Notch signaling: A pivot regulator of adaptive and innate immunity 』
Kumai T, Rodriguez PC
, Lucio Miele. Springer Nature : 2016. .

総説

進行性鼻壊疽から鼻性NK/T細胞リンパ腫へ
原渕保明
日耳鼻 119 : 337-343, 2016.
招請講演鵯 扁桃病巣疾患としての掌蹠膿疱症の発症機序の解明
原渕保明
PPPフロンティア 1 : 66-69, 2016.
特集:小児の中耳炎を究める 小児の中耳炎の疫学
林 達哉
耳喉頭頸 88 : 10-16, 2016.
スキルアップ講座 口腔粘膜病変の診断と治療
林 達哉
日耳鼻 119 : 1142-1145, 2016.
小児急性中耳炎難治化は解消したか? 現状分析と抗菌薬の適正使用
林 達哉
耳鼻咽喉科展望 59 : 170-176, 2016.
喘息と耳鼻咽喉科疾患 喉頭アレルギーと喘息
片田彰博
ENTONI 197 : 35-40, 2016.
連載 疾患と病態生理 鼻中隔穿孔
片田彰博
JOHNS 32 : 1653-1657, 2016.
かぜ症候群のトータルマネジメント -日常診療から増悪時の対処法まで- かぜ症候群の病態と抗菌薬の使い方 咽頭炎・扁桃炎 抗菌薬治療と外科的治療の分かれ目
坂東伸幸, 原渕保明
感染と抗菌薬 18 : 346-352, 2106.
特集:難治性口内炎 ―早期治療のコツ― 全身疾患に伴う口内炎
坂東伸幸, 原渕保明
ENTONI 199 : 13-19, 2106.
専門医が知っておくべき扁桃病巣疾患の新展開  扁桃との関連が明らかになった新たな疾患 SAPHO症候群
高原 幹
口腔・咽頭科 29 : 111-114, 2016.
耳鼻咽喉科と慢性炎症 扁桃病巣感染症の発症機序
高原 幹
別冊Bio Clinica:慢性炎症と疾患 5 : 82-87, 2016.
耳鼻咽喉科処方マニュアル 免疫異常 多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)
岸部 幹, 原渕保明
耳喉頭頸 88 : 202-205, 2016.
特集:頭頸部の皮膚・粘膜病変 口腔カンジダ症
上田征吾
JOHNS 32 : 1567-1570, 2016.
PROGRESS:掌蹠膿疱症診療と研究の最新動向・トピックス 扁桃摘出をめぐる現況
上田征吾, 高原 幹, 原渕保明
PPPフロンティア 1 : 34-39, 2016.
当科での内視鏡補助下甲状腺手術(VANS法)の治療成績と今後の課題
野村研一郎, 高原幹, 片山昭公, 長門利純, 岸部 幹, 上田征吾, 片田彰博, 林 達哉, 原渕保明
内分泌外科・甲状腺外科学会 33 : 2016.
耳鼻咽喉科処方マニュアル 頭頸部がん メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患
駒林優樹, 林 達哉
耳喉頭頸 88 : 322-324, 2016.
Novel targets for natural killer/T-cell lymphoma immunotherapy
Kumai T, Kobayashi H, Harabuchi Y
Immunotherapy (Future medicine) 8 : 45-55, 2016.
Peptide vaccines in cancer - old concept revisited
Kumai T, Kobayashi H, Harabuchi Y, Celis E
Current opinion in immunology : 2016.
ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググルーブ報告 ANCA関連血管炎性中耳炎(Otitis media with ANCA-associated vasculitis:OMAAV)診断基準2015とその解説
吉田尚弘, 原渕保明, 岸部 幹, 立山香織, 森田由香, 坂口博史, 長谷川賢作, 國本泰臣, 松井隆道, 岡田昌浩, 渡邊 毅, 稲垣 彰, 村上信五, 高橋晴雄, 東野哲也, 小林茂人, 飯野ゆき子, ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググループ
Otol Jpn 26 : 37-39, 2016.

原著

Clinical features and treatment outcomes of otitis media with antineutrophil cytoplasmic antibody (ANCA)-associated vasculitis (OMAAV): A retrospective analysis of 235 patients from a nationwide survey in Japan
Harabuchi Y, Kishibe K, Tateyama K, Morita Y, Yoshida N, Kunimoto Y, Matsui T, Sakaguchi H, Okada M, Watanabe T, Inagaki A, Kobayashi S, Iino Y, Murakami S, Takahashi H, Tono T
Mod Rheumatol. 27 : 87-94, 2017.
Diagnostic value of liquid-based cytology with fine needle aspiration specimens for cervical lymphadenopathy
Bandoh N, Goto T, Akahane T, Ohnuki N, Yamaguchi T, Kamada H, Harabuchi Y, Tanaka S, Nishihara H
Diagn Cytopathol 44 : 169-176, 2016.
Novel treatment for early-stage nasal natural killer/T-cell lymphoma: intra-maxillary arterial infusion chemotherapy with concomitant radiotherapy
Takahara M, Nagato T, Kishibe K, Ueda S, Komabayashi Y, Yamashina M, Takahashi K, Harabuchi Y
Hematol Oncol : doi: 10.1002/hon.2273, 2016.
Circulating Epstein−Barr virus-encoded microRNAs as potential biomarkers for nasal natural killer/T-cell lymphoma
Komabayashi Y, Kishibe K, Nagato T, Ueda S, Takahara M, Harabuchi Y
Hematol Oncol : doi: 10.1002/hon.2360, 2016.
Up-regulation of CX3CR1 on tonsillar CD8 T-cells in patients with IgA nephropathy
Otaka R, Takahara M, Ueda S, Nagato T, Kishibe K, Nomura K, Katada A, Hayashi T, Harabuchi Y
Journal of Human Immunology 78 : 375-383, 2017.
Assessment of the change in cetuximab induced ADCC activity of NK cells by steroid
Kumai T, Oikawa K, Aoki N, Kimura S, Harabuchi Y, Kobayashi H
Head & Neck 38 : 410-416, 2016.
Epigenetic modification augments the immunogenicity of human leukocyte antigen G serving as a tumor antigen for T cell-based immunotherapy
Kumai T, Ishibashi K(co-firstauthor), Ohkuri T, Kosaka A, Nagato T, Hirata Y, Ohara K, Oikawa K, Aoki N, Akiyama N, Sado M, Kitada M, Harabuchi Y, Celis E, Kobayashi H
Oncoimmunology 5 : e1169356 , 2016.
A Matter of Survival: HMGB1 regulates autophagy in tumor MDSC
Kumai T, Celis E, Rodriguez PC
Journal of leukocyte biology 100 : 447-449, 2016.
Optimization of peptide vaccines to induce robust antitumor CD4 T cell responses
Kumai T, Lee S, Cho HI, Sultan H, Kobayashi H, Harabuchi Y, Celis E
Cancer Immunology Research : 2016.
Randomized controlled trial of juzen-taiho-to in children with recurrent acute otitis media
Ito M, Maruyama Y, Kitamura K, Kobayashi T, Takahashi H, Yamanaka N, Harabuchi Y, Origasa H, Yoshizaki T
Auris Nasus Larynx : doi: 10.1016/j.anl.2016.10.002, 2016.
T cells conditioned with MDSC show an increased anti-tumor activity after adoptive T cell based immunotherapy
Raber PL, Sierra RA, Thevenot PT, Shuzhong Z, Wyczechowska Dorota, Kumai T, Celis E, Rodriguez PC
Oncotarget 7 : 17565-17578, 2016.
Designing therapeutic cancer vaccines by mimicking viral infections
Sultan H, Fesenkova V, Addis D, Fan A, Kumai T, Wu J, Salazar A, Celis E
Cancer Immunology Immunotherapy : DOI: 10.1007/s00262-016-1834-5, 2016.
Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the parotid gland: a multi-institutional retrospective analysis in the Northern Japan Head and Neck Cancer Society
Suzuki M, Matsuzuka T, Saijo S, Takahara M, Harabuchi Y, Okuni T, Himi T, Kakizaki T, Fukuda S, Yamada K, Nagahashi T, Abe T, Shinkawa H, Katagiri K, Sato H, Fukui N, Ishikawa K, Suzuki T, Kobayashi T, Saito D, Saijo S, Tateda M, Hashimoto S, Ishida A, Kakehata S, Suzuki O, Hashimoto Y, Omori K
Acta Otolaryngol. 136 : 1154-1158, 2016.
A case of giant cell-rich solitary fibrous tumor in the external auditory canal
Yuzawa S, Tanikawa S, Kunibe I, Nishihara H, Nagashima K, Tanaka S
Pathol Int : doi: 10.1111/pin.12470, 2016.
Evidence-based clinical practice guidelines for IgA nephropathy 2014
Yuzawa Y, Yamamoto R, Takahashi K, Katafuchi R, Tomita M, Fujigaki Y, Kitamura H, Goto M, Yasuda T, Sato M, Urushihara M, Kondo S, Kagami S, Yasuda Y, Komatsu H, Takahara M, Harabuchi Y, Kimura K, Matsuo S
Clin Exp Nephrol. 20 : 511-535, 2016.
頸部術後の乳糜漏に対しオクトレオチドが著効した1例
太田 亮, 佐々木卓也, 原渕保明
頭頸部外科 26 : 115-118, 2016.
内視鏡補助下甲状腺切除術(VANS法)が行われた小児症例の検討
野村研一郎, 片山昭公, 高原 幹, 長門利純, 岸部 幹, 片田彰博, 林 達哉, 原渕保明
小児耳鼻 37 : 58-63, 2016.
バセドウ病に対する内視鏡補助下甲状腺全摘術
野村研一郎, 片山昭公, 高原 幹, 長門利純, 岸部 幹, 上田征吾, 片田彰博, 林 達哉, 原渕保明
頭頸部外科 26 : 83-89, 2016.
甲状腺眼症による視神経症に対して鼻内内視鏡下眼窩減圧術を行った2症例
野村研一郎, 片山昭公, 岸部 幹, 長門利純, 西川典子, 横田陽匡, 駒林優樹, 片田彰博, 林 達哉, 原渕保明
日本鼻科学会 55 : 169-175, 2016.
リーデル甲状腺炎例
佐々木卓也, 岸部 幹, 林 達哉, 原渕保明
耳鼻臨床 109 : 411-417, 2016.
幼児に発症しためまいを伴う突発性難聴の一例
上村明寛, 大崎隆士, 岸部 幹, 原渕保明
耳鼻臨床 109 : 771-774, 2016.
鼻前庭に発生した血管平滑筋腫例
平田 結, 高原 幹, 野村研一郎, 片田彰博, 林 達哉, 原渕保明
耳鼻臨床 109 : 47-51, 2016.
著名な白血球増多をきたした甲状腺未分化癌例
寒風澤知明, 石田芳也, 原渕保明
耳鼻臨床 109 : 651-656, 2016.
50年前に留置した隆鼻シリコンによる鼻前庭膿瘍の1例
寒風澤知明, 石田芳也, 原渕保明
耳鼻臨床 : 2016.
神経線維腫症鵯型に合併した上咽頭動静脈瘻の1例
原渕翔平, 上田征吾, 野村研一郎, 高原幹, 林達哉, 原渕保明
口咽科 : 2016.

その他

頭頸部癌と免疫療法
原渕保明
北の鈴 33 北鈴会 : 13-15, 2016.
特別報告;2016年日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 宿題報告 「進行性鼻壊疽から鼻性NK/T細胞リンパ腫へ」
原渕保明
旭川集談会 : 12.10, 2016, 旭川.
根室市教委 小中で耳鼻咽喉科健診
林 達哉, 河野通久
釧路新聞 根室市教委 : 7.9, 2016, 根室.
市教委による耳鼻咽喉科健診
林 達哉, 河野通久
根室新聞 根室市教委 : 7.11, 2016, 根室.
「顔」伝統の治療 進化を
林 達哉
北海道医療新聞 : 11.18, 2016, 札幌.
佐藤幸彦先生を偲んで
林 達哉
同門会誌 34, 2016, 旭川.
首リンパ腺の新検査法有用
坂東伸幸, 後藤 孝, 赤羽俊章, 山口朋美, 大貫なつみ
十勝毎日新聞 : 2.8, 2016.
北斗が福島の子ども甲状腺検査へ
坂東伸幸
十勝毎日新聞 : 3.14, 2016.
頸部リンパ節腫脹に対する新検査法の有用性
坂東伸幸
北海道医療新聞 : 4.22, 2016.
気になる耳鼻科の病気
坂東伸幸
健康医学出前講座 札内北町内会 : 9.24, 2016, 中札内.
VANS technique demonstration with intraoperative monitoring of RLN
Katayama A
Gasless Endscopic Thyroidectomy VANS Technique in Thammasat University : Aug.30, 2016, Thammasat,Thailand.
内視鏡下甲状腺切除術:札幌市で唯一実施
片山昭公
徳洲新聞 No.1056 一般社団法人徳洲会 : 4 : 11.7, 2016, 東京.
旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科における病診連携の現況
高原 幹
北北海道耳鼻咽喉科懇話会 50 : 5.28, 2016, 旭川.
旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科における病診連携の現況
高原 幹
旭川医科大学耳鼻咽喉科同門会懇親会 17 : 8.20, 2016, 旭川.
旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科における病診連携の現況
高原 幹
同門会忘年会 40 : 12.10, 2016, 旭川.
今日からのすまいるライフ 声の異変に気づいたら
森合重誉
すまいる 北海道厚生連 60 2016秋 : 6-7, 2016.
内視鏡下甲状腺切除術の先進医療の開始
野村研一郎
旭川医科大学環境報告書2016 旭川医科大学総務部施設課 : 10 : 9.1, 2016.
随筆:いよいよ来ました!新幹線
上村明寛
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 37-0, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
河野通久
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 41-42, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
菅原梨香
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 44, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
関根一郎
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 42-43, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
林 隆介
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 45-46, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
保立裕史
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 44-45, 2016.
新入医局員・教室員自己紹介
原渕翔平
北耳報 143 北海道耳鼻咽喉科医会 : 43, 2016.