教授挨拶

ようこそ!旭川医医科大学 眼科学教室ホームページへ

吉田教授

旭川医科大学 眼科学講座の吉田 晃敏です。
吉田学長プロフィール

このホームページは、本学での治療を希望される患者さんに向けて、本学の治療方針や実績などを説明すると共に、医学を志す学生諸君や、初期・後期研修医として次のステップを考えている皆さんに、本学眼科学講座が取り組む先端医療について理解してもらう目的で開設しました。難解な研究テーマについても、動画や静止画像をふんだんに用いながら、なるべく分かり易く解説しております。

さて、本学病院の眼科外来には、最新の治療を求めて、道内はもちろん、全国各地から患者さんがお見えになっていて、現在、手術件数は増加の一途を辿っています。例えば、ご高齢の方に多い白内障手術の場合、常に300人以上がウエイティングリストに名前を連ね、時には4か月以上お待ち頂く状態が続いていました。2011年1月に、白内障手術を専門とする手術室を2室整備したことで、この待ち期間は大分短縮されましたが、それでもなお、一部の患者さんにはご不便をおかけしています。


目は、大きな身体の中で、本当に小さな器官です。眼球の直径は24ミリ程度。重さは8グラムもありません。しかし、人間の生活、クオリティ オブ ライフにとって、目は、ある意味で最も重要な器官の一つです。残念ながら、いま、緑内障や糖尿病網膜症の患者さんなどが増加し、その結果、人生半ばで、突然視力を失ってしまう方が増え続けています。光を失った時の大きな悲しみ、そして、光に闇が差し込んでくるときの恐怖…。 多くの人は、目の病に直面して初めて、かけがえのない光の大切さに気付くのです。

本学の眼科学教室では、現在考え得る最善の治療法を提供すると共に、新たな可能性を求めて、日々、最先端の研究を続けています。眼科を目指す皆さんには、初期研修から早く眼科学を学べるプログラムも用意していますし、初期研修を始めるその年から、同時に大学院への進学も可能です。加えて、本学の初期研修医に対する給与等の処遇は、全国の国立大学の中で、最高です。

また、後期研修医として眼科学を選択し、高度な医学技術の習得を目指そうとしている医師の皆さんにとっても、本学の眼科学講座なら、豊富な臨床経験も積める上、高度な研究や海外留学など、一歩先を見据えた研修が可能です。目という、小さな光の窓を通して見えてくるその世界は、奥深く、そして、まだまだ分からない事の多い、チャレンジングな舞台です。

このホームページを通して、眼科学の明日を担う若い人材が、一人でも多く、私達・旭川医科大学眼科学講座の門を叩いてくれる事を、心から願っています。



旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549