遠隔医療紹介

遠隔画像伝送の眼科医療での必要性

北海道は広大な面積を有しており、人々が移動に利用する空港が13カ所もある。更に、冬期間の雪害や悪天候で交通機関が麻痺に陥ることも少なくない。

そんな中でも、患者さんは重い病をおして病院を目指さなくてはならない。特に眼科の場合、患者さんが一人で移動できず家族や知人が付き添い旭川医大まで来院する場合も多い。

私たちの最初の目標は、「患者さんが移動する」のではなく「病状の情報を移動させたい」。それができれば、検査や診療、手術など病状に合わせて「必要な時、必要な病院を選ぶ」ことが可能になる。離れたところからの診察のみならず、遠隔で手術支援も可能になる。

遠隔医療の変遷
リンク
旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549