• slidebg1
    旭川医大
    アイバンク

旭川医大アイバンク

アイチャン

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在活動を休止しております。


提供された角膜(ドナー)を移植することによって、
移植を受けた患者さん(レシピエント)に病気が感染してはなりません。
そのため眼球提供者(ドナー)適応基準というものが定められており、
ある種の病気を持つ方は提供者になれません。
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb5811&dataType=1&pageNo=1

今回の新型コロナウイルスについてはこの適応基準の中では扱われておらず、
令和2年3月5日付で厚生労働省より以下の通達がありました。
『臓器移植及び造血幹細胞移植における新型コロナウイルス感染症への対応について』
https://www.mhlw.go.jp/content/000606242.pdf

その中で、
新型コロナウイルス感染症については未だ不明な点が多いことから、移植施設において慎重に判断する旨の記載があります。

また、何らかの病気で病院でお亡くなりになったり、あるいは在宅で看取られて臓器提供意思表示のある方が、もしも新型コロナウイルスの病原体保因者だった場合、ご遺体から眼球の摘出医やアイバンクコーディネーターへ感染し、その後、院内へ感染が広がっていく可能性も考えられます。

ついでながらアメリカのアイバンクにおいては、ドナー全例に対して新型コロナウイルスのスクリーニング検査が行われているようです。
https://corneagen.com/COVID-19.aspx

よって当アイバンクでは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、活動を休止することといたしました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。



特定非営利活動法人 旭川医大アイバンクのご紹介


2005年、札幌の(財)北海道眼球銀行旭川支部の廃止にともない速やかに登録業務の継承、角膜移植医療体制との連携及び道東道北のアイバンクの広報活動の継承と発展を期することを目的として設立されました。 ライオンズクラブ国際協会331B地区の会員が主な支援組織です。 アイバンクの広報および献眼登録の推進と共に、角膜移植医療機関との連携により、移植待機患者への奉仕を目的としています。



アイバンクへの登録

献眼登録をご検討の方はぜひ下記へご連絡ください。詳しい資料をお送りします。



連絡先


〒070-0035 旭川市5条通9丁目1163番地1 コスモビル4F

TEL. 0166-74-5255
FAX. 0166-26-4246
  • 登録時に目の検査はありません
  • 年齢制限もありません
  • 老眼・近眼・遠視・乱視でもOKです