宇都宮 嗣了 Tsugiaki Utsunomiya

宇都宮 嗣了

旭川医科大学眼科 医員、病棟医長、経営担当医長


大学院では角膜に関する研究に取り組ませて頂きました。

『ムチャはするな。無理をしろ。』中学の陸上部で恩師に言われた言葉です。
地域の患者様の見える喜びを守るため、自分はちょっとムリをしてでも全力で頑張ります。

よろしくお願い致します。



[ 当サイト内の執筆 ]

略歴
2002年広島大学附属高校卒業
2003年旭川医科大学入学
2009年旭川医科大学卒業
旭川医科大学病院にて初期研修
2010年苫小牧王子総合病院
2011年市立釧路総合病院
釧路赤十字病院
遠軽厚生病院
2012年旭川医科大学
2013年札幌徳洲会病院
2014年旭川医科大学(医員、大学院)
2017年旭川医科大学大学院 修了
留萌市立病院 眼科
2018年旭川医科大学眼科 病棟医長、経営担当医長

主な業績
  1. 原著論文(英文)
    1. Utsunomiya T, Kawahara A, Hanada K, Yoshida A.
      Effects of diquafosol ophthalmic solution on quality of life in dry eye assessed using the Dry Eye-related Quality-of-life Score Questionnaire: effectiveness in patients while reading and using visual display terminals.
      Cornea. 36(8): 908-914, 2017.

    2. Utsunomiya T, Ishibazawa A, Nagaoka T, Hanada K, Yokota H, Ishii N, Yoshida A.
      Transforming Growth Factor-β Signaling Cascade Induced by Mechanical Stimulation of Fluid Shear Stress in Cultured Corneal Epithelial Cells.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 57(14): 6382-6388, 2016.

    3. Utsunomiya T, Nagaoka T, Hanada K, Omae T, Yokota H, Abiko A, Haneda M, Yoshida A.
      Imaging of the Corneal Sub-Basal Whorl-Like Nerve Plexus: More Accurate Depiction of the Extent of Corneal Nerve Damage in Patients with Diabetes.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 56(9):5417-5423, 2015.

    4. Utsunomiya T, Hanada K, Muramatsu O, Ishibazawa A, Nishikawa N, Yoshida A.
      The wound healing process after corneal stromal thinning observed with anterior segment optical coherence tomography.
      Cornea. 33(10):1056-1060, 2014.

  2. 著書・総説(和文)
    1. 宇都宮 嗣了, 長岡 泰司.
      特集 - 糖尿病神経障害の早期診断と薬物療法「生体共焦点顕微鏡角膜モジュールを用いた、糖尿病患者における角膜神経叢の神経密度解析」.
      月刊糖尿病, 医学出版, 8(8): 49-53, 2016.

  3. 外部資金等の受入
    1. 文部科学省科学研究費 若手研究B: 平成28年 - 平成29年度
      「流体力学的アプローチによる瞬目時摩擦刺激に対する角膜上皮細胞の応答」


-
旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549