下内 昭人 Akito Shimouchi

下内 昭人

旭川医科大学眼科 診療助教


医学博士

主に月曜日、金曜日の糖尿病網膜症外来を担当しております。糖尿病は無症状でありながら、気が付かないうちに血管が傷んでいく病気です。見えづらさが出る前にぜひ眼科での定期検査をお勧め致します。

大学院では神経保護と再生医療の研究をしておりました。現在は、基礎研究の経験を生かしながら、目の中の血の巡りを安心安全に確認することができる最新式の医療機器を用いて、世界に先駆けた臨床研究を行っております。

より多くの患者様のお役に立てるよう、「分かりやすく、優しい医療」を心がけて日々診療しております。

[ 当サイト内の執筆 ]

略歴
平成21年3月旭川医科大学 卒業
平成21年4月旭川医科大学 初期研修医
平成22年10月市立釧路総合病院 眼科
平成23年1月苫小牧王子総合病院 眼科
平成23年10月釧路赤十字病院 眼科
平成24年4月旭川医科大学大学院 入学
平成24年10月旭川医科大学 眼科
平成28年4月留萌市立病院 眼科
平成29年4月旭川医科大学眼科 診療助教
現在に至る

受賞
平成28年度 第120回日本眼科学会総会 学術展示優秀賞受賞

主な業績
  1. 原著論文(英文)
    1. Shimouchi A, Yokota H, Ono S, Matsumoto C, Tamai T, Takumi H, Narayanan SP, Kimura S, Kobayashi H, Caldwell RB, Nagaoka T, Yoshida A.
      Neuroprotective effect of Water-dispersible hesperetin in retinal ischemia reperfusion injury.
      Jpn J Ophthalmol 60(1):51-61, 2016.

    2. Yokota H, Nagaoka T, Sato E, Takahashi A, Shimouchi A, Yoshida A.
      Serum prorenin levels are not associated with ocular diseases in non-diabetic subjects.
      J Renin Angiotensin Aldosterone Syst. 16(1):153-158, 2015.

    3. Shimouchi A, Takahashi A, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Vitreomacular interface in patients with familial exudative vitreoretinopathy.
      Int Ophthalmol. 33(6):711-715, 2013.

  2. 原著論文(和文)
    1. 西 真智子, 籠川 浩幸, 下内 昭人, 大谷 真一, 石子 智士, 吉田 晃敏.
      座位と仰臥位での iVue-100 による網膜厚測定の再現性.
      眼科 55(4):393-398, 2013.

  3. 著書・総説(和文)
    1. 下内 昭人
      フラクタル理論を用いたマイクログリア形態解析による糖尿病網膜症の超早期診断法の確立.
      旭川医科大学研究フォーラム, 16:36-37, 2016.

  4. 外部資金等の受入
    1. 文部科学省科学研究費 若手研究B: 平成26年 - 平成27年度
      「マイクログリアにおける新規接着因子 Ninjurin 1 を標的とした糖尿病網膜症の病態解明.」


旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549