石羽澤 明弘 Akihiro Ishibazawa

旭川医科大学眼科 助教


医学博士  日本眼科学会認定 眼科専門医


 大学院時代には東京大学医用生体工学講座システム生理学教室と共同で、網膜血管内皮にかかるシェアストレス(ずり応力)の研究に取り組み、眼循環研究に携わって参りました。平成26年4月からは、糖尿病網膜症外来を担当させて頂き、糖尿病網膜症など目の血のめぐり(眼血流)が変化する疾患の診療を行っております。

 また同年より当科では、造影剤を使用せずに網膜や脈絡膜の微小血管の評価を可能とする、光干渉断層血管撮影(OCT angiography)を本邦でもいち早く導入致しました。本技術を用いて眼血流を評価することで、より詳細で、より安全な眼科診療の実現を目指しております。このような新技術による臨床研究、基礎研究を通じて、眼血流障害をきたす疾患の病態解明、治療への糸口を見出し、日々進歩著しい現代の眼科医療に少しでも貢献できればと考えております。

 多くの患者様の「見える喜び」を実現できますよう、丁寧かつ的確な診療に努めていきたいと存じております。

[ 当サイト内の執筆 ]

略歴
平成12年 (2000年)北海道旭川東高等学校卒業
平成18年 (2006年)北海道旭川医科大学医学部卒業
旭川医科大学附属病院 初期研修医
平成20年 (2008年)旭川医科大学 眼科医員
旭川医科大学大学院入学
釧路赤十字病院 眼科医員
平成24年 (2012年)旭川医科大学大学院卒業:博士(医学)
日本眼科学会認定 眼科専門医
平成25年 (2013年)名寄市立総合病院 眼科医員
平成26年 (2014年)旭川医科大学病院 眼科医員
平成28年 (2016年)旭川医科大学病院 助教
平成30年 (2018年)Tuft Medical Center (Tufts University School of Medicine)
New England Eye Center 研究員
平成31年 (2019年)旭川医科大学病院 助教

受賞
The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting (2014) - International Travel Grant ($1,100)
日本糖尿病眼学会学術奨励賞 平成29年(第11回)福田賞

外部資金等の受入
文部科学省科学研究費 若手研究(B) : 2011年 - 2012年 (総額 4,160 千円)
文部科学省科学研究費 若手研究(B) : 2013年 - 2014年 (総額 4,030 千円)

主な業績
  1. 原著論文(英文)
    1. Takahashi K, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Impaired vascular endothelial function in patients with diabetic macular edema.
      Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2017 in press.

    2. Kinouchi R, Nishikawa N, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Vascular rarefaction at the choriocapillaris in acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy viewed on OCT angiography.
      Int Ophthalmol. 37(3): 733-736, 2017.

    3. Minami Y, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Short-term effects of intravitreal ranibizumab therapy on diabetic macular edema.
      BMC Ophthalmol. 17(1):28. doi: 10.1186/s12886-017-0420-8, 2017.

    4. Minami Y, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Correlation between short- and long-term effects of intravitreal ranibizumab therapy on macular edema after branch retinal vein occlusion: a prospective observational study.
      BMC Ophthalmol. 17(1):90. doi: 10.1186/s12886-017-0485-4, 2017.

    5. Tani T, Song YS, Yoshioka T, Omae T, Ishibazawa A, Akiba M, Yoshida A.
      Repeatability and Reproducibility of Retinal Blood Flow Measurement Using a Doppler Optical Coherence Tomography Flowmeter in Healthy Subjects.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 58(7): 2891-2898, 2017.

    6. Utsunomiya T, Ishibazawa A, Nagaoka T, Hanada K, Yokota H, Ishii N, Yoshida A.
      Transforming Growth Factor-β Signaling Cascade Induced by Mechanical Stimulation of Fluid Shear Stress in Cultured Corneal Epithelial Cells.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 57(14): 6382-6388, 2016.

    7. Ishibazawa A, Nagaoka T, Yokota H, Takahashi A, Omae T, Song YS, Takahashi T, Yoshida A.
      Characteristics of Retinal Neovascularization in Proliferative Diabetic Retinopathy Imaged by Optical Coherence Tomography Angiography.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 57(14): 6247-6255, 2016.

    8. Minami Y, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Short-term effect of intravitreal ranibizumab therapy on macular edema after branch retinal vein occlusion.
      Retina. 36(9): 1726-1732, 2016.

    9. Nagaoka T, Tani T, Song YS, Yoshioka T, Ishibazawa A, Nakabayashi S, Akiba M, Yoshida A.
      Evaluation of Retinal Circulation Using Segmental-Scanning Doppler Optical Coherence Tomography in Anesthetized Cats.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 57(7):2936-2941, 2016.

    10. Mase T, Ishibazawa A*, Nagaoka T, Yokota H, Yoshida A.
      Radial Peripapillary Capillary Network Visualized Using Wide-Field Montage Optical Coherence Tomography Angiography.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 57(9):OCT504-OCT510, 2016. * correspoding author

    11. Kawaguchi Y, Takahashi A, Nagaoka T, Ishibazawa A, Ishiko S, Yoshida A.
      Retinal and choroidal hyperreflective foci on spectral-domain optical coherence tomographic images in a patient with retinitis pigmentosa accompanied by diabetic retinopathy.
      Am J Ophthalmol Case Rep. 3:25-30, 2016.

    12. Sogawa K, Nagaoka T, Ishibazawa A, Takahashi A, Tani T, Yoshida A.
      En-face Optical Coherence Tomography Angiography of Neovascularization Elsewhere in hemi Central Retinal Vein Occlusion.
      Int Med Case Rep J. 8:263-266, 2015.

    13. Ishibazawa A, Nagaoka T, Minami Y, Kitahara M, Yamashita T, Yoshida A.
      Choroidal thickness evaluation before and after hemodialysis in patients with and without diabetes.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 56(11):6534-6541, 2015.

    14. Ishibazawa A, Nagaoka T, Takahashi A, Omae T, Tani T, Sogawa K, Yokota H, Yoshida A.
      Optical Coherence Tomography Angiography in Diabetic Retinopathy: A Prospective Pilot Study.
      Am J Ophthalmol. 160(1):35-44, 2015.

    15. Utsunomiya T, Hanada K, Muramatsu O, Ishibazawa A, Nishikawa N, Yoshida A.
      Wound healing process after corneal stromal thinning observed with anterior segment optical coherence tomography.
      Cornea. 33(10):1056-1060, 2014.

    16. Ono S, Nagaoka T, Omae T, Tanano I, Kamiya T, Otani S, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Beraprost sodium, a stable prostacyclin analogue, elicits dilation of isolated porcine retinal arterioles: roles of eNOS and potassium channels.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 55(9):5752-5759, 2014.

    17. Ishibazawa A, Kinouchi R, Minami Y, Katada A, Yoshida A.
      Recurrent Vogt-Koyanagi-Harada disease with sensorineural hearing loss and choroidal thickening.
      Int Ophthalmol. 34(3):679-684, 2014.

    18. Ishibazawa A, Nagaoka T, Yokota H, Ono S, Yoshida A.
      Low shear stress up-regulation of proinflammatory gene expression in human retinal microvascular endothelial cells.
      Exp Eye Res. 116:308-311, 2013.

    19. Tanano I, Nagaoka T, Omae T, Ishibazawa A, Kamiya T, Ono S, Yoshida A.
      Dilation of porcine retinal arterioles to cilostazol: roles of eNOS phosphorylation via cAMP/protein kinase A and AMP-activated protein kinase and potassium channels.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 54(2):1443-1449, 2013.

    20. Shimouchi A, Takahashi A, Nagaoka T, Ishibazawa A, Yoshida A. Vitreomacular interface in patients with familial exudative vitreoretinopathy. Int Ophthalmol. 33(6):711-715, 2013.

    21. Tanano I, Nagaoka T, Sogawa K, Tani T, Omae T, Nakabayashi S, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Impaired systemic vascular endothelial function in patients with branch retinal vein occlusion.
      Curr Eye Res. 38(1):114-118, 2013.

    22. Sogawa K, Nagaoka T, Tanano I, Tani T, Omae T, Nakabayashi S, Ishibazawa A, Takahashi A, Yoshida A.
      Association between diabetic retinopathy and flow-mediated vasodilation in type 2 DM.
      Curr Eye Res. 37(5):446-451, 2012.

    23. Sogawa K, Nagaoka T, Takahashi A, Tanano I, Tani T, Ishibazawa A, Yoshida A.
      Relationship between choroidal thickness and choroidal circulation in healthy young subjects.
      Am J Ophthalmol. 153(6):1129-1132, 2012.

    24. Ishibazawa A, Nagaoka T, Takahashi T, Yamamoto K, Kamiya A, Ando J, Yoshida A.
      Effects of shear stress on the gene expressions of endothelial nitric oxide synthase, endothelin-1, and thrombomodulin in human retinal microvascular endothelial cells.
      Invest Ophthalmol Vis Sci. 52(11):8496-8504, 2011.

    25. Aoki T, Nishimura M, Matsuoka T, Yamamoto K, Furuyashiki T, Kataoka H, Kitaoka S, Ishibashi R, Ishibazawa A, Miyamoto S, Morishita R, Ando J, Hashimoto N, Nozaki K, Narumiya S.
      PGE2-EP2 signalling in endothelium is activated by haemodynamic stress and induces cerebral aneurysm through an amplifying loop via NF-κB.
      Br J Pharmacol. 163(6):1237-1249, 2011.

    26. Ishibazawa A, Igarashi S, Hanada K, Nagaoka T, Ishiko S, Ito H, Yoshida A.
      Central corneal thickness measurements with Fourier-domain optical coherence tomography versus ultrasonic pachymetry and rotating Scheimpflug camera.
      Cornea. 30(6):615-619, 2011.

  2. 原著論文(和文)
    1. 石羽澤 明弘, 長岡 泰司, 横田 陽匡, 高橋 淳士, 南 喜郎, 吉田晃敏.
      腎移植または血液透析導入を契機に糖尿病黄斑浮腫が改善した5症例.
      あたらしい眼科 32(2): 279-285, 2015.

    2. 石羽澤 明弘, 加藤 祐司, 高橋 淳士, 長岡 泰司, 木ノ内 玲子, 籠川 浩幸, 石子 智士, 吉田 晃敏.
      光干渉断層計にて網膜色素上皮層の不整の再発を認めた交感性眼炎の1例.
      臨床眼科 63(4): 571-575, 2009.

    3. 花田 一臣, 五十嵐 羊羽, 石子 智士, 加藤 祐司, 小川 俊彰, 長岡 泰司, 川井 基史, 石羽澤 明弘, 吉田 晃敏.
      前眼部光干渉断層計を用いて観察した糖尿病角膜症.
      あたらしい眼科 26(2):247-253, 2009.

  3. 著書・総説(和文)
    1. 石羽澤 明弘.
      OCTA 私の使い方「各画角における私の使い方〜複数機種使用の経験から〜」
      眼科グラフィック 6(5): 450-455, 2017.

    2. 石羽澤 明弘.
      特集:糖尿病網膜症 ー OCT angiographyによる糖尿病網膜症の評価.
      Diabetes Frontier 28(3):291-297, 2017.

    3. 石羽澤 明弘.
      特集:網膜血管疾患診療:最新の知見 ー 網膜血管疾患のOCT angiography.
      あたらしい眼科 34(5): 651-660, 2017.

    4. 石羽澤 明弘.
      特集:光干渉断層血管撮影(OCT angiography) のすべて ー 糖尿病網膜症への応用.
      あたらしい眼科 34(6): 801-807, 2017.

    5. 石羽澤 明弘.
      今、OCT angiography でわかること・わからないこと 4.糖尿病網膜症.
      眼科 59(3): 229-236, 2017.

    6. 石羽澤 明弘.
      OCT angiography を用いた網膜血管病変の評価.
      日本の眼科 87(12): 1588-1594, 2016.

    7. 石羽澤 明弘.
      眼科検査の最新情報 Ⅲ. 網膜 4.光干渉断層計(OCT) 7) OCT angiography.
      眼科 2016年10月臨時増刊号, 58(11):1275-1285, 2016.

    8. 石羽澤 明弘.
      最新機器レポート「OCTアンギオ」複数機種使用の経験から.
      神経眼科 33(3):305-309, 2016.

    9. 石羽澤 明弘.
      検査機器トピックスその1 OCT 血管造影(OCTA).
      知っているようで知らない新しい糖尿病網膜症診療, MEDICAL VIEW社, 92-94, 2016.

    10. 石羽澤 明弘.
      特集 OCTアンギオグラフィーのすべて 「糖尿病網膜症への応用」.
      眼科グラフィック 5(4): 335-339, 2016.

    11. 石羽澤 明弘.
      OCT angiography.
      IOL&RS 30(2): 282-286, 2016.

    12. 長岡 泰司, 中林 征吾, 石羽澤 明弘.
      造影剤を使わない眼底 angiography - OCT angiography と laser speckle flowgraphy.
      眼科 58(6): 651-664, 2016.

    13. 石羽澤 明弘.
      OCT アンギオグラフィー.
      あたらしい眼科, 33(2): 175-187, 2016.

    14. 石羽澤 明弘.
      機器紹介 OCT アンギオグラフィ RTVue XR Avanti.
      眼科 57(11):4139-1449, 2015.

  4. 国際学術講演
    1. Ishibazawa A.
      OCT angiography for Diabetic Retinopathy: More details over a wider area.
      32th ASIA PACIFIC ACADEMY OF OPHTHALMOLOGY (APAO) CONGRESS, Singapore, 2017.3.3.

    2. Ishibazawa A, Nagaoka T, Yokota H, Song YS, Yoshida A.
      Role of shear stress on the regulation of retinal blood flow; Effect of shear stress on gene expressions of eNOS, ET-1 and Thrombomodulin.
      International Society for Eye Reseach (ISER), Berlin Germany, 2012.7.21-25

  5. 国内の学術依頼講演・教育セミナー
    1. 石羽澤 明弘. 中心窩血管帯変化.
      シンポジウム8 - 黄斑のクリニカルサイエンス.
      第71回日本臨床眼科学会, 東京, 平成29年10月13日(金)

    2. 石羽澤 明弘. Swept sourceによるOCT angiographyの有用性.
      シンポジウム1 - 眼循環評価の新しい視点 - OCT angiography から見えてくるもの.
      第34回日本眼循環学会, 大阪, 平成29年7月22日(土)

    3. 石羽澤 明弘. 魅せます!スウェプトソースによるOCTアンジオグラフィの進化形.
      ランチョンセミナー10 - 必見! スウェプトソース OCTを学ぼう! 臨床活用とOCT-A の進化
      第121回日本眼科学会総会, 東京, 2017年4月6日(木)

    4. 石羽澤 明弘. OCT angiographyでみる糖尿病網膜症.
      シンポジウム2 - 基礎から極める網膜血管機能解析
      第121回日本眼科学会総会, 東京, 2017年4月6日(木)

    5. 石羽澤 明弘. OCT angiography の臨床活用.
      シンポジウム20 - 眼科診療に与える OCT のインパクト
      第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月6日(日)

    6. 石羽澤 明弘. Angio パノラマ画像の読影 〜糖尿病網膜症を中心に.
      ランチョンセミナー37 OCT-Angiographyの読影と症例検討
      第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016年11月5日(土)

    7. 石羽澤 明弘. OCT angiographyを用いた糖尿病網膜症診療.
      モーニングセミナー6 OCT・・・さらなる発展!! RTVue XR Avanti の魅力.
      第53回日本網膜硝子体学会総会・第31回日本眼循環学会 合同学会, 大阪, 2014年11月30日(日)

    8. 石羽澤 明弘. En-face OCT angiography を臨床現場へ.
      モーニングセミナー1 RTVue XR AvantiによるOCT Angiographyの魅力!!
      第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会 合同学会, 東京, 2015 年12 月5日(土)

    9. 石羽澤 明弘. OCT angiographyを用いた網膜循環評価.
      ランチョンセミナー1 最新のモダリティで網脈絡膜循環を考える.
      第33回日本眼循環学会, 福岡, 2016年7月22日(金)

    10. 石羽澤 明弘. OCT angiographyの撮影・読影のポイント.
      コメディカルのための教育セミナー しくじらないための方法
      第33回日本眼循環学会, 福岡, 2016年7月23日(土)

  6. 学位論文

  7. Effects of Shear Stress on the Gene Expressions of Endothelial Nitric Oxide Synthase, Endothelin-1, and Thrombomodulin in Human Retinal Microvascular Endothelial Cells.
    (シェアストレスによるヒト網膜微小血管内皮細胞における遺伝子発現への効果:特に一酸化窒素合成酵素、エンドセリン-1、トロンボモジュリンについて)
      博士(医学): 甲421号(旭川医科大学)
      学位授与年月日: 平成24年3月23日


旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549