医局長から挨拶

初期研修・後期研修をぜひ旭川で!

十川 医局長

旭川医科大学眼科 医局長の十川健司です。

視覚情報は、人間が外部から得る情報の90%と言われています。生活する上で、視覚は非常に大切であるといえます。我々眼科医は患者様の視機能を健全に保つこと、障害された視機能を回復させることが使命ですが、単に失明を防ぐだけではなくQuality of visionをいかに守るかという時代に入っています。すべての人に、いくつになっても自分の眼でものを見て自分で生活していただくことが人と社会の基本的な幸せと考えています。

旭川医科大学眼科は、臨床の第一線のレベルの診療を行いながら研究の方面においても学会・論文等で活躍しています。 この旭川から世界へ発信できる眼科を目指して旭川医科大学眼科は臨床、研究に取り組んでおります。

教室は和気あいあいと楽しい雰囲気です。皆さんも充実した、幸せに満ちた眼科医の生活を体験しませんか?短期間でも良いですから是非、ローテートで眼科を選択してください。きっと眼科の素晴らしさを実感してもらえると思います。

このやりがいのある仕事を、旭川医大眼科で一緒にやりませんか?医学生の皆さん、初期臨床研修医のみなさん、質問などがあれば、いつでも気楽にご相談ください。お待ちしています!


旭川医科大学 眼科学教室 医局長 十川 健司



旭川医科大学 眼科学教室  〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1 TEL: 0166-68-2543 FAX: 0166-68-2549