周産母子科(産科)│外来診療のご案内

周産母子科(産科)

産科のご案内

産科は、妊娠・分娩・児の胎児期から新生児期に関わる診療分野です。このため、妊娠・分娩を母体側からみた生理現象の一つとして理解し、妊娠に発生する偶発合併症・合併妊娠を診断・管理していく分野であり、適切な分娩管理を必要とされ、さらには胎児・新生児に対する知識も要求されます。

当科の診療は、正常妊娠・分娩は勿論、道北・道東地区の第3次周産期医療施設として他院で管理困難な重症妊娠合併症や重篤な切迫早産症例などを外来、母体搬送問わず可能な限り受け入れています。

PAGETOP

外来診療

産科外来は予約制で、診療時間以外の受診でも可能な限り産科外来の担当医が対応します。
当院の外来診療では、一般の妊婦検診はもとより、外来での胎児超音波診断により、胎児心奇形などの出生前診断が施行されており、また早産、妊娠高血圧症候群の予防や妊娠糖尿病のスクリーニングを施行し、周産期予後の改善に努めております。多胎妊娠や胎児疾患の診療には、時間をかけて当たり、必要に応じて小児科医、小児外科医、脳外科医も診療に当たります。甲状腺疾患、心疾患、自己免疫性疾患、呼吸器疾患、腎疾患、糖尿病、高血圧など合併症を持った妊婦さんに関しては、内科など各科と連携をとり、診療に当たっております。

また、医師や助産師が妊娠中のちょっとした疑問や相談に応じます。気軽に声をかけてください。

PAGETOP

超音波診断

妊娠高血圧症候群、子宮内胎児発育遅延や胎児奇形(横隔膜ヘルニア、水頭症、心疾患など)を紹介して頂いています。胎児の健康状態や各臓器の機能を出生前に評価し、胎内治療を含む妊娠中の管理、分娩時期や分娩方法を検討し、新生児医療へのスムーズな対応ができるように心がけております。当院で出産予定でない方でも、妊娠出産、あるいは胎児の健康に心配・不安のある方の受診にも応じていますので、ご相談いただければ幸いです。

PAGETOP

助産師外来

当科では、妊娠36週以降の希望者には助産師を中心とした外来も設けております。

PAGETOP

入院管理

入院管理は新生児科や小児科と共に当院周産母子センターにて行っております、当院の特徴として、新生児集中治療室を併設しており、休日・夜間の緊急母体搬送も受けられるよう24時間対応をしています。

PAGETOP

分娩施設

分娩施設は、陣痛室・分娩室・産後の回復室が一体となったLDRを完備しております。
また、すべての分娩に医師が立ち会い、さらに必要に応じて小児科医が待機することにより、分娩時の急変にも対応できるよう備えています。
帝王切開術は麻酔科の管理による安全かつ確実な麻酔のもとに、手術室で行われます。また、小児科医も手術に立ち会います。緊急時にも迅速な対応が可能です。

PAGETOP

BFH:Baby Friendly Hospital

当院は、WHO UNICEF が認定する「赤ちゃんにやさしい病院」に旧国立病院として初めて認定されていて、母乳育児を基本としています。

PAGETOP

大学病院の特徴

また、大学病院という利を生かし、各診療科と連携し、胎児及び母体の集中的な管理(産科超音波検査、羊水検査、胎児MRI検査など)、分娩を行っています。さらに新生児期に外科的な治療を必要とする疾患についても、小児外科、心臓外科、脳神経外科など協力により診療に当たっております。

PAGETOP

外来診療のご案内
  • 女性医学科(産婦人科、婦人科腫瘍)
  • 生殖内分泌(不妊症・習慣流産)
  • 周産母子科(産科)
  • シックハウス(特殊)
  • 思春期
  • 更年期
  • 婦人科腫瘍予防
  • 育児支援「カンガルーケア」
学生・入局希望者へご案内
  • 学生・入局希望者へメッセージ
  • 研究内容
  • 診療研究グループ紹介
  • 研修プログラム・特徴
  • 先輩医員の一日
  • 留学先について
  • 関連病院
同門会へご案内
  • 会員ログインページ 会員限定
Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座