女性医学科(産婦人科、婦人科腫瘍)│外来診療のご案内

女性医学科(産婦人科、婦人科腫瘍)

はじめに

旭川医大当附属病院女性医学科(婦人科腫瘍グループ)は、婦人科腫瘍専門医制度指定修練施設、日本臨床細胞学会教育研修施設、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構(JGOG)登録参加認定施設に認定され、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、および内視鏡技術認定医の指導の元に、婦人科一般疾患はもとより婦人科腫瘍に対するより専門性の高い診療技術の活用、取得を目標に日々の治療にあたっています。婦人科腫瘍グループでは、様々な良性および悪性腫瘍に対してエビデンスに基づいた診断・治療方法を患者さまに提示しながら診療を進めています。中でも腹腔鏡手術については、全国的にも早期から取り入れており、所属医師のレベルアップを図りつつ現在に至っております。放射線治療については、当院放射線科治療チームとの綿密な連携によりエビデンスに基づき症例毎に最適な治療を提供しています。抗がん剤による化学療法は、婦人科悪性腫瘍においては、補助療法として極めて重要な治療手段であり、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構にも参加し、最新のエビデンスに基づいた治療を行っています。

PAGETOP

婦人科良性疾患について

婦人科腫瘍グループで取り扱う疾患は、癌をはじめとした悪性腫瘍ばかりではなく、むしろ、比率からいえば、良性腫瘍、良性疾患の方が多く、子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍等がその代表的なものです。それぞれの疾患に対し、現在、最適とされる治療法を提供することを心掛け、実践しております。

PAGETOP

子宮下垂

子宮は、靭帯によって支持され、骨盤内の一定の場所に固定されている臓器ですが、高齢の方、複数回の分娩を経験された方の中には、子宮が腟内に下降し、ひどくなると腟外に脱出する例があります。一般に「子宮下垂感」といわれる子宮が下に引っ張られるような感覚を自覚することが多いのですが、悪化すると頻尿や残尿感といった膀胱症状や、帯下の増量、出血を自覚する方も少なくありません。程度が軽ければ、子宮脱リングを腟内に挿入して子宮を支持する保存的治療が可能です。適合するサイズには個人差がありますので、婦人科で最適なサイズのものを選ぶ必要があります。これでも症状が改善しない場合には腟壁形成術を中心に手術療法を考慮することになります。

PAGETOP

感染症

婦人科領域で扱う感染症で代表的なものは、外陰・腟カンジタ症、トリコモナス腟炎、性器ヘルペス、クラミジア頸管炎等、多岐にわたります。その起因菌により症状もほとんど自覚しないものから、掻痒感、疼痛といった堪え難い症状が出現するものまで様々あります。特にクラミジア頸管炎は無症状のまま経過することが多く、若年者においては高頻度に検出されることが知られています。妊娠例においては、児への感染により、クラミジア結膜炎、鼻咽頭炎、肺炎を起こすことがあります。帯下の増量や色・臭いなど性状の変化がある場合には専門施設受診が望ましいことがあります。

PAGETOP

更年期症状

女性の場合、閉経が近づく年齢になると、女性ホルモンのバランス低下、環境の変化、加齢による体調の変化が複合し、自己の許容範囲を逸脱して様々な症状が出現することがあります。これらを総称して「更年期症状」といいます。個人差はあるものの、閉経の数年前から始まることが多いようです。肩こり、腰痛、のぼせ、ほてり、不眠、急激な発汗、疲れやすい、うつ状態、物忘れ、皮膚の張りの減少、めまいなどの不定愁訴が現れたら更年期症状を疑う必要があります。また、女性ホルモンは、脂肪代謝・骨代謝にも関連が深く、高脂血症、心血管系疾患、骨粗しょう症に関与することが知られています。高齢化社会をむかえ、自己の更年期・老年期をどのように迎えるかは重要な問題です。「更年期症状では」と疑われた場合は、そのまま不安を抱えながら生活するのではなく、一度受診されることをお勧めします。当施設では、「ラベンダー外来」として更年期症状に精通した担当者を配置しきめ細かく対応しております。

PAGETOP

婦人科悪性腫瘍について

現在、我が国においては、各領域の悪性腫瘍に対して治療ガイドラインが発行されており、それに準拠した治療方法が推奨されています。婦人科領域においても「子宮頸癌」、「子宮体癌」、「卵巣癌」について治療ガイドラインが存在しており、当施設においてもこれを準拠した形で治療にあたっています。

PAGETOP

子宮頸癌

「子宮頸癌」は、近年、若年者での罹患率増加が問題となっている悪性腫瘍です。現在でも、40歳以下の女性においては最も罹患率の高い悪性腫瘍となっています。妊娠を望まれる早期症例に対しては子宮頸部円錐切除術を行い、経過観察することが可能なこともありますが、症例によっては、根治術である広汎子宮全摘術が必要となることがあります。広汎子宮全摘術における手術合併症として排尿機能がそこなわれる神経因性膀胱がありますが、根治性を損なわないと考えられる症例においては、神経温存を考慮した広汎子宮全摘術を行っています。また癌転移におけるリンパ節転移検索のためのリンパ節摘出に伴うリンパ浮腫などの深刻な副作用を回避するため、癌転移の有無をリンパ節の系統的な摘出(リンパ節郭清)をせずに判定する「センチネルリンパ節ナビゲーション手術」にも取り組んでおり、成果を上げています。また、手術による完全摘出が困難と考えられる症例、合併症などにより手術が困難と考えられる症例に対しては、放射線科と共同で放射線療法あるいは同時化学放射線療法を施行しています。

PAGETOP

子宮体癌

「子宮体癌」は、我が国において年々増加傾向にある悪性腫瘍のひとつです。子宮体癌の治療法の基本は手術ですが、妊娠を希望される方で、かつ子宮筋層浸潤のないと考えられる症例に対してはホルモン療法で対応することも可能です。ただし、再発率は決して無視できる数字ではないため、ホルモン治療を希望される場合には、その長所、短所を十分吟味の上で選択していただくことになります。子宮体癌根治術においては、現在のところ、腹腔鏡手術は保険適応になっていませんが、これまでの臨床試験の結果から、子宮体癌は腹腔鏡手術の良い適応であると考えられ、早期症例(子宮筋層浸潤1/2まで)については、希望者に対し、先進医療として腹腔鏡手術で対応しています。また、リンパ節郭清は子宮体癌手術においては必要な手技ですが、過度の郭清はリンパ浮腫あるいはリンパ膿瘍等の術後合併症の発症率を増加させます。そのため、適切なリンパ節摘出範囲を術中に決定するために、当施設では、癌組織の子宮筋層浸潤の程度を術中迅速病理診断にて評価しており、良好な成績をあげています。

PAGETOP

卵巣癌

「卵巣癌」は、婦人科悪性腫瘍の中では、特に進行した場合、治療が長期にわたり、再発率も無視できない疾患です。世界的にみても、その治療方針は初回手術において可能な限りの腫瘍摘出が重要であり、当施設においてもそれを心掛けて対応しています。1期症例であれば術中迅速病理診断で「卵巣癌」であることを確認後、腎静脈レベルまでの所属リンパ節郭清を基本とした卵巣癌根治術を行い、最終病理検査結果を待って、術後の抗癌剤による化学療法の要否を決定しています。また、初回手術で腫瘍の完全摘出が困難だった症例に対しても治療ガイドラインに沿った化学療法を行った後に根治的手術を取り入れることで対応しています。卵巣癌における最大の問題点は、自覚症状が乏しいことに起因する早期発見の困難さです。そのことが子宮頸癌や子宮体癌と比べて再発率が高くなる原因となっています。再発症例でも化学療法が奏効する症例も存在することから、再発を早い段階で発見することが重要であり、治療からの経過期間によって、外来受診間隔を設定しています。また、抗がん剤の選択、組合せ、投与方法も極めて重要であり、そのために、日本における婦人科癌治療の中心機構である「婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構」の臨床試験に積極的に参加し、機構からの貴重な治療データを参照し、最新の抗がん剤治療方針を患者さんに提示選択する機会を逃さないようにしています。その他、比較的まれである「絨毛性疾患」、「子宮肉腫」、「外陰癌」等においても、現在までに蓄積された豊富なデータと経験から治療方針を決定しています。

PAGETOP

腹腔鏡手術について

当施設における腹腔鏡手術の導入は1990年に遡り、本格的導入の1996年以降は、その施行数を伸ばし、低侵襲で安全な婦人科手術として確立しています。周辺機器の改良や技術進歩により、良性疾患は非常に良い適応と考えられ、卵巣腫瘍は勿論、子宮摘出についても現在では血管処理や縫合も全て腹腔鏡下で行う全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)が主体となっています。先に触れたように当施設では、適応があれば「子宮体癌」における根治手術も「先進医療」として腹腔鏡手術で行うことが可能です。現在腹腔鏡手術経験症例数100-150例以上の医師を中心に、これら悪性腫瘍手術に対応しています。

PAGETOP

セカンドオピニオン外来について

「セカンドオピニオン」とは、主治医以外の医師による助言を得ることをいいます。したがって、本制度は他医療機関からの紹介(診療依頼)とは異なります。当施設では、婦人科悪性腫瘍についてセカンドオピニオンを求めておられる患者さんのために毎週月曜日午後にセカンドオピニオン外来を設けています(完全予約制)。受診希望の方は、紹介元の医師からの紹介状(診療情報提供書)および、他に参考となる資料(各種検査結果、CT、MRI画像等)をご持参ください。

PAGETOP

多施設共同臨床試験について

当施設は、現在、国内の248施設が参加している婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構(JGOG)の登録参加認定施設となっています。婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構は婦人科悪性腫瘍に対する最適な化学療法の確立とその普及を主たる目的として、平成14年3月12日に東京都知事より特定非営利活動法人(NPO)の認証を受け、婦人科の化学療法についての啓蒙およびスタンダードな化学療法の普及活動等に大いに貢献しています。

PAGETOP

婦人科腫瘍と基礎研究、および臨床研究について

基礎的研究においては、現在細胞移動における情報伝達の鍵の一つであるホメオボックス遺伝子の婦人科悪性腫瘍における発現異常とその機能解析を行っています。ホメオボックス遺伝子は、グループを形成し生物の発生時期に時間空間依存的に機能し生物のボディパターンの形成に必須な遺伝子群です。これらの遺伝子の異常はすなわち細胞移動の情報伝達の乱れを引き起こすことから悪性腫瘍の癌転移においても何らかの役割を果たしていることが予想されます。この観点から、現在子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌においてこれらの遺伝子異常の解析を中心に基礎的な検討を行っています。将来的には分子生物学的手法を用いてこの遺伝子群の異常パターンの解析データから癌の浸潤転移の予測や、機能抑制を行うことでの転移浸潤に対する治療法への検討を行いたいと考えています。臨床研究としては、先にも触れたように子宮頸癌における「センチネルリンパ節ナビゲーション手術」を行っており、術前、術中にセンチネルリンパ節を同定摘出し、迅速病理検査で転移の有無を検討しています。子宮体癌における「術前、術中筋層浸潤評価」も行っており、筋層浸潤の程度によりリンパ節郭清の範囲を決定しています。いずれも拡大手術による合併症を回避することが目的であり、治療終了後、早期に日常生活に復帰できることを念頭に置いたものとなっています。

PAGETOP

外来診療のご案内
  • 女性医学科(産婦人科、婦人科腫瘍)
  • 生殖内分泌(不妊症・習慣流産)
  • 周産母子科(産科)
  • シックハウス(特殊)
  • 思春期
  • 更年期
  • 婦人科腫瘍予防
  • 育児支援「カンガルーケア」
学生・入局希望者へご案内
  • 学生・入局希望者へメッセージ
  • 研究内容
  • 診療研究グループ紹介
  • 研修プログラム・特徴
  • 先輩医員の一日
  • 留学先について
  • 関連病院
同門会へご案内
  • 会員ログインページ 会員限定
Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座