不妊症検査について│不妊症│外来診療のご案内

不妊症検査について

不妊症外来の診療の流れ

不妊症外来の診療の流れ

PAGETOP

不妊の原因について

不妊症の検査は原因別に次のような項目について調べます。

排卵障害 ちゃんと排卵しているか 基礎体温、ホルモン検査、超音波検査
卵管因子 卵や精子を運んでくれるか 子宮卵管造影検査、腹腔鏡検査
子宮因子 受精卵を着床できるか 超音波検査、子宮卵管造影検査、子宮鏡検査、MRI検査
男性因子 卵に受精できるか 精液検査、性交後試験(フーナーテスト)

PAGETOP

各種検査の説明

不妊症の検査は原因別に次のような項目について調べます。

基礎体温 覚醒直後に測定します。目が覚めたならばその直後に、動かずにふとんの中で測定します。トイレに行った後など起床後に測定すると正確性に欠けます。覚醒直後にふとんの中で測定するためには就寝時に枕元に基礎体温計、基礎体温表、筆記用具を準備してください。
ホルモン検査 以下の項目について血液検査を行います。
  • LH、FSH:卵巣が排卵するための予備能力を調べます。
  • PRL(プロラクチン):乳腺の発育と乳汁分泌を刺激するホルモンですが、高値の場合視床下部の刺激ホルモンを抑制して、排卵障害や黄体機能不全を招きます。
  • エストロゲン:卵胞で産生され、卵巣機能の評価をします。
  • プロゲステロン:着床が成立するのに必要なプロゲステロンが卵巣から充分に出ているかどうかを調べます。
超音波検査 子宮や卵巣の状態を超音波で観察します。子宮筋腫や卵巣嚢腫の診断や、卵子が入っている袋(卵胞)の発育状態のチエックに用いられます。
頚管粘液検査 精子が子宮内に進入するのに必要な頚管粘液が排卵の頃に充分に分泌されているかを調べます。
性交後試験
(フーナーテスト)
通常の性交で精子が充分に子宮の中に入っているかどうか、精子と子宮の適合性を調べます。検査日の朝に性交していただき、頚管粘液中の精子の数や運動を顕微鏡で調べます。
子宮卵管造影検査 子宮腔内に造影剤を注入し、造影剤が子宮から卵管を通り腹腔内に流れ出す様子をX線で観察します。子宮内腔の形、卵管の通り具合、卵管の太さ、卵管の癒着の有無などを調べます。
子宮鏡検査 子宮内腔を胃カメラよりずっと細い内視鏡で調べる検査です。子宮内腔にできた子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどを見つけたり、切除したりできます。検査だけであれば外来で数分以内に終了します。
MRI検査 強力な磁気と電波を使って、腹部の断面画像が得られます。卵巣腫瘍や子宮筋腫、子宮奇形が疑われた場合に必要になります。
腹腔鏡検査 子宮内膜症や卵管の癒着が強く疑われる例や、はっきりした不妊原因がない場合に、内視鏡を用い骨盤の内を観察します。おなかの中の癒着を取ったり、卵巣腫瘍や子宮筋腫の摘出などの手術も行えます。
精液検査 精液の量、精子の数、運動率を調べ男性側の不妊原因の有無を調べます。当日の朝、容器に採取し、奥様に持参していただきます。
クラミジア検査 クラミジア感染症は治療も受けずに放置すると、子宮頚管炎から骨盤炎を起こし、卵管閉鎖や卵子を子宮に運ぶことができない卵管因子による不妊や子宮外妊娠の原因となる可能性があります。
子宮頚部細胞診検査 不妊治療と共に子宮頸がんのスクリーニングは1年に一回は行います。
  • 子宮卵管造影検査子宮卵管造影検査
  • MRI検査MRI検査
  • 腹腔鏡検査腹腔鏡検査
  • 精液検査精液検査

PAGETOP

不妊症の検査を行うタイミング

上記の検査を皆さんの月経のサイクルにあわせて行います。これらの検査は初診後2ヶ月以内で行うことが理想的です。

初診時、またはいつでも 子宮癌検診、クラミジア検査、超音波検査 A
月経開始3日目ごろ ホルモン検査(LH、FSH、PRL)、超音波検査 B
月経の終わりごろから排卵前 超音波検査、子宮卵管造影、子宮鏡検査 C
月経開始14日目ごろか排卵前 ホルモン検査(エストロゲン)、頸管粘液検査、性交後試験 D
高温期の半ば ホルモン検査(プロゲステロン) E

PAGETOP

Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座