不妊症の手術について│不妊症│外来診療のご案内

不妊症の手術について

不妊症の手術

当病院では、不妊症に対する手術治療を従来の開腹手術のみならず、最近の新しい治療法として、内視鏡(体内をのぞく細いカメラ)を用いた手術をも積極的に行っております。
(身体に対して負担が少なく、入院期間も短く、安全で、効果の高いものとして評価されています)

現在行っている内視鏡には、腹腔鏡子宮鏡があり以下のような手術を行うことが可能です。

腹腔鏡下手術
  1. 卵管、卵巣などの癒着剥離(卵管の通過性の検査)、月経痛や不妊原因検索
  2. 子宮内膜症病変に対する手術
  3. 子宮筋腫の核出
  4. 卵巣嚢腫の摘出
  5. 子宮外妊娠の手術
子宮鏡下手術 - 子宮の中を見ながら行う手術 –
  1. 子宮粘膜下筋腫、 子宮内膜ポリープの摘出
  2. 子宮中隔の切除

これらの手術は、自然妊娠の確率を高める目的のみならず、

  • 今後妊娠を希望される若い方に対し、妊娠の可能性を妨げずに症状を改善(術後癒着の低減により)
  • 体外受精-胚移植での妊娠の確率を高める

などの目的でも実施されます。
ただし、内視鏡手術には限界があり、適さない方や適さない病気もあります。よくご外来受診時に担当医と相談下さい。

PAGETOP

腹腔鏡下手術

腹腔鏡を行う時は、麻酔をかけて、細い腹腔鏡でお腹の中を見ます。全身麻酔下で行います。お腹の中に炭酸ガスを入れて膨らませるか(気腹法)、またはお腹 を吊りあげる機械を用いてお腹をつり上げる方法(腹壁つり上げ法)で腹壁を持ち上げておき、臍下から腹腔鏡を挿入します。(当院においては症例に応じて適する方法を選択しております。)
このさい、同時に手術操作に用いる器具を挿入するための5~10ミリの切開を左右2カ所に必要とするのが一般的です。

子宮や卵管、卵巣などに妊娠を妨げる異常がないかどうか腹腔内を直接モニターで見ることができるため、不妊症の原因の診断にとても役に立つ検査で、不妊症でお悩みの方にこの検査を行うと、他の検査ではわからなかった異常が見つかる可能性があります。特に初期の子宮内膜症や軽い癒着などは腹腔鏡以外に見つける方法がありません。

もし、お腹の中に異常があった時は、腹腔鏡で悪いところを見ながら手術し、治してしまうのが腹腔鏡手術です。腹腔鏡手術は外科や他の診療科でも多くの手 術などに広く用いられていますが、不妊症の手術も腹腔鏡で行うことができます。腹腔鏡手術にはお腹を開けて行う開腹手術に比べてさまざまなメリットがあります。

まず、不妊症の治療に際して最も重要なことなのですが、開腹手術を行うと、開腹する行為そのもののために新しい癒着を作ってしまうことがあります。です から、子宮や卵巣、卵管の状態をよくするために行った手術が、結果的にこれらの大切な場所に癒着を引き起こしてしまい、かえって妊娠しにくくなるという事 態が起こることがありました。腹腔鏡手術の場合は、最初から開腹せずに、小さな傷からお腹の中に入れた鉗子で手術を行ってしまいますので、傷口に新しい癒着を作る可能性が少なくなります。

腹腔鏡手術のもう一つのメリットとして、患者さんに対する痛みなどの負担の軽さがあげられます。不妊症の手術では、お腹の中の手術したところの痛みよりも、お腹の表面の切ったところの痛みの方がずっと大きい場合がほとんどです。開腹手術はお腹を10cm前後切りますから、 少なくとも手術後2~3日はベッドの上での生活になります。腹腔鏡手術の場合は、お腹につく傷は腹腔鏡自体やいろいろな鉗子を出し入れするのに必要な5mmから1cmのものが3~4箇所だけですみます。一つ一つの傷が小さいので痛みも少なく、手術早期には歩けるようになります。入院期間も腹腔鏡手術の方が断然短くなります。

卵管の閉塞

両側卵管の通過性がないために妊娠できない場合の不妊症の治療法は2種類あります。一つは体外受精です。そしてもう一つの方法が腹腔鏡手術です。

卵管の閉塞は、卵管のお腹の中への出口周辺(卵管采)で最もよく起こります。こうした場合、卵管の中に液がたまって、卵管は細長い水腫様にふくれています。これを腹腔鏡で見ながらもともとの卵管の出口に当たる部分を切開します。ただ切開しただけではまた癒着してしまう可能性もありますので、切開したとこ ろは少し縫いつけたり、レーザーや電気メスで凝固させたりして癒着しないようにします。

この手術の利点としては、卵管の通過性があり、うまく妊娠されるとは1回ではなく、一度赤ちゃんを生んだ後、何もしなくても次の妊娠のできる期待できることがあります。

腹腔内の癒着

虫垂炎や、子宮付属器炎(クラミジア、淋病、大腸菌や結核菌などが原因となって起こる卵管や卵巣などでの炎症性疾患)がお腹の中で起こったことがあると、子宮や卵管、卵巣や腸が癒着していることがあります。お腹の中が癒着していると、ちゃんと排卵されても卵子は卵管の中に入っていくことができませんから妊娠できません。こうした場合の治療法にも体外受精と腹腔鏡手術の2種類があります。

腹腔鏡手術を行う時は、癒着している場所を腹腔鏡で見ながら、鉗子やレーザー、電気メスなどで剥離していきます。癒着の剥離は癒着の程度によりますが、卵管や卵巣がお腹の中で自由に動くことができるようになるまで行います。

癒着を剥離した後は、子宮から卵管に向かって色素の入った液を注入し、卵管がちゃんと通っているかどうかを調べます(卵管通色素検査)。卵管が詰まって いると色素の入った液はお腹の中に出てきませんから、卵管の閉塞の手術も一緒に行う必要があります。超音波や内診では、なかなかこのような癒着を発見する ことはできないもので、腹腔鏡を行ってみて初めてわかるものこともあります。お腹の中の癒着を剥離する手術は、不妊症を治すという効果の他、癒着による慢性の痛みや排卵痛や生理痛、取り除くことができる利点もあります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、本来子宮の内側にあるはずの子宮内膜が、お腹の中など子宮の内側以外の場所に異所性(例えば卵巣や腹膜)にあるために起こる病気です。

毎月月経の度に子宮内膜から出血がありますが、子宮内膜症の場合は出血した血液が出ていく場所がありませんから、その場所にたまることになります。出血が たまると体はその血液を取り除こうとして炎症を起こしますから、受精しにくくなったり、癒着が起こったりします。また、たまった血液の貯留が多くなると嚢腫(子宮内膜症嚢腫)を作ってしまいます。

不妊症の方は、そうでない方に比べて子宮内膜症の頻度が高いといわれており、子宮内膜症が不妊症の何らかの原因になっているのではないかと考えられています。

腹腔鏡手術を行うと、初期の小さな子宮内膜症(内膜症特有のブルーベリースポット)なら電気メスやレーザーで焼き取ってしまうことができます。子宮内膜 症嚢胞に関しては腹腔鏡手術の場合は腹腔鏡下嚢腫核出や嚢胞内膜の焼散凝固を行いますが、症例によっては体外法で嚢腫の核出をおこないます。

子宮筋腫

子宮筋腫も腹腔鏡手術で筋腫だけを取り出すことができます。子宮筋腫があると月経痛が強かったり、月経の量が多くなったり等の症状の他、不妊症になることがあります。子宮筋腫があると、子宮の内側の膜が圧迫されて変形し、受精卵が着床できなくなってしまうからです。

こうした場合には、手術を受けて子宮筋腫を取り除き、子宮をもとの形に戻してやる必要があります。しかし、大きな筋腫であることがわかっている場合に は、腹腔鏡で筋腫を取り除いても、取れた筋腫がお腹の外に出せませんから機械を用いて子宮筋腫を分割して腹腔鏡の穴からお腹の外に取り出します。
子宮筋腫の位置や大きさによっては子宮鏡を用いた手術や最初から開腹手術を行います。術前にMRIなどの画像検査を行い筋腫の位置や大きさを検討して行います。

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫が直接の原因で不妊症になることは少ないのですが、不妊症の検査を受けるとたまたま良性の卵巣嚢腫が見つかることはよくあります。小さいものはしばらく様子を見てもよいのですが、直径5cm以上にもなる嚢腫はやはり手術して摘出してやる必要があります。卵巣腫瘍には良性のものと悪性のものがあるために術前にMRIなどの画像検査や腫瘍マー カーの検査を行い検討してから行います。

良性と考えられる卵巣嚢腫の手術は腹腔鏡で行うことができます。卵巣嚢腫は内側に液体がたまっているので、まずこの液体を腹腔鏡で見ながら吸引して抜き 取ります。こうすると嚢腫はしぼみますから、そこから卵巣機能温存を考え嚢腫の壁だけを正常な卵巣から剥離して摘出します。子宮内膜症嚢胞に関しては腹腔 鏡手術の場合は腹腔鏡下嚢腫核出を行いますが、症例によっては体外法で嚢腫の核出をおこないます。

子宮外妊娠の手術について

子宮外妊娠の場合、そのほとんどのケースが卵管妊娠です。

最近は経膣式超音波での尿中妊娠反応診断精度が高くなったことで、比較的早めに子宮外妊娠を診断して手術を行うことが可能になってきました。

最初に、最も一般的と考えられる方法ですが、これは子宮外妊娠を起こした側の卵管を摘除する方法です。 肉眼的には卵管に妊娠している部分が膨隆して赤紫色に変化した部分として確認されますので、外妊を起こした卵管部分を切除して摘出します。

この方法は比較的短時間で手術を終えることが可能ですから、卵管破裂部分が確認しやすくかつ一時的に出血がおさまっているものであれば、腹腔内への出血がある程度大量にあっても出血を吸引して排除すればこの方法で手術を行うことは可能です。子宮外妊娠した部分の卵管にレーザーないしは電気メスで切開を入れ、そこから外妊 部分を摘出したあと卵管を縫合する、という方法もあります。卵管が破裂して腹腔内へ大量出血を起こしたために緊急的に手術を必要とするケースはだいぶ減ってきたといえますが、それでも卵管妊娠部分から腹腔内へ出血を起こしているケースはかなり多く見られます。卵管が破裂して腹腔内へ大量に出血を起こして ショック状態な場合は、安全面、及び緊急性を考えるとやはり開腹手術が望ましいのは場合もあります。

PAGETOP

Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座